映画-Movie Walker > 人物を探す > J・G・ホークス

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1929年 まで合計26映画作品)

1929年

哀調の小径

  • 1929年公開
  • 脚本、脚色

喜歌劇界の人気者エディ・レオナード氏が招かれて初めて主演した映画で、原作はジョー・スワーリング執筆の舞台劇。それを「良人の危険時代」「シー・ホーク(1924)」のJ・G・ホークス氏と「天晴れ名騎手」のロバート・F・ヒル氏とが脚色し、J・G・ホークス氏が撮影脚本を作り、ロバート・F・ヒル氏が監督したもので助演者は「好いて好かれて」のジョセフィン・ダン嬢、その他ハントリー・ゴードン氏、ジョージ・E・ストーン氏ジェーン・ラ・バーン嬢等である。

監督
ロバート・F・ヒル
出演キャスト
エディ・レオナード ジョセフィン・ダン ハントリー・ゴードン ジョージ・E・ストーン

疑惑の渦

  • 1929年公開
  • 脚本

アーネスト・パスカル氏とレオナード・プラスキンス氏との合作した戯曲の映画化で「言論の自由」と同じくジョージ・メルフォード氏が監督したもの。ロバート・N・リー氏が戯曲の改作に当り、それによってJ・G・ホークス氏が撮影台本を執筆した。主役を演ずるのは「紳士は金髪がお好き(1928)」「ミスター・ウー」のホームズ・ハーバート氏、「沈黙(1926)」「相縁奇縁」のロックリフ・フェローズ氏、「コーラス・ガール」「パリのアパッシュ」のマーガレット・リヴィングストン嬢、及びユ社の新進フレッド・マッケイ氏、等の人々であるがそのほかフィロ・マッカロー氏、クローフォード・ケント氏、も出演している。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ホームズ・ハーバート ロックリフ・フェローズ マーガレット・リヴィングストン フレッド・マッケイ
1926年

戦火(1926)

  • 1926年公開
  • 原作、脚本

J・G・ホークス氏とエドワード・J・モンターニュ氏との合作、ホークス氏の脚色なるものを「天晴れトニー」「豪気堂々」等と同じくリン・F・レイノルズ監督した。主役は「暴風征服者」「義賊ラッフルズ」等主演のハウス・ピータース氏が演じ、相手役は「ヤング・ラジャー」「三十日間」等出演のワンダ・ホウリー嬢で「戦禍」等出演のウォルター・マッグレイル氏、C・E・アンダーソン氏等が助演する森林活劇である。

監督
リン・F・レイノルズ
出演キャスト
ハウス・ピータース ワンダ・ホウリー ウォルター・マッグレイル C・E・アンダーソン

太洋の狼

  • 1926年公開
  • 脚本

ピーター・B・カイン氏原作の小説をJ・G・ホークス氏が改作、J・グラブ・アレキサンダー氏が脚色し、「第一曲馬団」「怪船幽霊号」等と同じくラルフ・インス氏が監督したもので、前記二映画に悪役を演じたインス氏が双生児の二役を勤め、「モガ地獄」「アメリカ美人」のマーガレット・リヴィングストン嬢と「獅子王ターザン」「紳士怒れば」のドロシー・ダンバー嬢が相手役を演じシャノン・デイ嬢が助演している。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ラルフ・インス マーガレット・リヴィングストン ドロシー・ダンバー シャノン・デイ
1925年

歓楽の代償

  • 1925年公開
  • 脚色

「発明の榮冠」の前に発売された作品で、同じくエドワード・スローマン氏の監督、ヴァージニア・ヴァリ嬢の主演になったもの。相手役は「バタフライ」「五番街のモデル」等出演のノーマン・ケリー氏。その他ジョージ・フォーセット氏、ルイズ・ファゼンダ嬢、ティー・ローイ・バーンズ氏等が共演している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ヴァージニア・ヴァリ ノーマン・ケリー ルイズ・ファゼンダ Kate Lester
1924年

