映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・P・マッギヴァーン

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1980年 まで合計7映画作品)

1980年

ジャグラー ニューヨーク25時

  • 1980年6月7日(土)公開
  • 原作、脚色

ニューヨークを舞台に娘を突然誘拐された父親の、事件発生の朝から結着がつく翌日の明け方までの25時間にわたる必死の追跡を描く。製作総指揮はアーノルド・コペルソン、製作はジェイ・ウェストン、監督はTV界出身のロバート・バトラー。ウィリアム・P・マッギヴァーンの原作(早川書房刊)を基にビル・ノートン・シニアー、リック・ナトキンとウィリアム・P・マッギヴァーンが脚色。撮影はビクター・J・ケンパー、音楽はアーティ・ケーンが各々担当。出演はジェイムス・ブローリン、クリフ・ゴーマン、リチャード・カステラーノ、リンダ・G・ミラー、ダン・ヘダヤ、ジュリー・力ーメン、アビー・ブルーストーンなど。

監督
ロバート・バトラー
出演キャスト
ジェームズ・ブローリン クリフ・ゴーマン リチャード・カステラーノ リンダ・G・ミラー
1975年

ブラニガン

  • 1975年8月23日(土)公開
  • 脚本

凶悪犯を追ってイギリスにやってきたシカゴ警察の辣腕警部の活躍を描く。製作総指揮はマイケル・ウェイン、製作はジュールス・レヴィとアーサー・ガードナー、監督はダグラス・ヒコックス、脚本はクリストファー・トランボ、マイケル・バトラー、ウィリアム・P・マッギヴァーン、ウィリアム・ノートンの共同、原案はクリストファー・トランボとマイケル・バトラー、撮影はゲリー・フィッシャー、音楽はドミニク・フロンティアが各々担当。出演はジョン・ウェイン、リチャード・アッテンボロー、ジュディ・ギーソン、メル・ファーラー、ジョン・ヴァーノン、ダニエル・ピロンなど。

監督
ダグラス・ヒコックス
出演キャスト
ジョン・ウェイン リチャード・アッテンボロー ジュディ・ギーソン メル・フェラー
1969年

サイレンサー 破壊部隊

  • 1969年4月8日公開
  • 脚色

ドナルド・ハミルトンのスパイ小説を、「宝石を狙え ゴールデン・ブル作戦」のウィリアム・P・マッギヴァーンが脚色、「サイレンサー 沈黙部隊」のフィル・カールソンが監督したシリーズの4作目。撮影は「招かれざる客」のサム・リーヴィット、音楽は「サイレンサー・待伏部隊」のヒューゴー・モンテネグロが担当している。出演はおなじみのディーン・マーティン、「ラスベガス強奪作戦」のエルケ・ソマー、「哀愁の花びら」のシャロン・テイト、ほかに「代爆発」のナンシー・クワン、「踊れサーフィン」のティナ・ルイスなど。製作はアーヴィング・アレン。

監督
フィル・カールソン
出演キャスト
ディーン・マーティン エルケ・ソマー シャロン・テイト ナンシー・クワン
1967年

宝石を狙え ゴールデン・ブル作戦

  • 1967年12月12日公開
  • 原作

ウィリアム・P・マッギヴァーンのベスト・セラー小説から、エドワード・ウォータースとポール・デイヴィッド・メシンガーが脚色、「オスカー(1966)」のラッセル・ラウスが監督したアクションもの。撮影はハル・スタイン、音楽はヴィク・ミッツィが担当した。出演は「オスカー(1966)」のスティーブン・ボイド、「ハートでキッス」のイヴェット・ミミュー「地上最大の脱出作戦」のジョヴァンナ・ラリのほかにヴィト・スコッティ、クリフトン・ジェームズ、ロマックス・スタディなど。総指揮をジョセフ・E・レヴィン、製作は「オスカー(1966)」でラッセル・ラウスと組んだクラレンス・グリーン。

監督
ラッセル・ラウス
出演キャスト
スティーブン・ボイド イヴェット・ミミュー ジョヴァンナ・ラリ ヴィト・スコッティ
1959年

拳銃の報酬(1959)

  • 1959年公開
  • 原作

「陽のあたる島」でデビューしたハリー・ベラフォンテが、自ら独立会社ハーベル・プロを作って製作した、白人対黒人の対立の中に展開する銀行襲撃を描いたアクション・ドラマ。ウィリアム・P・マッギヴァーンの原作を、ジョン・O・キレンスと「追憶(1957)」のネルソン・ギディングが共同で脚色し、「私は死にたくない」のロバート・ワイズが監督した。撮影は「休暇はパリで」のジョセフ・ブラン、音楽を「大運河」のジョン・ルイスが担当。出演はハリー・ベラフォンテ、「真昼の欲情」のロバート・ライアン、シェリー・ウィンタース、エド・ベグリー、グロリア・グレアム等。製作ロバート・ワイズ。

監督
ロバート・ワイズ
出演キャスト
ハリー・ベラフォンテ ロバート・ライアン シェリー・ウィンタース エド・ベグリー
1955年

悪徳警官

  • 1955年7月29日公開
  • 原作

「ブラボー砦の脱出」のニコラス・ネイファックが1954年に製作したギャング映画で、ウィリアム・P・マッギヴァーンの小説から「六つの橋を渡る男」のシドニー・ボームが脚色、「艦隊は踊る」のロイ・ローランドが監督した。撮影は「対決」のジョン・サイツ、音楽は「ブラボー砦の脱出」のジェフ・アレクサンダーである。出演者は「王家の谷」のロバート・テイラー、「フォルウォスの黒楯」のジャネット・リー、「前科者」のジョージ・ラフト、「あの高地を取れ」のスティーヴ・フォレスト、「愛欲と戦場」のアン・フランシス、ロバート・エレンスティーンなど。

監督
ロイ・ローランド
出演キャスト
ロバート・テイラー ジャネット・リー ジョージ・ラフト スティーヴ・フォレスト
1953年

復讐は俺に任せろ

  • 1953年12月6日公開
  • 原作

「海の無法者」のロバート・アーサー製作の警官対ギャング劇、1953年作品。ウィリアム・P・マッギヴァーンの原作小説に基づいて「烙印」のシドニー・ボームが脚色、「飾窓の女」のフリッツ・ラングが監督した。撮影監督は「情炎の女サロメ」のチャールズ・ラング、音楽監督はミッシャ・バカライニコフ。「カルメン(1948)」のグレン・フォードと「突然の恐怖」のグロリア・グレアムが主演し、ジョスリン・ブランド、アレクサンダー・スコービー、リー・マーヴィンなどが助演している。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
グレン・フォード グロリア・グラハム ジョスリン・ブランド アレクサンダー・スコービー
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・P・マッギヴァーン

ムービーウォーカー 上へ戻る