TOP > 映画監督・俳優を探す > ペ・ソンウ

年代別 映画作品( 2000年 ~ 2019年 まで合計15映画作品)

2019年

安市城 グレート・バトル

  • 2019年7月5日(金)
  • 出演(Choo Soo-Ji 役)

唐の侵略に立ち向かった高句麗の武将ヤン・マンチュンの戦いを描く歴史アクション。西暦645年。唐の太宗皇帝は20万を超える大軍を率いて高句麗への進撃を開始。各地で敗走が続く中、安市城城主ヤン・マンチュンは、わずか五千の兵と共に戦いを決意する。出演は「ザ・キング」のチョ・インソン、『ハベクの新婦』のナム・ジュヒョク、「スウィンダラーズ」のパク・ソンウン。

監督
キム・グァンシク
出演キャスト
チョ・インソン ナム・ジュヒョク パク・ソンウン ペ・ソンウ
2018年

スウィンダラーズ

  • 2018年7月7日(土)
  • 出演

「コンフィデンシャル/共助」のヒョンビン主演の犯罪アクション。希代の詐欺師チャン・ドゥチル死亡のニュースが流れるが、彼はまだ生きていると確信した詐欺師ジソンは、一緒に捕まえようとパク検事に持ちかける。他の詐欺師も合流し、作戦を立てるが……。出演は、「オールド・ボーイ」のユ・ジテ、「ベテラン」のペ・ソンウ、「新しき世界」のパク・ソンウン、ドラマ『グッド・ワイフ』のナナ。

監督
チャン・チャンウォン
出演キャスト
ヒョンビン ユ・ジテ ペ・ソンウ パク・ソンウン

ザ・キング

  • 2018年3月10日(土)
  • 出演

韓国の賞レースを席巻したクライム・エンタテインメント。地方都市の新人検事テスは、ソウル中央地検のエリート部長ガンシクと出会う。他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだガンシクの正体を知ったテスは、悪の魅力に染まっていく。出演は、ドラマ『大丈夫、愛だ』のチョ・インソン、「アシュラ」のチョン・ウソン、「インサイダーズ 内部者たち」のペ・ソンウ、ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のリュ・ジュンヨル。監督は、「観相師 かんそうし」のハン・ジェリム。第53回百想芸術大賞助演女優賞(キム・ソジン)、新人男優賞(リュ・ジュンヨル)受賞。第54回大鐘賞助演男優賞(ペ・ソンウ)、助演女優賞(キム・ソジン)、シナリオ賞、編集賞受賞。

監督
ハン・ジェリム
出演キャスト
チョ・インソン チョン・ウソン ペ・ソンウ リュ・ジュンヨル
2017年

もっと猟奇的な彼女

  • 2017年2月18日(土)
  • 出演

2003年に公開され好評を博した韓国映画「猟奇的な彼女」のその後を描くラブコメディー。美人で狂暴な“彼女”と別れ、失意のどん底にいたキョヌ。そんなある日、中国に旅立っていた幼少期の初恋相手と再会。二人は、子供の頃に交わした結婚の約束を思い出し……。主人公キョヌを前作に続きチャ・テヒョンが、相手役の“彼女”をガールズグループ、f(x)のビクトリアが演じる。共演は「私を忘れないで」のペ・ソンウ、「デスノート Light up the NEW world」の藤井美菜。脚本を「殺人の輪廻」のイ・ドンハが担当。監督は「夏物語」のチョ・グンシク。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』にて上映。

監督
チョ・グンシク
出演キャスト
チャ・テヒョン ビクトリア ペ・ソンウ 藤井美菜

奴隷の島、消えた人々

  • 2017年1月17日(火)
  • 出演

2014年、韓国全土を震撼させた新安塩田奴隷事件にインスパイアされた社会派ドラマ。天然塩の生産で有名な離島で大量殺人事件が発生。さらにそこでは、知的障害者たちが奴隷のように働かされていた事実が明らかになる。事件の裏に隠された真実とは……?出演は「チェイサー」のパク・ヒョジュ、「インサイダーズ 内部者たち」のペ・ソンウ。

