映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木身幸

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1970年 まで合計7映画作品)

1970年

どですかでん

  • 1970年10月31日(土)公開
  • 衣裳

黒澤明五年ぶりの作品そして初めてのカラー映画とさまざまな話題を集めた、四騎の会製作の第一回作品である。脚本は「影の車」の橋本忍、「待ち伏せ」の小国英雄が共同執筆。監督は脚本にも参加している「赤ひげ」の黒澤明。撮影は「弾痕」の斎藤孝雄と「二人の恋人」の福沢康道が担当。1971年1月21日全国公開。

監督
黒澤明
出演キャスト
頭師佳孝 菅井きん 加藤和夫 伴淳三郎
1963年

青島要塞爆撃命令

  • 1963年5月29日(水)公開
  • 衣裳

「太平洋の翼」の須崎勝弥が脚本を執筆、「ニッポン無責任野郎」の古沢憲吾が監督した航空活劇。撮影は「にっぽん実話時代」の小泉福造。

監督
古沢憲吾
出演キャスト
佐藤允 夏木陽介 加山雄三 伊吹徹

天国と地獄

  • 1963年3月1日(金)公開
  • 衣裳

エド・マクベイン原作“キングの身代金”を「椿三十郎」の小国英雄、菊島隆三、久板栄二郎、黒澤明が共同で脚色、黒澤明が監督した刑事もの。撮影は「娘と私」の中井朝一と「ニッポン無責任時代」の斎藤孝雄。

監督
黒澤明
出演キャスト
三船敏郎 香川京子 江木俊夫 佐田豊
1958年

人生劇場 青春篇

  • 1958年11月23日(日)公開
  • 衣裳

尾崎士郎の同名小説を三たび映画化したもので、今回は青成瓢吉の少年時代から、上京して早大に学んだ青春時代までを描く。脚色は椎名竜治、監督は「ロマンス祭」の杉江敏男、撮影は「大学の人気者」の完倉泰一。「大学の人気者」の池部良、「女侠一代」の森繁久彌、「恐喝(1958)」の淡路恵子、「大人には分らない・青春白書」の草笛光子、「無法松の一生(1958)」の三船敏郎などが出演。パースペクタ立体音響。

監督
杉江敏男
出演キャスト
志村喬 瀧花久子 池部良 大沢幸治
1956年

彼奴を逃すな

  • 1956年1月29日(日)公開
  • 衣裳

「獣人雪男」の村田武雄のオリジナル・シナリオを「くちづけ(1955)」第二話の鈴木英夫が監督、「姿なき目撃者」の三浦光夫が撮影を担当した。主なる出演者は「不良少年の母」の木村功、「市川馬五郎一座顛末記 浮草日記」の津島恵子「生きものの記録」の志村喬、佐田豊、東郷晴子、他に俳優座の土屋嘉男、「若き潮」に出た文学座の宮口精二など。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
木村功 津島恵子 志村喬 沢村宗之助
1954年

密輸船(1954)

  • 1954年12月1日(水)公開
  • 衣裳

高野竜雄の原案から、「七人の侍」の小国英雄が宮田輝明と共同で脚本を書き、「水着の花嫁」の杉江敏男が監督する。撮影は「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」の飯村正、音楽は「君死に給うことなかれ」の早坂文雄の担当。主演者は「宮本武蔵(1954)」の三船敏郎、「此村大吉」の久慈あさみ、徳大寺伸、「うれし恥かし看板娘」の北川町子などである。

監督
杉江敏男
出演キャスト
三船敏郎 田島義文 桜井巨郎 土屋嘉男

魔子恐るべし

  • 1954年6月15日(火)公開
  • 衣裳

東京タイムズに連載された宮本幹也の原作を、「芸者小夏」の梅田晴夫が脚色し、「若い瞳」の鈴木英夫が東宝入社第一回作品として監督する。撮影は新人鈴木斌夫、音楽は「若い瞳」の松井八郎。出演者は「さらばラバウル」の根岸明美、「芸者小夏」の森繁弥、「大阪の宿」の藤原釜足のほか、新人藤木悠など。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
根岸明美 伊豆肇 藤原釜足 森繁久彌
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木身幸