映画-Movie Walker > 人物を探す > オットー・ホフマン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1935年 まで合計44映画作品)

1922年

拳銃の刻印

  • 1922年当年公開
  • 出演(Tomasso 役)

「とんとん拍子」「剣と薔薇」等と同様トム・ムーア氏主演のゴールドウィン映画で、アーチボールド・クラヴァリング・ガンター氏の舞台劇からジェラルド・C・ダフィー氏が脚色したもの。監督は「警鐘乱打」等多数ゴ社映画でお馴染みのヴィクター・シェルツィンゲル氏である。相手役は久し振りのナオミ・チルダース嬢、其他目下レクス・イングラム氏映画によって大なる人気者となったラモン・ナヴァロア氏や「夫の真相」「揺籃」等出演のアンナ・レアー嬢等が共演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
トム・ムーア アンナ・レアー ナオミ・チルダース Lewis Willoughby

光栄の愚者

  • 1922年当年公開
  • 出演(Dummy 役)

「女房改造」等同様ヘレン・チャドウィック嬢主演のゴールドウィン映画で監督も同映画と同じくE・メイソン・ホッパー氏である。相手役も同映画と同様で「泣くな我が妻」にも良い腕を見せたリチャード・ディックス氏。メアリー・ロバーツ・ラインハート女史の小説から脚色映画化したものである。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック リチャード・ディックス ヴェラ・ルイス Kate Lester

謎の自動車

  • 1922年当年公開
  • 出演(Henry_Jones 役)

「旅役者」等と同じくリチャード・アンドレス氏の原作脚色、チャールズ・レイ氏の監督及び主演に成ったファースト・ナショナル映画。相手役には「平和の谷」「旅役者」「裸一貫の男」等に出演したシャーロット・ピアース嬢である。

監督
チャールズ・レイ
出演キャスト
チャールズ・レイ オットー・ホフマン シャーロット・ピアース Robert Grey

漂白の孤児

  • 1922年当年公開
  • 出演(Uncle_Stillson_Peebles 役)

「恋を求めて」等と同じくグラディス・ウォルトン嬢主演のユ社映画で、ルイス・ドッヂ氏の原作、ヒュー・ホフマン氏の脚色、「人類の心」等同様キング・バゴット氏監督である。相手役はロバート・エイニュー氏で、其他老巧連が多い。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
グラディス・ウォルトン スポッティスウッド・エイケン オットー・ホフマン ローザ・ゴア
1921年

濁流(1921・アメリカ)

  • 1921年当年公開
  • 出演(Higgins 役)

スウェーデンの劇作家ヘンニング・ベルゲルの書いた「罪の洪水」を、J・G・ホークスが脚色し、「オリヴァー・トウィスト」「不滅の情火」等と同じくフランク・ロイドが監督した。主役は「クリスチャン」「売られ行く魂」等出演のリチャード・ディックス、「女房征服」「背中を掻いて頂戴な」等出演のヘレン・チャドウィック、「二国旗の下に」「干潮」等出演のジェームズ・カークウッド、「メイル・マン」「危険信号」等出演のラルフ・ルイス等である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
リチャード・ディックス ヘレン・チャドウィック ジェームズ・カークウッド ジョン・ステップリング
1920年

学生時代(1920)

  • 1920年当年公開
  • 出演(Proffessor_Mozier 役)

「白薔薇の君」等の原作者メアリー・ロバーツ・ラインハート女史がサタデイ・イヴニング・ポスト誌に載せた「帝国建設者」Empire Buildersを脚色したもので、寄宿舎生活の楽しい痛快な想い出が女史御得意の柔らかい筆致で描かれている。マーク・トウェインの皮肉と、エドガー喜劇の滑稽とを合わせたような面白いもの--とは米誌の評である。主役は「愛の為に」「ピントー」その他出演のカレン・ランディス氏で、ハワード・ホルストン君という少年俳優が大活躍をする。その他クララ・ホートン嬢やモリー・マローン嬢等の若い腕達者が対手をしている。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
カレン・ランディス モリー・マローン クララ・ホートン ハワード・ホルストン

フランス語

  • 1920年当年公開
  • 出演(Andre_Robinet 役)

「秘蔵の一撃」などと同じくジュリエン・ジョセフソンの原作をジェローム・ストームが監督し、チャールズ・レイが主演した人情喜劇で、相手役はアン・メイである。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
チャールズ・レイ アン・メイ バート・ウッドラフ ガートルード・クレアー

ホーマーの帰郷

  • 1920年当年公開
  • 出演(Silas_Prouty 役)

インス氏はスターを掘り出すことの名人であると同時に、原作、脚色家等の手腕のある人を掘り出すことが巧みである。この映画の原作者アレクサンダー・ハル氏もその発見された1人である。脚色をしたアグネス・クリスティン・ジョンストン女史は「目醒し時計のアンディー」をも脚色した人。監督は3年もレイ氏の監督をしていたジェローム・ストーム氏である。チャールズ・レイ氏の得意とする田園劇で対手は映画に入って数カ月の経験しかないプリシラ・ボナー嬢である。『人情味と、喜劇味と、俳優の性格表現と、劇の与える教訓と--これ等によってこの映画は最近発売された映画の中第1位の1つに推さるべき価値を持っている』とニュース誌は評している。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
チャールズ・レイ オットー・ホフマン プリシラ・ボナー ラルフ・マッカロー
1919年

田舎漢

  • 1919年当年公開
  • 出演(Deacon_Nasby 役)

チャールズ・レイ氏御得意の野球劇で、対手は「魔の森」でソールズベリー氏の対手をしたコリーン・ムーア嬢。監督は今迄と異り新顔のジェローム・ストーム氏である。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
チャールズ・レイ コリーン・ムーア ジャック・ギルバート Jay Morlay

扉の蔭

  • 1919年当年公開
  • 出演(Mark_Arnold 役)

米国通俗小説家グーヴァナー・モーリス氏がコリアース・ウィークリー誌上に載せた復讐譚である。ドイツ系の米人オスカー・クラッグは大戦の始まった頃米国の商船の船長であった。その妻アリスが独艇のため奪い去られてからは、彼の心は底知れぬ憎悪を以て満された。遂に敵の艇長ブラントを捕えて激しい復讐を加えるという痛快な筋である。主役クラッグ船長に扮するのは性格俳優として名声あるホバート・ボスウォース氏、相手役は美しいジェーン・ノヴァック嬢である。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ホバート・ボスウォース ジェーン・ノヴァック ウォーレス・ビアリー ジェームズ・ゴードン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オットー・ホフマン