映画-Movie Walker > 人物を探す > ブラッドリー・ウィットフォード

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2019年 まで合計12映画作品)

2019年

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

日本が世界に誇る怪獣映画シリーズ『ゴジラ』。そのハリウッド版となる『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を描くSFアクション。復活した神話時代の怪獣モスラ、ラドン、キングギドラとゴジラが激突。世界の破滅を阻止せんとする未確認生物特務機関モナークの活躍を描く。前作に引き続き、渡辺謙がモナークの生物学者役で出演する。

監督
マイケル・ドハティ
出演キャスト
カイル・チャンドラー ヴェラ・ファーミガ ミリー・ボビー・ブラウン サリー・ホーキンス
2018年

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

  • 2018年3月30日(金)公開
  • 出演(Arthur Parsons 役)

政府を敵に回してまで“報道の自由”を守ろうとした実在のジャーナリストたちの姿を描く、スティーヴン・スピルバーグ監督による人間ドラマ。ベトナム戦争を客観的に調査・分析した国家の機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の全貌を公表しようとしたワシントンポストの女性発行人をメリル・ストリープ、編集主幹をトム・ハンクスが演じる。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
メリル・ストリープ トム・ハンクス サラ・ポールソン ボブ・オデンカーク
2017年

ゲット・アウト

  • 2017年10月27日(金)公開
  • 出演(ディーン・アーミテージ 役)

『インシディアス』などのジェイソン・ブラムが製作を担当し、お笑いコンビ“キー&ピール”として活躍するジョーダン・ピールが監督を務めるという、異色コンビによるホラー。白人の彼女の実家を訪れたアフリカ系アメリカ人の青年が体験する恐怖を描く。低予算ながら、全米公開時には初登場1位を記録するなど大ヒットとなった。

監督
ジョーダン・ピール
出演キャスト
ダニエル・カルーヤ アリソン・ウィリアムズ ブラッドリー・ウィットフォード ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
2016年

アイ・ソー・ザ・ライト

  • 2016年10月1日(土)公開
  • 出演(フレッド・ローズ 役)

1950年代後半に“キング・オブ・カントリー”と称されるなど、人気を博しながらも29歳の若さで亡くなったカントリー歌手、ハンク・ウィリアムス。その波乱の生涯を描く人間ドラマ。『マイティ・ソー』のロキ役で人気を博したトム・ヒドルストンがハンクに扮し、美声を披露する。妻オードリーを演じるのはエリザベス・オルセン。

監督
マーク・エイブラハム
出演キャスト
トム・ヒドルストン エリザベス・オルセン ブラッドリー・ウィットフォード チェリー・ジョーンズ
2013年

キャビン

  • 2013年3月9日(土)公開
  • 出演(ハドレー 役)

大学生たちが謎の組織に操られ次々と死んでいく、恐怖が幾層にも重なったサスペンス・スリラー。監督はドラマ『LOST』や「クローバーフィールド/HAKAISHA」の脚本を手がけたドリュー・ゴダード。また、「アベンジャーズ」の監督・脚本・原案や「エイリアン4」「トイ・ストーリー」の脚本を手がけたジョス・ウェドンがドリュー・ゴダードとともに脚本を担当し、息もつかせぬ怒涛のストーリーを展開。出演は「ハプニング」のクリステン・コノリー、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース、「扉をたたく人」で第81回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたリチャード・ジェンキンス、「ニューヨークの恋人」のブラッドリー・ウィットフォードほか。

監督
ドリュー・ゴダード
出演キャスト
クリステン・コノリー クリス・ヘムズワース アンナ・ハッチソン フラン・クランツ
2005年

旅するジーンズと16歳の夏

  • 2005年10月1日(土)公開
  • 出演(Al 役)

世界的なベストセラー小説「トラベリング・パンツ」に基づく青春劇。仲良し少女4人組が、それぞれの旅先で悩みながらも成長し、友情を確かめ合う姿を描く。

監督
ケン・クワピス
出演キャスト
アンバー・タンブリン アメリカ・フェレーラ ブレイク・ライブリー アレクシス・ブレーデル
2002年

ニューヨークの恋人

  • 2002年6月15日(土)公開
  • 出演(J.J. 役)

