映画-Movie Walker > 人物を探す > オットー・ホフマン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1935年 まで合計44映画作品)

1925年

愛欲外道

  • 1925年当年公開
  • 出演(Sergius 役)

スターに昇進したローウェル・シャーマン氏の第1回主演映画でブラッドリー・キング氏が書き下ろした台本により「愁いの明星」「疾風乱れ髪」等と同じくジェームズ・ブラッド氏が監督したものである。「東への道」「霧の中のかお」等出演のロウェル・シャマン氏を助けて「吹けよ春風」「愁いの明星」等の出演のジョンハロン氏、「結婚春秋」「荒れ狂う猛将」等出演のポーリン・ギャロン嬢が出演するほかガートルード・アスター嬢、フランク・バトラー氏、フランシス・マクドナルド氏等が助演する。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
ローウェル・シャーマン ジョン・ハロン ポーリン・ギャロン ガートルード・アスター

女王の懺悔

  • 1925年当年公開
  • 出演(King's_Valet 役)

アルフォンス・ドオデエの小説「流鼠王」を映画化したものでアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し「殴られる彼奴」「燃ゆる嫉妬」等と同じくヴィクター・シーストロム氏が監督した。主役は「スカラムーシュ」「アラブ」等出演のアリス・テリー嬢と「恋の人形」「スカラムーシュ」等出演のルイス・ストーン氏で、ジョン・ボワーズ氏、ヘレナ・ガルジー嬢、フランキー・ダーロ君、ジョセフ・J・ダウリング氏等が助演している。

監督
ヴィクター・シーストロム
出演キャスト
アリス・テリー ルイス・ストーン ジョン・ボワーズ ヘレナ・ダルジー

断髪恥かし

  • 1925年当年公開
  • 出演(McTish 役)

20人の作者によって1章づつ書かれた秘密小説をルイス・マイルストーン氏が脚色し「女性の敵」「霧の中の顔」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督したもので「三人の女」「恋の舞踏姿」等出演のマリー・プレヴォー嬢が「人獣の国」等出演の夫君ケネス・ハーラン氏と共演し、ジョン・ローシュ氏、ルイズ・ファゼンダ嬢、リード・ハウス氏及びウォルター・ロング氏等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
マリー・プレヴォー ケネス・ハーラン ルイズ・ファゼンダ ジョン・ローシュ
1924年

彼女の払った償

  • 1924年当年公開
  • 出演(Seth_Kehr 役)

デイヴィッド・グラハム・フィリップス氏の小説に基づき、ユ社の連続を数多く監督したヘンリー・マックレイ氏が監督したもの。主役は「女性の敵」主演のアルマ・ルーベンス嬢、「砂漠の星影」等出演のフランク・メイオ氏で母の虚栄が年若い娘を苦しめる経路を描いた社会劇である。

監督
ヘンリー・マックレイ
出演キャスト
アルマ・ルーベンス フランク・メイオ ユージェニー・ベッセラー ウィリアム・ウェルチ

ゲイティーの踊子

  • 1924年当年公開
  • 出演(Evan_Evans 役)

英国の閨秀作家I・A・R・ワイリー女史の原作の小説「相続者」The Inshiritors をバーナード・マッコンヴィル氏が書き改め、フランク・ベレスフォード氏が撮影台本を作り「大颶風」「人類の心」等と同じくキング・バゴット氏が監督した。主役は「巴里の薔薇」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のメアリー・フィルビン嬢で、相手はウィリアム・ヘインズ氏、ジョセフ・J・ダウリング氏、グレイス・ダーモンド嬢、フリーマン・ウッド氏等である。ロンドンの有名なゲイティー座を取り入れたロマンスである。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
メアリー・フィルビン ジョセフ・J・ダウリング ウィリアム・ヘインズ グレイス・ダーモンド

独身倶楽部

  • 1924年当年公開
  • 出演(Parker 役)

