映画-Movie Walker > 人物を探す > ケニー・オルテガ

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2009年 まで合計7映画作品)

2009年

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

  • 2009年10月28日(水)公開
  • 監督

2009年6月に急逝した、“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。彼が死の数日前まで行なっていたコンサート・リハーサルの模様を収録したドキュメンタリー。

監督
ケニー・オルテガ
出演キャスト
マイケル・ジャクソン オリアンティ

ハンナ・モンタナ  ザ・コンサート

  • 2009年5月16日(土)公開
  • 製作

人気ドラマ「シークレット・アイドル」。その主人公ハンナを演じるマイリー・サイラスが、同キャラクターそのままで敢行したライブを3D映像で収めた音楽映画。

監督
ブルース・ヘンドリックス
出演キャスト
マイリー・サイラス ポール・ケビン・ジョナス ジョセフ・アダム・ジョナス ニコラス・ジェリー・ジョナス

ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー

  • 2009年2月7日(土)公開
  • 監督、製作総指揮、振り付け

ティーンからの絶大な支持を受け、世界的ヒットを記録したミュージカル・ドラマの劇場版。ハイスクールの最終学年を迎えた主人公たちが歌とダンスにあふれた青春模様を繰り広げる。

監督
ケニー・オルテガ
出演キャスト
ザック・エフロン ヴァネッサ・ハジェンズ アシュレイ・ティスデイル ルーカス・グラビール
1996年

3人のエンジェル

  • 1996年6月8日(土)公開
  • 振り付け

大陸横断の旅に出た心優しき3人のドラッグ・クイーン(女装のゲイ)の珍道中を描いたハートフル・コメディ。主演の3人の男優たちの女装ぶりと演技力、そしてそれを支える確かな演出が見どころ。監督は「迷子の大人たち」の女性監督ビーバン・キドロン。脚本はオフ・ブロードウェイの舞台出身で、これが初の劇場用映画となるダグラス・カーター・ビーン、製作は「きっと忘れない」のG・マック・ブラウン、エグゼクティヴ・プロデューサーはブルース・コーエン。撮影は「ダンシング・ヒーロー」のスティーヴ・メイソン、美術は「ブロンクス物語」のウィン・トーマス、編集はアンドリュー・モンドシェイン、カラフルな衣裳は「激流」のマルレーネ・スチュワート。音楽はレイチェル・ポートマンがスコアを書き、ハッピー・ウォルターズとピラー・マッカリーの監修の下、チャカ・カーンの『Free Yourself』、TVドラマ『ワンダーウーマン』のテーマなどのヒット曲が旅を盛り上げる。また、絢爛たるステージ場面の振付は「ダンシング・ヒーロー」のケニー・オルテガが担当。主演は「シティ・オブ・ジョイ」のパトリック・スウェイジ、「マネートレイン」のウェズリー・スナイプス、「カリートの道」のジョン・レグイザモ。この演技で、スウェイジはゴールデン・グローブ賞主演男優賞、レグイザモも同じく助演男優賞にノミネートされた。共演は「アンカーウーマン」のストッカード・チャニング、「サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方」のブライス・ダナー、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のアーリス・ハワード、「トゥルー・ロマンス」のクリス・ペン、「クルックリン」にも出演したドラッグ・クイーンのル・ポールほか。また、TVドラマ『バットマン』の初代キャット・ウーマン役で有名な往年のグラマー女優ジュリー・ニューマーが彼女自身の役で出演し、「9か月」のロビン・ウィリアムズがカメオ出演している。

監督
ビーバン・キドロン
出演キャスト
パトリック・スウェイジ ウェズリー・スナイプス ジョン・レグイザモ ストッカード・チャニング
1994年

ホーカス・ポーカス

  • 1994年10月29日(土)公開
  • 監督

夜空を駆ける3人の魔女と子供たちの戦いを、SFXを駆使して描いたコメディ。監督は「ワン・フロム・ザ・ハート」「ダーティ・ダンシング」などの振付師を経て、『ニュージーズ』(V)でデビューしたケニー・オルテガ。『クリッター2』(V)のミック・ギャリスとデイヴィッド・カーシュナーの原案を、ギャリスとネイル・カスバートが脚色。製作は「チャイルド・プレイ」シリーズのデイヴィッド・カーシュナーと「いまを生きる」のスティーヴン・ハフト。撮影は「ロケッティア」のヒロ・ナリタ、音楽は「ガンメン」のジョン・デブニーが担当。主演はグラミー賞シンガーにして「結婚記念日」などで女優として活躍するベット・ミドラー、「スリー・リバース」のサラ・ジェシカ・パーカー、「天使にラブ・ソングを…」「同・2」のキャシー・ナジミー、「パトリオット・ゲーム」「ゆかいな天使<ペット>トラブる・モンキー」のソーラ・バーチ。共演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のオムリ・カッツ、「涙のキック・オフ」のヴィネッサ・ショウほか。「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の併映作としてスプラッシュ公開。

監督
ケニー・オルテガ
出演キャスト
ベット・ミドラー キャシー・ナジミー サラ・ジェシカ・パーカー オムリ・カッツ
1987年

ダーティ・ダンシング

  • 1987年11月21日(土)公開
  • 振り付け

60年代初期のアメリカを舞台に、思春期の娘の成長を描く。製作はリンダ・ゴットリーブ。監督は舞台・ダンスの演出家でもあり、ドキュメンタリー映画“He Makes Me Feel Like Dancin”で83年度アカデミー・ドキュメンタリー賞を受賞したエミール・アルドリーノ。脚本はエレノア・バーグスタイン、撮影はジェフ・ジャー、音楽監修はダニー・ゴールドバーク、マイケル・ロイドが担当。ロネッツの「あたしのベビー」をはじめ60年代のヒット曲が全14曲使われている。出演はジェニファー・グレイ、パトリツク・スウェイズ、シンシア・ローズほか。

監督
エミール・アルドリーノ
出演キャスト
ジェニファー・グレイ パトリック・スウェイジ シンシア・ローズ ケリー・ビショップ
1982年

ワン・フロム・ザ・ハート

  • 1982年8月14日(土)公開
  • 振り付け

ラス・ベガスを舞台に3人の男と3人の女の恋と別離を描くミュージカル・ロマンス映画。グレイ・フレデリクソンとフレッド・ルースが製作、バーナード・ガーステンが製作指揮を担当。監督は「地獄の黙示録」のフランシス・フォード・コッポラ。原案・共同製作はアーミヤン・バーンスタイン、脚本はバーンスタインとコッポラが執筆している。撮影はヴィットリオ・ストラーロだが、ストラーロはアメリカ撮影者協会員ではないので撮影監督のクレジットはロン・ガルシアに与えられている。音楽はトム・ウェイツが作り、彼とクリスタル・ゲイルが歌っている。出演はフレデリック・フォレスト、テリー・ガー、ナスターシャ・キンスキー、ラウル・ジュリアなど。テクノビジョンで撮影。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。メトロカラー、スタンダード。1982年作品。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
フレデリック・フォレスト テリー・ガー ナスターシャ・キンスキー ラウル・ジュリア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ケニー・オルテガ