映画-Movie Walker > 人物を探す > ウエダアツシ

年代別 映画作品( 2014年 ~ 2019年 まで合計5映画作品)

2019年

ジャンクション29

  • 2019年2月22日(金)公開
  • 監督、脚本、編集

BOYS AND MENのメンバー主演のTVドラマ3話に映画版オリジナルストーリーを加えて上映。親のすねをかじりながら映画を作る自主映画監督、結婚相談所のカリスマ仲人、動画投稿を続ける男、落選続きの漫画家志望の“等身大の29歳”の青春物語。出演は、「人狼ゲーム インフェルノ」の水野勝、「ダブルミンツ」の田中俊介、「海すずめ」の小林豊、「燐寸少女 マッチショウジョ」の本田剛文。監督は、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『富美子の足』」のウエダアツシ、「0093女王陛下の草刈正雄」助監督の山田晃久。

監督
ウエダアツシ 山田晃久
出演キャスト
田中俊介 本多力 佐藤玲 菅原大吉
2018年

谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE「富美子の足」

  • 2018年2月10日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

近代日本文学を代表する作家・谷崎潤一郎の短編を下地にした現代劇集のうち、「天使のいる図書館」のウエダアツシ監督がフェティシズムに焦点をあてたドラマ。デリヘルで見つけた富美子の足を偏愛する塚越老人は、甥に彼女の足の等身大フィギュアを作らせる。周囲の男たちの人生を狂わせる富美子をグラビアアイドルの片山萌美が、彼女の足に入れ込む富豪を「あゝ、荒野」のでんでんが、フィギュア作家の甥を「ダブルミンツ」の淵上泰史が演じる。

監督
ウエダアツシ
出演キャスト
片山萌美 淵上泰史 でんでん 武藤令子
2017年

天使のいる図書館

  • 2017年2月18日(土)公開
  • 監督

奈良県中西部の葛城地域を舞台に、新人司書の成長を見つめるヒューマンドラマ。図書館司書として働き始めたさくらは、慣れない環境に戸惑う日々。ある日、利用者の礼子と一緒に探し物をすることになり、地域の隅々を巡りながら、地元の人々と交流を深めていく。出演は「魔女の宅急便(2014)」の小芝風花、「オオカミ少女と黒王子」の横浜流星、「後妻業の女」の森本レオ、「まあだだよ」の香川京子。脚本を「百瀬、こっちを向いて。」の狗飼恭子、撮影を「人狼ゲーム ビーストサイド」の松井宏樹、音楽を「リュウグウノツカイ」の佐藤和生が担当。監督は「桜ノ雨」のウエダアツシ。2017年2月11日より奈良県先行公開。

監督
ウエダアツシ
出演キャスト
小芝風花 横浜流星 森永悠希 小牧芽美
2016年

桜ノ雨

  • 2016年3月5日(土)公開
  • 監督、編集

音声合成ソフトを使用した楽曲から人気を博し、ミリオンヒットを記録した歌をモチーフにした青春群像劇。作詞・作曲のhalyosyが原作・原案を手がけた小説を下敷きに、悩みながらも前に進んでいく合唱部の高校生員たちを活写する。合唱コンクールで金賞を獲るために、部長が作った楽曲ではなく難度の高い曲を歌うことになり、部員たちの間に不協和音が響く……。監督は「リュウグウノツカイ」で第24回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭北海道知事賞を受賞したウエダアツシ。「映画 暗殺教室」の山本舞香、「悪の教典」の浅香航大らが出演。劇場公開に先駆け、第28回東京国際映画祭パノラマ部門にて上映された。

監督
ウエダアツシ
出演キャスト
山本舞香 浅香航大 広田亮平 久松郁実
2014年

リュウグウノツカイ

  • 2014年8月2日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

アメリカで実際に起きた女子高生集団妊娠騒動にヒントを得て、閉鎖的な環境を打ち破ろうとする少女たちが巻き起こす騒動を描いた群像劇。出演は「ヘヴンズ ストーリー」の寉岡萌希、「祖谷物語 おくのひと」の武田梨奈。2014年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門で北海道知事賞を受賞。

監督
ウエダアツシ
出演キャスト
寉岡萌希 武田梨奈 佐藤玲 樋井明日香
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウエダアツシ