映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・チャドウィック

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1930年 まで合計20映画作品)

1930年

男の正体

  • 1930年公開
  • 出演(Calra_Hyland 役)

「女性の罠」「恋の素顔」と同じくハル・スケリー氏が主演する映画で、「グリーン家の惨劇」「スイーテイ」のフランク・タトル氏が監督したもの。ジョージ・ケリイ氏原作の舞台劇から「ダミー」のハーマン・J・マンキーウィッツ氏が映画化し、「駄法螺成金」のマリオン・ディックス女史が脚色の筆をとり「若き翼」「危険なる楽園」のアーチー・スタウト氏が撮影に当った。主演者のほかに「撮影所殺人事件」のドリス・ヒル嬢、舞台俳優のクララ・ブランディック夫人、「愛の医者」のモーガン・ファーレイ氏、「女性の罠」のウィリアム・B・デイヴィッドソン氏、ヘレン・チャドウィック嬢、チャールズ・セロン氏等が助演している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ハル・スケリー ドリス・ヒル チャールズ・セロン クララ・ブランディック
1926年

音なき警報

  • 1926年公開
  • 出演(Lucy_Fav 役)

ジョゼフ・アーサー氏とA・C・ウィーラー氏との合作の舞喜劇よりチャールズ・ケニヨン氏が脚色し「幽霊牧場(1925)」「天界への挑戦」等と同じくエドワード・レムル氏が監督した人情活劇で「女性解放」「涙の海路」等出演のヘレン・チャドウィック上と「怪力無双」「海の洗礼」等出演のウィリアム・ラッセル氏とが主演し、リチャード・トラヴァース氏、エドナ・マリアン嬢、エドワード・ハーン氏、ジョン・T・マレイ氏等が助演している。

出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ウィリアム・ラッセル リチャード・トラヴァース エドナ・マリアン
1925年

胡蝶春秋

  • 1925年公開
  • 出演(Molly_Shannon 役)

ルース・クロス女史作の小説に基いてホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「海の野獣」「涙の海路」等と同じくミラード・ウェッブ氏が監督したもので、主役は「涙の海路」「疾風乱れ髪」等出演のヘレン・チャドウィック嬢と「愁いの明星」「幸福の扇」等出演のハントリー・ゴードン氏が勤めリチャード・タッカー氏、フランク・カンポー氏、マーガレット・セドン嬢が助演している。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ハントリー・ゴードン リチャード・タッカー フランク・カンポー

甦りの日

  • 1925年公開
  • 出演(Betty_Joe 役)

「男子起たば」「叩け鐵扉を」と同じくハロルド・ベル・ライト氏の小説を映画化したもので「叩け鐵扉を」に続くサム・ウッド氏の作品で脚色者はアーサー・スタッター氏。主役は「人獣の国」「楽園の毒草」等出演のケネス・ハーラン氏で相手役は「単騎突進」「濁流」等出演のヘレン・チャドウィック嬢である。その他メアリー・カー夫人、ザス・ピック嬢、T・ロイ・バーンズ氏、ラルフ・ルイス氏助演。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ケネス・ハーラン ヘレン・チャドウィック メアリー・カー ザス・ピッツ
1924年

国境の狼

  • 1924年公開
  • 出演(Joan_Randle 役)

ゼーン・グレイ氏作の西部物語をジョージ・ハル氏が脚色したものでウィリアム・K・ハワード氏のバ社における第一回監督作品である。主役は「恋と食欲」「南海の情火」等出演のアントニオ・モレノ氏と「女房征服」「単騎突進」等出演のヘレン・チャドウィック嬢でロックリフ・フェローズ氏、ギブソン・ゴウランド氏、チャールズ・オーグル氏等助演。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
アントニオ・モレノ ヘレン・チャドウィック ロックリフ・フェローズ ギブソン・ゴーランド

女性解放

  • 1924年公開
  • 出演(Nan_Everard 役)

エセル・M・デル女史の原作によりジェラルド・C・ダフィー氏が脚色し「青春を顧みて」等と同じくポール・スカードン氏が監督したもので主役は「単騎突進」「女房改造」等出演のヘレン・チャドウィック嬢で「ネロ」「牧人王ダビデ」等出演のヴァイオレット・マーセロ嬢「十字架の女」等出演のホームズ・ハーバト氏等助演。

監督
ポール・スカードン
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ホームズ・ハーバート アラン・シンプソン ジョージ・バッカス

涙の海路

  • 1924年公開
  • 出演(Cornelia_Quinn 役)

アーネスト・パスカル氏原著の小説「黒い白鳥」に基づき、フレデリック・J・ジャクソン氏が脚色し、「子を忘れし母」と同じくミラード・ウェッブ氏が監督したもので、主役は「三人の女」「恋の舞台姿」主演のモント・ブルー氏及びマリー・プレヴォー嬢。その他「女性解放」「単騎突進」等出演のヘレン・チャドウィック嬢、「パリの女性」出演のカール・ミラー氏、「絶海の猛漢」等出演のメアリー・マクラレン嬢、「女難讐来」等出演のリリアン・タシュマン嬢という良い顔振れである。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー ヘレン・チャドウィック ジョン・パトリック

覆面の踊子

  • 1924年公開
  • 出演(Mrs.Robert_Powell 役)

ルドルフ・ロタール氏原作の小説をジョン・リンチ氏が脚色し、バートン・キング氏が監督したもので、主役は「胡蝶春秋」「音なき警報」等出演のヘレン・チャドウィック嬢及び「お化粧兵隊」「愛欲外道」等出演のローウェル・シャーマン氏が勤め、レスリー・オースティン氏、アーサー・ハウスマン氏、ジョセフ・キング氏等が助演している。

監督
バートン・キング
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ローウェル・シャーマン レスリー・オースティン ジョセフ・キング
1923年

家宝の一言

  • 1923年公開
  • 出演(Fanny_Daniels 役)

「想出懐し」「恋と食欲」「売られ行く魂」等と同じくルパート・ヒューズが原作脚色監督をした。就も原作は妻君のアデレイド夫人との合作である。主役は「女房征服」「光栄の愚者」等出演のヘレン・チャドウィック、「仮面の勇士」「悪魔の花園」等出演のガストン・グラス、「売られ行く魂」「富に群る者」等出演のエリナー・ボードマン、「魂は帰り行く」等出演のヘンリー・B・ウォルソール等仲々良い役割である。原名の「私に下さい」というのは、細君がお小遣いを夫にせびる時言う言葉で、独立心の強い妻が、それを夫に言わなかったために面倒な事件が起こるという、奇抜な趣向なのである。

監督
ルパート・ヒューズ
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ガストン・グラス Kate Lester エリナー・ボードマン

単騎突進(1923)

  • 1923年公開
  • 出演(Marlon_Farell 役)

ハワード・ホークス氏の提供した作品で氏が原作を書き、ユ社に長くいたジャック・コンウェイ氏が監督したもの。主役は「女房征服」のヘレン・チャドウィック嬢「十誡(1923)」「最後の一人迄(1923)」のリチャード・ディックス氏で、ノアー・ビアリー氏、アラン・ヘール氏等が主要の役を演じ、その他10名近い有名な人々が共演している。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック リチャード・ディックス アラン・ヘイル ノア・ビアリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・チャドウィック