唄う超人

  • 1924年公開
  • 脚本

「二挺拳銃」に続いて製作されたウィリアム・S・ハート氏作品で、原作脚色監督共に「二挺拳銃」と同じくそれぞれハート氏、J・G・ホークス氏、クリフォード・スミス氏が担当した。主役は「二挺拳銃」「曠野の志士」等主演のウィリアム・S・ハート氏で「懦夫奮起せば」「痴人哀楽」等出演のフィリス・ヘイヴァー嬢が相手役を勤め、「曠野の志士」等出演のゴードン・ラッセル氏、「二挺拳銃」等出演のバート・スプロット氏、「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のジョージ・シーグマン氏及びエドワード・コクソン氏、ルース・ミラー嬢等が助演している。

監督
クリフォード・スミス
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート フィリス・ヘイヴァー ゴードン・ラッセル バート・スプロット

怒濤万里

  • 1924年公開
  • 脚本

「氷原の雄叫」「歓楽地獄(1923)」に続くレジナルド・バーカー氏の監督作品で、原作はサラァ・P・マックリーン・グリーン女子の小説「コッド岬の人々」“Cape Cod Folks”これをバーナード・マッコンヴィル氏とJ・G・ホークス氏が書き改め、A・P・ヤンガー氏が脚色したもので、主役は「氷原の雄叫び」に出演し、現在メトロ・ゴールドウィンの花形たるフランス生まれのルネ・アドレー嬢、「嫉妬の創痕」「結婚とは」等に出演した老巧フランクキーナン氏、「アラビアの酋長」「暁の光」当出演のバーバラ・ベッドフォード嬢、「恋の関門」「舞踏士国」当出演のロバート・フレイザー氏等である。ニュー・イングランドの海岸を背景にした海上劇である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
バーバラ・ベッドフォード フランク・キーナン ルネ・アドレー ロバート・フレイザー

シー・ホーク(1924)

  • 1924年公開
  • 脚色

「スカラムーシュ」の原作者なるイギリスの小説家ラファエル・サバティニ氏の小説を、「オリヴァー・トウィスト」「不滅の情火」等を監督したフランク・ロイド氏が監督したもの主役は「魔界の髑髏島」「善悪の境」等出演のミルトン・シルス氏「怒涛の彼方へ」「海賊アップルジャック」出演のエニッド・ベネット嬢で、その他にもウォーレス・ビアリー氏、ロイド・ヒューズ氏マーク・マクダーモット氏等良く知られた人々が出ている。十六世紀イギリスの物語で、大掛りな海戦で呼物である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ミルトン・シルス エニッド・ベネット ロイド・ヒューズ ウォーレス・マクドナルド
1923年

2挺拳銃

  • 1923年公開
  • 脚色

ウィリアム・S・ハート氏が映画界に復帰して作った2本の映画中最初のもので氏が自ら原作を書き、J・G・ホークス氏が脚色し、今ユ社の監督をしているクリフォード・スミス氏が監督をした。相手役は「宇宙突破」等出演のエセル・グレイ・テリー嬢、「ふるさとの家」「君を思えば」等出演のキャスリーン・オコンナー嬢である。

監督
クリフォード・スミス
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート エセル・グレイ・テリー キャスリーン・オコンナー ジェームズ・ファーレー

ロッキーの薔薇

  • 1923年公開
  • 脚色

ウィラード・マックとデイヴィッド・ベラスコとが合作になる舞台劇「虎薔薇」に基づきエドモンド・グールディングが物語に書きJ・G・ホークスが脚色し、「恋に国境なし」「久遠の微笑」等を監督したシドニー・A・フランクリンが監督の任に当たった。主役はこの劇の舞台上演常時のスターで、ベラスコ劇団の花形なるルノアー・ウルリックで、対手役は「武士道華かなりし頃」出演のフォレスト・スタンレーである。ビックフォード映画の撮影者として有名なチャールズ・ロシャーが撮影を担当している。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
ルノアー・ウルリック フォレスト・スタンレー ジョセフ・J・ダウリング アンドレ・ド・ベランジェ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > J・G・ホークス