TOP > 映画監督・俳優を探す > ヘレン・ジェローム・エディー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1936年 まで合計36映画作品)

1936年

目撃者(1936)

  • 1936年
  • 出演(Mrs._Romagna 役)

マクスウェル・アンダースン作の舞台劇の映画化で、舞台と同じくバージェス・メレディス、「情熱なき犯罪」「ロビンフッドの復讐」のマーゴ、「ウィーンの再会」「生きているモレア」のエドワード・チアネーリの3人が主演する。脚色には「愛情無限」「女性の反逆」のアンソニー・ヴェイラーが当たり、「ある女の一生」「嵐の国テス」のアルフレッド・サンテルが監督し、「愛の花篭」「三銃士(1935)」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演俳優は「愛情無限」のエドワード・エリス、「特高警察のポール・ギルフォイル、舞台から来たモーリス・モスコヴィッチ、「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラディン、「生きているモレア」のスタンリー・リッジス等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
バージェス・メレディス マーゴ エドワード・チアネーリ ジョン・キャラダイン

美しき野獣(1936)

  • 1936年
  • 出演(Annie_Alden 役)

「わたし貴婦人よ」「罪じゃないわよ」と同じくメイ・ウェスト主演映画で、ウェスト作の劇とマリオン・モーガンとジョージ・B・ダウエル作の物語を基としてこの二映画同様ウェストが脚色し台詞を書いた。監督には「アメリカの恐怖」「夜毎八時に」のラウール・ウォルシュが当たり、「アメリカの恐怖」のジョージ・クレメンスが撮影した。相手役は「男の敵」「絢爛たる殺人」のヴィクター・マクラグレンが勤め、「愛の岐路」「白蛾」のフィリップ・リード、「愛の隠れ家」のハロルド・ヒューバー、「台風」のヘレン・ジェローム・エディー、「からくり珍裁判」のルシル・グリーソン、「クレオパトラ(1934)」のハリー・ベレスフォード、「支那海」のソー・ヨング、駒井哲等が助演。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
メイ・ウェスト ヴィクター・マクラグレン フィル・リード ハロルド・ヒューバー

五ツ児誕生

  • 1936年
  • 出演(Mrs._Ogden 役)

現代の奇跡ディオンヌ五ツ児の誕生を劇化して映画で、イヴォンヌ、セシル、マリー、アネット、エメリーの五ツ児を出演させている。チャールズ・E・ブレークの原案を、「紐育の口笛」「廻り来る春」のヘンリー・キングが監督にあたり、ジョン・サイツとダニエル・B・クラークが共同撮影した。出演俳優は「白衣の騎士」「泉」のジーン・ハーショルト、「空飛ぶ音楽」のジューン・ラング、「東への道」のスリム・サマーヴィル、新人マイケル・ウェーレン、「宝島(1934)」のドロシー・ピーターソン、「ギャングの家」のロバート・バラット、「来秋」のジョン・クェーレン、「ホワイト・パレード」のジェーン・ダーウェル、その他である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ジーン・ハーショルト ジューン・ラング スリム・サマーヴィル マイケル・ウェーレン
1935年

街の花嫁

  • 1935年
  • 出演(Miss_Mansfield 役)

「痴人の愛」「国境の町」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、ヒュバート・ヘンリー・デーヴィス作の舞台劇に基づき、「夫の日記」「愛の岐路」のチャールズ・ケニヨンが改作して脚色し、「生活と恋愛」「スウィート・ミュージック」のアルフレッド・E・グリーンが監督に当たり、「生活と恋愛」「泰西快盗伝」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影した。助演者は英国の舞台俳優でラインハルトの「真夏の夜の夢」の為に招かれたアイアン・ハンターを始め、「フランケンシュタインの花嫁」のコリン・クライヴ、「虚栄の市(1935)」のアリソン・スキップワース、「お嬢様大行進」のジョン・エルドレッジ、「愛の岐路」のフィリップ・リード、「砲煙と薔薇」のキャサリン・アレクサンダー、「台風」のヘレン・ジェローム・エディー等である。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ベティ・デイヴィス イアン・ハンター コリン・クライヴ アリソン・スキップワース
1934年

台風

  • 1934年
  • 出演(Celeste 役)

「永遠に微笑む」「夫婦戦線」のノーマ・シアラーが「舗道の雨」「夫婦戦線」のロバート・モンゴメリーを相手に主演する映画で「恐怖の四人」「旅客機の怪盗」のハーバート・マーシャルおよび映画初出演の英国劇団の大女優パトリック・キャンベル夫人が共演する。原作は「グランド・ホテル」の監督者エドモンド・グールディングが書き下ろして自ら脚色監督に当たり、キャメラは「舗道の雨」「宝島(1934)」のレイ・ジェーンがクランクしている。助演者は「ママはパパが好き」の故リリアン・タッシュマン、「不思議の国のアリス(1933)」のスキーツ・ギャラガー、「永遠に微笑む」のラルフ・フォーブス、「恋をしましょう(1933)」のアーサー・ジャレット、「側面の男」のヘレン・ジェローム・エディー「明日の太陽」のジョージ・K・アーサー、そのほかである。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
ノーマ・シアラー ロバート・モンゴメリー ハーバート・マーシャル パトリック・キャンベル夫人
1933年

ブルースを唄う女

  • 1933年
  • 出演(Miss_Spaulding 役)