メグ・ライアン&ヒュー・ジャックマン共演による時を超えたラブ・ストーリー。現代のキャリアウーマンと19世紀の貴族のめぐり逢いと恋のゆくえをロマンチックにつづる。

監督
ジェームズ・マンゴールド
出演キャスト
メグ・ライアン ヒュー・ジャックマン リーヴ・シュレイバー ブレッキン・メイヤー
1998年

北京のふたり

  • 1998年10月10日(土)公開
  • 出演(Bob Ghery 役)

異国の地、北京で殺人の罪を着せられたアメリカ人男性と、古い因習を断ち切って彼の弁護を引き受ける中国人女性との心の交流を描いた法廷サスペンス・ドラマ。監督は「アンカーウーマン」のジョン・アヴネット。製作はアヴネットとジョーダン・カーナー、チャールズ・B・マルベヒル、ロザリー・スウェドリンの共同。製作総指揮は「エアフォース・ワン」などの監督で知られるウォルフガング・ペーターセンと、同じく「エアフォース・ワン」の製作者であるゲイル・カッツ。脚本はロバート・キングのオリジナル。撮影は「ジャッカル」のカール・ウォルター・リンデンラウブ。カリフォルニアにリアルな北京の街並を再現した美術は「ディック・トレイシー」などのベテラン、リチャード・シルバート。編集はピーター・E・バーガー、衣装はアルバート・ウォルスキー。音楽は「フェノミナン」のトーマス・ニューマン。主演は「ジャッカル」のリチャード・ギアと、この作品がハリウッド本格的デビューとなるバイ・リン。共演は「フィラデルフィア」のブラッドレー・ホイットフォード、「ストリート・ファイター」のバイロン・マンほか

監督
ジョン・アヴネット
出演キャスト
リチャード・ギア バイ・リン ブラッドリー・ウィットフォード Byron Mann
1994年

マイ・ライフ(1993)

  • 1994年2月26日(土)公開
  • 出演(Paul Ivanovich 役)

末期ガンで余命いくばくもないことを宣告された男が、残された命を精一杯生き抜く姿を描いた感動のヒューマン・ドラマ。監督・製作・脚本は「ゴースト ニューヨークの幻」で脚本を担当したブルース・ジョエル・ルービンで、彼の監督デビュー作。共同製作は同作監督のジェリー・ザッカーと「ラスト・オブ・モヒカン」のハント・ローリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはギル・ネッター、撮影はピーター・ジェームズ、音楽は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジョン・バリーが担当。主演は「から騒ぎ」のマイケル・キートンと「遙かなる大地へ」のニコール・キッドマン。共演は「天と地」のハイン・S・ニョール、女性ラッパーのクイーン・ラティファら。

監督
ブルース・ジョエル・ルービン
出演キャスト
マイケル・キートン ニコール・キッドマン ハイン・S・ニョール マイケル・コンスタンチン
1993年

セント・オブ・ウーマン 夢の香り

  • 1993年4月29日(木)公開
  • 出演(Randy 役)

盲目の退役軍人と、その道案内役の青年が共に旅をするうちに心を通わせていく姿を描く人間ドラマ。92年度アカデミー賞最優秀主演男優賞、ゴールデン・グローブ賞作品賞〈ドラマ部門〉、最優秀主演男優賞〈同〉、最優秀脚本賞を受賞。監督・製作は「ミッドナイト・ラン」のマーティン・ブレスト。エグゼクティヴ・プロデューサーは「普通の人々」のロナルド・L・シュワリー。イタリアの作家ジョヴァンニ・アルピーノの小説をもとに「カッコーの巣の上で」のボー・ゴールドマンが自身の体験も加えて脚本を執筆(なお、この小説は75年にディノ・リージ監督によりIl Frofumo Di Donnaというタイトルで映画化されている)。撮影は「あなたに恋のリフレイン」のドナルド・E・ソリン。音楽は「幸せの向う側」のトーマス・ニューマンが担当。主演は「恋のためらい フランキーとジョニー」のアル・パチーノ。ほかに「フライド・グリーン・トマト」のクリス・オドネル、「氷の微笑」のジェームズ・レブホーン、ガブリエル・アンウォーらが共演。

監督
マーティン・ブレスト
出演キャスト
アル・パチーノ クリス・オドネル ジェームズ・レブホーン ガブリエル・アンウォー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブラッドリー・ウィットフォード