映画-Movie Walker > 人物を探す > オットー・ホフマン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1935年 まで合計44映画作品)

1935年

バーバリー・コースト

  • 1935年公開
  • 出演(Peebles 役)

「虚栄の市(1935)」「世界一の金持ち娘」のミリアム・ホプキンスのサミュエル・ゴールドウィン・プロにおける第1回主演作品で、「俺は善人だ」「笑う巨人」のエドワード・G・ロビンソンと「白い友情」「世界一の金持ち娘」のジョエル・マクリーが共演する。監督は「特急二十世紀」「今日限りの命」のハワード・ホークスが任じ、脚本は「生きているモレア」「情熱なき犯罪」のベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが協力して書き卸したもの。撮影は「台風」「宝島(1934)」のレイ・ジューンの担当。助演者は「Gウーマン」のブライアン・ドンレヴィ、劇作家・俳優のフランク・クレイヴン、「暁の爆撃」のクライド・クック、「轟く大地」のハリー・ケイリー、ウォルター・ブレナン等である。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ミリアム・ホプキンス エドワード・G・ロビンソン ジョエル・マクリー ウォルター・ブレナン
1934年

明日なき抱擁

  • 1934年公開
  • 出演(Fedele 役)

「生活の設計」「路傍」のフレドリック・マーチが主演する映画で、イタリアの劇作家アルバート・カゼーラの戯曲を映画化したもの。「雨」の脚色者マックスウェル・アンダーソンと「裏町」のグラディス・レーマンが、劇作家ウォルター・フェリスの英訳脚本に拠って映画脚色し、「絢爛たる殺人」「ゆりかごの唄」のミッチェル・ライゼンが監督。「恋と胃袋」「ゆりかごの唄」のチャールズ・ラングが撮影した。共演は「ゆりかごの唄」のイヴリン・ヴェネブル、同じくサー・ガイ・スタンディング、同じくケント・テイラー、同じくゲイル・パトリック、ニューヨーク演劇界で活躍のキャサリン・アレクサンダー、ヘレン・ウェストリー、ヘンリー・トラヴァース、キャスリーン・ハワードなどの素晴らしい顔触れである。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
フレドリック・マーチ イヴリン・ヴェネブル サー・ガイ・スタンディング キャサリン・アレクサンダー

百万ドル小僧

  • 1934年公開
  • 出演(Khoot 役)

「カンターの闘牛師」「ローマ太平記」に次ぐエディ・キャンター主演のサミュエル・ゴールドウィン作品で、「スター悩殺」「笑う巨人」のロイ・デル・ルースが監督に当たり「台風」「舗道の雨」のレイ・ジューンが撮影したミュージカル・コメディーである。脚本と台詞は「ムーラン・ルージュ」「ロスチャイルド」のナナリー・ジョンソンが「我輩はカモである」「ローマ太平記」の台詞を執筆したアーサー・シークマン、ナット・ペリン両氏と協力して書き下ろし、映画中の舞踏は「猫と提琴」のシーモア・フェリックスが創案した。助演者は「風の接吻」のアン・サザーン、「恋と胃袋」のエセル・マーマン、映画初出演のジョージ・マーフィー、ヴォードヴィルやラジオの人気者のジェシ・ブロックとイヴ・サリーの2人組、「乾杯の唄」のウォーレン・ハイマー、その他の面々である。なお、本映画中、最後のファンタジー場面は全部テクニカラーによって彩色されている。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
エディ・キャンター アン・サザーン エセル・マーマン ジョージ・マーフィー
1932年

奥様御寵愛

  • 1932年公開
  • 出演(Otto 役)

「ブロードウェイの西」「パリの魔人」のジョン・ギルバートが主演する映画で、 氏自ら書卸したストーリーを「異国の母」「蜃気楼の女」のレノア・コフィーと「貨物船と女」のメルヴィル・ベイカーが共同して脚色し「小間使(1931)」「新聞街の殺人」のモンタ・ベルが監督し、「異国の母」のハロルド・ロッソンが撮影した。助演者は「地下の雷鳴」「忍びよる心」のポール・ルーカス、「空の花嫁」「拳闘のキャグネー」のヴァージニア・ブルース、「お気に召すまま(1932)」のヘッダ・ホッパー、オルガ・バクラノヴァ、「脱走兵」のボディル・ロージング、レジナルド・オーウェン、マリオン・レッシング、ルシエン・リツルフィードル等である。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
ジョン・ギルバート ポール・ルーカス ヴァージニア・ブルース ヘッダ・ホッパー

金塊争奪(1932)

  • 1932年公開
  • 出演(Simon 役)