「暴君ネロ(1932)」「三角の月」のクローデット・コルベールが主演する映画でグレイス・パーキンスの原作を「異国の母」のレイノーア・コッフィーと「シナラ」のリン・スターリングが共同脚色し、「419号室の女」「真夜の怪紳士」と同じくアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督し、「暴風と処女」のカール・ストラッスが撮影している。助演者は「肉体」のリカルド・コルテス、「お仰いましたわネ」のデビィッド・マナース、「三角の月」のリダ・ロバーティ、「坊やはお休み」のベビイ・レロイ、チャーリー・グレイプウィン、アルバート・コンティなどである。

監督
アレクサンダー・ホール ジョージ・サムンズ
出演キャスト
クローデット・コルベール リカルド・コルテス デイヴィッド・マナース リダ・ロバーティ

キャバレエの鍵穴

  • 1933年
  • 出演(Esther 役)

「バワリイ」に次ぐ20世紀映画社作品でニューヨークデイリー・ミラー紙の記者で醜聞暴露で人気あるウォルター・ウィンチェルが書いた物語を、「一千万ドルの醜聞」「暗夜行路」と同じくジーン・タウンとグレアム・ベイカーが共同脚色し、「お仰いましたわネ」「栄光のハリウッド」のローウェル・シャーマンが監督にあたった。出演者は「米国の暴露」「一千万ドルの醜聞」のコンスタンス・カミングス、エイブ・ライマン・ジャズ管絃団のクルーナーたるラス・コロンボ、舞台からの新人ポール・ケリーが主なるもので、ナイトクラブ女将として悪名を挙げた故テキサス・ガイナンを始め、ブロッサム・シーリー、フランセス・ウィリアムス、エディー・フォイ・ジューニア等のボロードウェイの人気芸人連が助演するほか「妾は天使じゃない」「六百万交響楽」のグレゴリー・ラトフ、「蒼白いまぶた」「コンゴ」のC・ヘンリー・ゴードン、ヒュー・オコネル、ヘレン・ジェローム・エディー等が顔を見せる。カメラは「バワリイ」のバーネー・マルギルで、舞踏振り付けはジャック・ハスケルの担当である。

監督
ローウェル・シャーマン
出演キャスト
コンスタンス・カミングス ラス・コロンボ ポール・ケリー ブロッサム・シーリー

仮面の男(1933)

  • 1933年
  • 出演(Robbins 役)

「人類の戦士」「シナラ」に次ぐコナンド・コールマン主演映画で、キャサリン・セシル・サーストン作の小説に基づくジョン・ハンター・ブースの舞台劇を映画化したもの。脚色には「シマロン(1931)」「満豪龍騎隊」のハワード・エスタブルックが当たり、「地下の雷鳴」のリチャード・ウォーレスが監督した。撮影は「カンターの闘牛師」「劇場王ブラウン」のグレッグ・トーランドの担任。助演者は「暴君ネロ(1932)」「地下特急」のエリッサ・ランディ、「悪魔と深海」「借りた人生」のジュリエット・コンプトン、ハリウェル・ホッブス、デヴィッド・トレンス、ヘレン・ジェローム・エディー等である。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ロナルド・コールマン エリッサ・ランディ ジュリエット・コンプトン ハリウェル・ホッブス
1932年

六月十三日の夜

  • 1932年
  • 出演(Martha_Blake 役)

ヴェラ・キャスパリーが書卸した原作を「空の花嫁」のアグネス・ブランド・リー、「歓呼の涯」のウィリアム・スレイヴンス・マクナット及びブライアン。・マーロウが脚色 し、「空の花嫁」「歓呼の涯」のスティヴン・ロバーツが監督した映画。主役には「上海特急」「二十四時間」のクライヴ・ブルックが選ばれ、「噂の姫君」のライラ・リー、「七万人の目撃者」「その夜」のチャールズ・ラグルズ「鉄窓と花束」「小間使(1931)」のシーン・レイモンド、「夫を殺すまで」「令女学」のフランセス・ディー、「我等は楽しく地獄へ行く」のエイドリアン・アレン、「小間使(1931)」のメアリー・ボーランド、「歓呼の涯」のビリー・バッツ、「スーキー」のヘレン・ジェローム、・エディー、ヘレン・ウェーア、等が助演している。カメラは「歓呼の涯」「めくらの鼠」のハリー・フィッシュベック。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
クライヴ・ブルック ライラ・リー チャールズ・ラグルズ ジーン・レイモンド

待ちかねる処女

  • 1932年
  • 出演(Mrs._Gillman 役)

「蹴球大学」と同じくリュウ・エイヤースが主演する映画で、ドナルド・ヘンダーソン・クラーク作の同盟の小説を「蹴球大学」のリチャード・スカイヤーとウィニフレッド・ダンっが共同して脚色し、「ウォタルウ橋」「フランケンシュタイン(1931)」のジェームズ・ホエールが監督、アーサー・エディソンが撮影した。主役を助けて「ウォタルウ橋」「フランケンシュタイン(1931)」のメイ・クラーク「陽炎の春」「バットはささやく」のユーナ・マークル、「蹴球大学」のアンディー・デヴァイン、「大西洋横断」のジョン・ハリディが出演するほか、「スーキー」のオスカ・アッフェル及びヘレン・ジェローム・エディー、エセル・グリフィス、バート・ローチ、アーサー・ホイトが助演する。

監督
ジェームズ・ホエール
出演キャスト
ルー・エイヤース メイ・クラーク ウナ・マーケル ジョン・ハリデイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ヘレン・ジェローム・エディー

ムービーウォーカー 上へ戻る