監督
イ・ジスン
出演キャスト
パク・ヒョジュ ペ・ソンウ イ・ヒョヌク リュ・ジュンヨル
2016年

私を忘れないで

  • 2016年7月25日(月)
  • 出演

「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンと「きみはペット」のキム・ハヌル主演のラブロマンス。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

監督
イ・ユンジョン
出演キャスト
チョン・ウソン キム・ハヌル ペ・ソンウ チャン・ヨンナム

リバイバル 妻は二度殺される

  • 2016年11月19日(土)
  • 出演

「悪のクロニクル」のソン・ヒョンジュが主演するサスペンス・スリラー。ドンホの妻ヨンスが何者かに殺害され、犯人も動機も見つからぬまま迷宮入りするかに思われた。しかし1年後、ドンホの携帯電話に事件直前のまだ生きている妻から電話がかかってくる。ソン・ヒョンジュが過去を変えようとするドンホを演じるほか、「ソウォン/願い」のオム・ジウォン、「ベテラン」のペ・ソンウらが出演。シッチェス、ポルトに並び世界三大ファンタスティック映画祭に挙げられるブリュッセル国際ファンタスティック映画祭で、2016年、銀賞にあたるシルバークロウ賞を獲得した。特集企画『MDGP(モースト・デンジャラス・シネマグランプリ)2016』の一作。

監督
キム・ボンジュ
出演キャスト
ソン・ヒョンジュ オム・ジウォン ペ・ソンウ ノ・ジョンギ

恋するインターン 現場からは以上です!

  • 2016年9月10日(土)
  • 出演

「私のオオカミ少年」などで活躍する韓国の人気若手女優パク・ボヨン主演のラブコメディ。スポーツ新聞の新人芸能記者ト・ラヒの前に現れたのは、鬼上司のハ・ジェグァン。度重なるジェグァンの無理難題を乗り越え、一人前の記者を目指すラヒの奮闘が始まる。共演は「殺人の告白」のチョン・ジェヨン、『神のクイズ』のリュ・ドックァン。

監督
チョン・ギフン
出演キャスト
パク・ボヨン チョン・ジェヨン リュ・ドックァン ペ・ソンウ

造られた殺人

  • 2016年11月19日(土)
  • 出演

「観相師」のチョ・ジョンソク主演で報道の光と影を映し出すサスペンス・スリラー。記者ホ・ムヒョクは情報提供を受け、連続殺人事件に関するスクープを流す。それが誤報だと気付くが、報道局や刑事が動き事態は拡大、さらに誤報通りに事件が起こってしまう。監督は「恋愛の温度」のノ・ドク。チョ・ジョンソクのほか、「スキャンダル」のイ・ミスク、「リターン・トゥ・ベース」のイ・ハナ、「私の愛、私の花嫁」のペ・ソンウらベテラン陣のアンサンブルで、誤報が呼ぶ思わぬ広がりを描いていく。

監督
ノ・ドク
出演キャスト
チョ・ジョンソク イ・ミスク ペ・ソンウ イ・ハナ

ビューティー・インサイド

  • 2016年1月22日(金)
  • 出演

目覚めると、男、女、老人、子供と毎回違う外見に変わってしまう不思議な病気に冒された青年の恋を描く、ファンタジーテイストのラブストーリー。原案となったのは2013年のカンヌ国際広告祭でグランプリに輝いたソーシャル・フィルム「The Beauty Inside」。また、主人公ウジン役の1人として、上野樹里が韓国映画に初出演している。

監督
ペク
出演キャスト
ハン・ヒョジュ パク・ソジュン 上野樹里 イ・ジヌク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ペ・ソンウ

ムービーウォーカー 上へ戻る