「討伐隊」「アリゾナ・ギャング」と同じくジョン・ウェイン主演西部劇で、アデール・バフィントンが書卸した脚本によりマック・V・ライトが監督し、例の如くテッド・マッコードが撮影した。助演者は新進のシーラ・テリーを始めハリー・ウッズ、アーヴィル・アルダーソン、マーサ・マトックス等である。

監督
マック・V・ライト
出演キャスト
ジョン・ウェイン シーラ・テリー アーヴィル・アルダーソン ハリー・ウッズ

単騎突進(1932)

  • 1932年公開
  • 出演(Calvin_Sharp 役)

「西部の荒武者」「爆弾ジョーンズ」と同じくランバート・ヒルヤーが監督したバック・ジョーンズ主演映画で、リナ・バスケット、ラッセル・シンプソン、ウォーレス・マクドナルド等が助演する。撮影はベンジャミン・H・クラインの担当。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ リナ・バスケット ラッセル・シンプソン オットー・ホフマン

二秒間

  • 1932年公開
  • 出演(Justice_of_Peace 役)

「夜の大統領」「天晴れヴォング」のドワード・ロビンソンが主演する映画。レスター・エリオットの原作から「狂へる天才」「民衆の敵」のハーヴェイ・シュウが脚色し、「選手の後に娘あり」「都会の世紀末」のマーヴィン・ルロイが監督し、「支配する声」「選手の後に娘あり」のソル・ポリートが撮影した。助演者は「春ひらく(1931)」のヴィヴィエン・オスボーン、「キック・イン」のキャロル・ナイシュ、ガイ・キッピー、プレストン・フォスター、エイドリアン・ドレ、ウォルター・ウォーカー等である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン プレストン・フォスター ヴィヴィエン・オスボーン J・キャロル・ナイシュ
1931年

シマロン(1931)

  • 1931年公開
  • 出演(Murch_Rankin 役)

「母」「ショウボーイ」の原作者エドナ・ファーバーの名作小説をトーキー化したもので「地獄の天使(1930)」「キスメット(1930)」のハワード・エスタブルックが脚色して台詞をつけ、「ストリート・ガール」「海魔」のウェズリー・ラッグルズが監督し、「七つの鍵」「愛の医者」のリチャード・ディックスが据えんしている。助演者は舞台女優だったアイリーン・ダンを始め「国際盗賊ホテル」「リリオム」のエステル・テイラー、「花嫁選手権」「妾は貴方のものなのよ」の小ウィリアム・コリナー、「怪物団」「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「特集社会面」「ギャングを追う女」のジョージ・E・ストーン、「市街」「明暗二人女」のスタンリー・フィールズ、「王様ごっこ」のエドナ・メイ・オリヴァー、某他である。カメラはパ社時代からディックス映画をクランクしたエドワード・クロンジェガーの担任である。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
リチャード・ディックス アイリーン・ダン エステル・テイラー ナンス・オニール

光に叛く者

  • 1931年公開
  • 出演(Fales 役)

マーティン・フレーヴィン作の舞台劇を映画化したもので、「暁の偵察」の監督者はワード・ホークスが監督に当たっている。脚色は同じく「暁の偵察」のシートン・I・ミラーとフレッド・ニプロ・ジュニアとが共同担任し、カメラは「乗合馬車」のテディー・テヅラスと「赤熱の抱擁」のジェームズ・ウォン・ホウが受持っている。主演者は「戦争と貞操」「都会の世紀末」のウォルター・ヒューストンと「アメリカの悲劇」「女学生の日記」のフィリップス・ホームで、映画初出演のコンスタンス・カミングス、「恋愛放送局」のメアリー・ドーラン、「蝙蝠は囁く」のデウィット・ジェニングス、ポリス・カーロフ、アーサー・ホイト、エセル・ウェールスス、ジョン・シーハン等が助演している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン フィリップス・ホームス コンスタンス・カミングス メアリー・ドーラン
1930年

キスメット(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Asfa 役)

かつて映画化されたことのあるエドワード・ノブロック作の同名の舞台劇のトーキー化で、キスメット俳優として名あるオーティス・スキナーが主演するもの。「恋の花園」「愛すればこそ(1929)」のジョン・フランシス・ディロンが監督、「命を賭ける男(1930)」「ヴァージニアン(1929)」のハワード・エスタブルックが脚色及び台詞、「噂の姫君」「猟奇ホテル」のジョン・サイツが撮影、に当たっている。助演者は「尖端一目惚れ」「ラグビー時代」のロレッタ・ヤング、「都会の女」「情熱のメキシコ」のメアリー・ダンカン、「摩天楼の銃声」のデイヴィッド・マナース、「猟奇ホテル」のシドニー・ブラックマー等で、フォード・スターリング、エドモンド・ブリーズ、モンタギュー・ラヴ等も出演している。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
オーティス・スキナー ロレッタ・ヤング デイヴィッド・マナース メアリー・ダンカン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オットー・ホフマン