TOP > 人物を探す > トニー・ラッセル

年代別 映画作品( 1965年 ~ 1965年 まで合計3映画作品)

1965年

惑星からの侵略

  • 1965年
  • 出演(Michael_Halstead 役)

脚本はアイバン・ライナーのオリジナルで、「ローマの崩壊」のアンソニー・M・ドーソンが監督にあたった。撮影は、リチャード・パルトンが担当し、「生きる歓び」のアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノが音楽を受け持った。出演者には、「無敵の7人」のトニー・ラッセル、「太陽の下の18歳」のリーザ・ガストーニ、「無敵の7人」のマッシモ・セラート、「サンドカン総攻撃」のエンツォ・フィエルモンテなど。製作は「サンドカン総攻撃」のジョセフ・フリードと「黄金の矢」のアンソニー・マルグリーティ。

監督
アントニオ・マルゲリーティ
出演キャスト
トニー・ラッセル リザ・ガストーニ マッシモ・セラート Charles Justin

勇猛スパルタン

  • 1965年10月9日(土)
  • 出演(Keros 役)

「無敵の闘士」のアルベルト・デ・マルティーノ、「七人の闘士」のサンドロ・コンティネンザ、ケン・モリソンらの共同シナリオを「無敵の闘士」のマルティーノ自身が監督したアクショントラマ。撮影は「チコと鮫」のピエール・ルドビコ・パポーニ、音楽は「4次元の情事」のフランコ・マンニーノが担当した。出演は「第八高地突撃隊」のトニー・ラッセル、「エル・シド」のマッシモ・セラート、「無敵の闘士」のリビオ・ロレンゾン、ほかにナンド・ガッゾーロ、ヘルガ・リーネなど。製作は「サンドカン総攻撃」のジョセフ・フリード。

監督
アルベルト・デ・マルティーノ
出演キャスト
トニー・ラッセル マッシモ・セラート ナンド・ガッツォーロ リヴィオ・ロレンツォン
1961年

第八高地突撃隊

  • 1961年9月26日(火)
  • 出演(Sargent_akeefer 役)

「戦車軍団撃滅」のバート・トッパーが、製作・監督・脚本をワンマン・ショウで担当した戦争映画。撮影を受け持ったものはジャック・マルクェ。音楽担当はロナルド・スタイン。出演するのはトニー・ラッセル、ベインズ・バロン、ウォーリー・カンポ、ボビー・バイルズなど。製作はバート・トッパー。

監督
バート・トッパー
出演キャスト
トニー・ラッセル ベインズ・バロン ウォーリー・カンポ ボビー・バイルズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > トニー・ラッセル

ムービーウォーカー 上へ戻る