映画-Movie Walker > 人物を探す > 萩原利久

年代別 映画作品( 2014年 ~ 2017年 まで合計9映画作品)

2017年

写真甲子園 0.5秒の夏

全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」を題材にした青春ドラマ。夏の北海道東川町を舞台に、一枚の写真に懸ける大阪の関西学園写真部と東京の桜ヶ丘学園写真部の高校生たちが、挫折や葛藤に直面しながら成長していく姿を描出する。出演は「早咲きの花」の笠菜月、「セシウムと少女」の白波瀬海来、「3月のライオン 後編」の中田青渚、『仮面ライダーエグゼイド』の甲斐翔真、「イノセント 15」の萩原利久、「ライアの祈り」の河相我聞、「エイプリルフールズ」の千葉真一、「白ゆき姫殺人事件」の秋野暢子。監督・脚本は「ぼくらの七日間戦争」「早咲きの花」の菅原浩志。撮影を「恋人たち」の上野彰吾、音楽を「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の吉村龍太が担当する。2017年11月11日より北海道先行公開。

監督
菅原浩志
出演キャスト
笠菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真

あゝ、荒野 後篇

寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの後編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。主演は菅田将暉と、映画監督としても活躍するヤン・イクチュン。監督は長編デビュー作『二重生活』で第14回ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞に輝いた岸善幸。

監督
岸善幸
出演キャスト
菅田将暉 ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡

あゝ、荒野 前篇

寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの前編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。主演は菅田将暉と、映画監督としても活躍するヤン・イクチュン。監督は長編デビュー作『二重生活』で第14回ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞に輝いた岸善幸。

監督
岸善幸
出演キャスト
菅田将暉 ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡

ひかりのたび

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015中編の部グランプリ受賞作の映画化。とある地方都市で冷酷非情なやり方で成り上がった不動産ブローカーの植田には、高校三年生の娘・奈々がいた。奈々はこの町に愛着を持ち、卒業後も住み続けたいと思っていたが……。出演は、「キスは命がけ!」の志田彩良、「ソロモンの偽証」の高川裕也。監督・脚本は、本作が商業映画初監督となる澤田サンダー。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017長編コンペティション部門正式招待作品。

監督
澤田サンダー
出演キャスト
志田彩良 高川裕也 瑛蓮 杉山ひこひこ

帝一の國

日本一の名門校で生徒会長を目指す高校生たちの戦いを描く、古屋兎丸の人気コミックを菅田将暉主演で映画化した青春コメディ。野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗といった若手注目株が多数共演し、主人公のライバル役をユニークに演じる。監督は『世界から猫が消えたなら』など数々の話題作を手がけてきた永井聡。

監督
永井聡
出演キャスト
菅田将暉 野村周平 竹内涼真 間宮祥太朗
2016年

イノセント15

  • 2016年12月17日(土)公開
  • 出演(岩崎銀 役)

舞台演出家出身の甲斐博和監督による長編デビュー作。父親がゲイだと知り、自分もそうかもしれないと思い始める15歳の中学生・銀と、母親から虐待を受けている同級生の成実。お互いに秘密を抱えたまま二人は旅に出るが、その道程には新たな現実が待ち構えていた。出演は「水の声を聞く」の萩原利久、TV『地獄先生ぬ~べ~』の小川紗良、「夏ノ日、君ノ声」の影山樹生弥、「ディアーディアー」の山本剛史、「つむぐもの」の本多章一、「白ゆき姫殺人事件」の宮地真緒。

監督
甲斐博和
出演キャスト
萩原利久 小川紗良 影山樹生弥 中村圭太郎

オケ老人!

  • 2016年11月11日(金)公開
  • 出演(大沢コーイチ 役)

勘違いで、演奏経験の浅い老人ばかりの交響楽団に入団してしまった主人公の奮闘を描く、荒木源の同名小説を主人公を女性に置き換えて、杏主演で映画化したコメディ。左とん平、小松政夫といったベテラン俳優たちがヒロインを翻弄する老人に扮し、ユニークな物語を盛り上げる。放送作家や演出家としても活躍する細川徹が監督を務める。

監督
細川徹
出演キャスト
黒島結菜 坂口健太郎 左とん平

オー・マイ・ゼット!

  • 2016年11月5日(土)公開
  • 出演

お笑いトリオ“東京03”の角田晃広が映画初主演を務めるホラーコメディー。全国民を震撼させたゾンビパニック終息後、わずかに生き残ったゾンビが一部の好事家によって取引され、ペットとして人気を博していた。そんな中、一体のゾンビがある家に迷い込み……。共演は「100回泣くこと」のともさかりえ、「はなくじらちち」の森下能幸、「ワンダフルワールドエンド」の町田マリー、「ライチ・光クラブ」の柾木玲弥、「水の声を聞く」の萩原利久。「少林サッカー」や「鍵泥棒のメソッド」など数々の予告編を手がけてきた神本忠弘の監督デビュー作。

監督
神本忠弘
出演キャスト
角田晃広 ともさかりえ 森下能幸 町田マリー
2014年

水の声を聞く

  • 2014年8月30日(土)公開
  • 出演(シンジ 役)

ひょんなことから新興宗教の教祖となった若い女性を中心に、何かを求めてその周りに集う人々の人間模様を描いたドラマ。主演は東京に生まれ、『フリーター、家を買う。』や「ジャッジ!」など、韓国、日本、ヨーロッパを舞台にボーダーレスな活動を続ける玄里。監督は、実践映画塾“シネマインパクト”を主宰する山本政志。

監督
山本政志
出演キャスト
玄里 趣里 萩原利久 中村夏子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 萩原利久

ムービーウォーカー 上へ戻る