映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイス・ニェッコ

年代別 映画作品( 2014年 ~ 2018年 まで合計3映画作品)

2018年

ナチュラルウーマン(2017)

  • 2018年2月24日(土)公開
  • 出演(ガボ 役)

第67回ベルリン国際映画祭脚本賞受賞のヒューマンドラマ。トランスジェンダーでナイトクラブの歌手マリーナは、歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしている。ある夜、オルランドが突然亡くなり、マリーナは思いもかけないトラブルに巻き込まれる。監督・脚本は、「グロリアの青春」のセバスティアン・レリオ。出演は、トランスジェンダーの歌手ダニエラ・ヴェガ、「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」のフランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコ。第42回トロント国際映画祭SPECIAL PRESENTATIONS部門出品、第89回アカデミー賞外国語映画賞チリ代表作品。

監督
セバスティアン・レリオ
出演キャスト
ダニエラ・ヴェガ フランシスコ・レジェス ルイス・ニェッコ アリン・クーペンヘイム
2017年

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者

  • 2017年11月11日(土)公開
  • 出演(パブロ・ネルーダ 役)

チリの国民的英雄である詩人パブロ・ネルーダの半生に迫るドラマ。1948年、チリの上院議員で共産党員のネルーダの元に、共産党が非合法の扱いを受けるとの報告が届く。上院議会で政府を非難したネルーダは大統領から弾劾され、警察から追われる身となる。監督は、「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」のパブロ・ラライン。出演は、「NO」のルイス・ニェッコ、「ノー・エスケープ 自由への国境」のガエル・ガルシア・ベルナル。第69回カンヌ国際映画祭監督週間出品作品、第74回ゴールデン・グローブ賞映画部門外国語映画賞ノミネート。

監督
パブロ・ラライン
出演キャスト
ガエル・ガルシア・ベルナル ルイス・ニェッコ メルセデス・モラーン ハイメ・バデル
2014年

NO

  • 2014年8月30日(土)公開
  • 出演(ホセ・トマ・ウルティア 役)

『トニー・マネロ』のパブロ・ラライン監督によるチリ独裁政権3部作の完結編。1988年ピノチェト政権末期を舞台に、資本主義の象徴ともいえる広告業界を通じて当時の映像を交錯させながら、独裁政権の終焉を見つめる。出演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル、「グロリアの青春」のマルシアル・タグレ。2012年10月25日に東京国際映画祭コンペティション部門にて映画祭上映された。

監督
パブロ・ラライン
出演キャスト
ガエル・ガルシア・ベルナル アルフレド・カストロ ルイス・ニェッコ アントニア・セヘルス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイス・ニェッコ