J・L・ホッブル氏原作になりベラスコ氏の当たり狂言なる「父逢」に基づき、ジュリアン・ジョセフソン氏が脚色し、「唖も語る」「女は曲者」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもの。主役は「ホワイト・ローズ」「廻り会う迄」等出演のメイ・マーシュ嬢、「結婚とは」「女は曲者」等出演のハリー・マイヤース氏の二人で、その他「幸福の宮殿」「小公子」等出演のクロード・キリングフィールド氏、「天罰」等出演のクレア・アダムス嬢等が共演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
メエ・マーシュ ハリー・マイヤース クロード・ギリングウォーター クロフォード・ケント

縺れ行く情火

  • 1924年当年公開
  • 出演(Norton's_Valet 役)

オーウェン・デイヴィス氏の原作になる舞台劇を現代化してダグラス・Z・ドーティー氏が脚色し、チャップリン氏の助監督からウォーナー社の監督の昇進したモンタ・ベル氏の第一回作品である。主役は「巴里の女性」で有名になったアドルフ・マンジュウ氏、今メトロ・ゴールドウィンで売り出しのノーマ・シアラー嬢、「ボー・ブラムメル」「楽園の毒草」等出演のカーメル・マイアース嬢「蜂雀」等出演のエドモンド・バーンズ氏等立派な顔ぶれである。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ ノーマ・シアラー アンナ・Q・ニルソン エドモンド・バーンズ

我が恋捨てて

  • 1924年当年公開
  • 出演(Judson 役)

ハワード・ラッキー氏の小説によりホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏が脚色し「愛人の迷路」「父を呼ぶ声」と同じくフィリップ・E・ローゼン氏が監督したもので、主役は「父を呼ぶ声」「奔流恋を乗せて」等出演のアイリーン・リッチ嬢で、「焔の女」等出演のリカルド・コルテス氏「鵞鳥を飼う女」等出演のマーク・マクダーモット氏「父を呼ぶ声」等出演のルイズ・ファゼンダ嬢等が助演し、その他クレイトン・ヘール氏、クララ・ボウ嬢、フランク・エリオット氏等も出演している。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
アイリーン・リッチ リカルド・コルテス ルイズ・ファゼンダ フランク・エリオット
1923年

海賊アップルジャック

  • 1923年当年公開
  • 出演(Mrs._Horace_Pengard 役)

原作は英国の劇作家ウォルター・ハケット氏の書いた舞台劇「アプルジャック船長」Captain Applejack で、1921年の中ごろロンドンのクライデリオン劇場に初公開されたもの。米国では人気俳優ウォーレス・エディンジャー氏が主役を演じて1921年12月から約1年観ニューヨークのコート劇場で上演され、以来各地で大歓迎をされた当り狂言である。ルイズ・ビー・メイヤー氏が映画化権を購入し、ベス・メレディス女史に脚色せしめ、「三銃士(1921)」「血と砂(1922)」「社交界の誘惑」等と同じくフレッド・ニブロ氏が監督の任に当たった。主役は「ミニー」「ホワイト・タイガー」「夜の馬鹿」等出演のマット・ムーア氏「怒涛の彼方へ」「ロビン・フッド(1922)」等出演のフレッド・ニブロ氏夫人なるエニッド・ベネット嬢、「心なき女性」「虚栄地獄」等出演のバーバラ・ラ・マー嬢で、色敵のロバート・マッキム氏が悪役を演じている。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
マット・ムーア エニッド・ベネット バーバラ・ラ・マー ロバート・マッキム

奔流恋を乗せて

  • 1923年当年公開
  • 出演(Sandy 役)

閨秀小説家キャスリーン・ノーリス女史の小説「ルクレチア・ロムバード」に基づき「単騎突進」「無頼漢」等を監督したジャック・コンウェイ氏が監督したもの。主役は「ロジタ(1923)」「結婚とは」等出演のアイリーン・リッチ嬢、「本町通り」「結婚とは」等のモント・ブルー氏「ドロシー・ヴァーノン」「盲目の妻」等出演のマーク・マクダーモット氏「縺れ行く情火」以来人気の出てきたノーマ・シアラー嬢等良い顔ぶれである。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
アイリーン・リッチ モント・ブルー マーク・マクダーモット ノーマ・シアラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オットー・ホフマン