TOP > 映画監督・俳優を探す > 真弓

年代別 映画作品( 2014年 ~ 2018年 まで合計4映画作品)

2018年

見栄を張る

  • 2018年3月24日(土)
  • 出演

シネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)の助成で製作された藤村明世監督による長編デビュー作。東京で女優を目指す28歳の絵梨子。ある日、姉の訃報を受け和歌山へ帰郷した彼女は、疎遠だった姉の仕事が葬儀で参列者の涙を誘う“泣き屋”であったことを知る。出演は「イノセント 15」の久保陽香、「光(2017・日・大森立嗣監督)」の岡田篤哉、「ねこにみかん」の辰寿広美。撮影は「ウォーターボーイズ」「母 小林多喜二の母の物語」の長田勇市。

監督
藤村明世
出演キャスト
久保陽香 岡田篤哉 似鳥美貴 辰寿広美
2017年

  • 2017年7月8日(土)
  • 出演

世界各地の映画祭で称賛を浴びた新鋭・鈴木洋平監督の長編デビュー作。ある一軒家で発生した父子心中未遂事件。その室内には奇妙な現象を引き起こす球体が出現。独自に調査を進める記者・出口は、警察の発表を覆す証拠を掴むが、不条理な世界へ迷い込んでいく。出演は「なりゆきな魂、」の飯田芳、「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」の木原勝利。音楽は「川の底からこんにちは」の今村左悶。

監督
鈴木洋平
出演キャスト
飯田芳 木原勝利 金子紗里 池田将
2014年

僕はもうすぐ十一歳になる。

  • 2014年7月19日(土)
  • 出演(川上陽子 役)

生と死について疑問を持った昆虫好きの少年が大人たちの心を揺り動かす様を、関西を舞台に描いたヒューマンドラマ。監督・脚本・編集は、本作が初の長編となる神保慶政。出演は、オーディションで選ばれた濱田響己。第10回CO2(シネアスト・オーガニゼーション・大阪)助成作品。第9回大阪アジアン映画祭上映作品。

監督
神保慶政
出演キャスト
濱田響己 紫英 河村宏正 市川愛里

父のこころ

  • 2014年3月22日(土)
  • 出演

京都を舞台に、長年失踪していた父親と残された家族との邂逅を描く人間ドラマ。監督は「シグナル 月曜日のルカ」の谷口正晃。主演はフォークシンガーの大塚まさじでこれが初出演作。共演は日永貴子、古賀勇希、上西愛理、福本清三ほか。2014年3月22日より、大阪・第七藝術劇場、京都・京都シネマにて先行公開。

監督
谷口正晃
出演キャスト
大塚まさじ 日永貴子 古賀勇希 上西愛理
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 真弓

ムービーウォーカー 上へ戻る