映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・フィッツモーリス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1936年 まで合計38映画作品)

1936年

暁の爆撃隊

  • 1936年当年公開
  • 監督

「妻と女秘書」「支那海」のジーン・ハーロウが「人妻の戒律」「青春の抗議」のフランチョット・トーンと「男装」「アメリカの恐怖」のケーリー・グラントを相手に主演する映画で、ハーバート・ゴーマン作の小説に基づいてドロシー・パーカー、アラン・キャンベル、ホレース・ジャクスン、レノア・コフィーの4名が脚本を協力執筆し、「極地の青春」のジョージ・フイッツモーリーが監督にあたり、「妻と女秘書」のレイ・ジューンが撮影した。助演者は「人妻の戒律」のルイス・ストーン、「武器なき戦い」のベニタ・ヒューム、「大鴉」のイネズ・コートニー、レジナルド・メイスン等の面々である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ジーン・ハーロウ フランチョット・トーン ケーリー・グラント ルイス・ストーン

極地の青春

  • 1936年当年公開
  • 監督

「男子禁制」「結婚十分前」のロバート・ンゴメリーと「諾?否?」「妻と女秘書」のマーナ・ローイが主演する映画で、マーク・リード作の舞台劇をハロルド・ゴードマンが脚色し「マタ・ハリ」「お気に召すまま(1932)」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「青春の抗議」「最初の接吻」のアーネスト・ホーラーが撮影したもの。助演者は「ローズ・マリイ(1936)」「野性の叫び(1935)」のレジナルド・オーウェンを始め、オットー山岡、ジョージ・ハッセル、アイリス山岡、フォーレスター・ハーヴェイ等の面々である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー マーナ・ローイ レジナルド・オーウェン オットー・ヤマオカ
1932年

お気に召すまま(1932)

  • 1932年当年公開
  • 監督

「スザン・レノックス」「マタ・ハリ」に次ぐグレタ・ガルボ主演映画で、イタリア文豪ルイジ・ピランデルロ作の戯曲のトーキー化である。「インスピレーション」「ブロードウェイの西」のジーン・マーキーが改作して詞を書き、「マタ・ハリ」「国際盗賊ホテル」のジョージ・フィッツモーリスが監督に当たり、「マタ・ハリ」「スザン・レノックス」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演者は「翼破れて」のメルヴィン・ダグラス、「グレイト・ガッポ」「スパイ(1930)」のエリッヒ・フォン・シュトロハイム、「陽気な後家さん」「影を持つ女」のオーエン・ムーア、「青空狂想曲」「ブロードウェイの西」のヘッダ・ホッパー、「紳士酒場」のウィリアム・リシャルディ、ラファエラ・オッティアノ、アルバート・コンティ等である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
グレタ・ガルボ メルヴィン・ダグラス エリッヒ・フォン・シュトロハイム オーエン・ムーア

マタ・ハリ(1932)

  • 1932年当年公開
  • 監督

「ロマンス」「インスピレーション」と同様グレタ・ガルボ主演の映画で「明暗二人女」「乗合馬車」のベンジァミン・グレイザーと「ゴンドラの歌」のレオ・ビリンスキが共同で組み立てた脚本により「国際盗賊ホテル」「放浪息子」のジョージ・フィッツモーリスが監督したもの。ドリス・アンダーソンとギルバート・エメリーが台詞付加の任にあたり、撮影は「インスピレーション」「緑の処女地」のウィリアム・ダニエルスが担当。主演者を助けて「印度の寵児」のラモン・ノヴァロ、「秘密の6」のルイス・ストーン、C・ヘンリー・ゴードン「インスピレーション」のカレン・モーリー等が登場する。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
グレタ・ガルボ ラモン・ノヴァロ ライオネル・バリモア ルイス・ストーン
1931年

仮染の唇(1931)

  • 1931年当年公開
  • 監督

「結婚双紙」と同じくウルスラ・パロットの手になる小説を原作とする映画で脚色も前記映画と同じくジョン・ミーハン、監督には「天国の一夜」「壁の中の声」のジョージ・フィッツモーリスがあたり、撮影は「緑の処女地」「モンタナの月」のウィリアム・ダニエルスが担任した。主なる出演者は「結婚双紙」「陽気なママさん」のノーマ・シアラーを始め、「ビッグ・ハウス」「結婚双紙」のロバート・モンゴメリー、「暁の偵察」「猫は這い寄る」のニール・ハミルトン、「惨劇の波止場」のマージョリー・ランボー、コンチタ・モンテネグロ等々である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ノーマ・シアラー ロバート・モンゴメリー ニール・ハミルトン マージョリー・ランボー

国際盗賊ホテル

  • 1931年当年公開
  • 監督

「放蕩息子」「怪紳士」と同じくロナルド・コールマンが主演する映画で、「グレイト・ガッポ」「河宿の夜」のベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが共同で特に物語を書き下ろし「天国の一夜」「仮染の唇」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「放蕩息子」のグレッグ・トーランドとジョージ・バーンズが撮影した。助演者は「無冠の帝王」「大飛行船」のフェイ・レイ、「リリオム」のエステル・テイラー、タリー・マーシャル、ウォーレン・ハイマー、ウルリッヒ。ハウプト、ローレンス・グラント等である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン フェイ・レイ エステル・テイラー タリー・マーシャル

天国の一夜

  • 1931年当年公開
  • 監督

ライト・オペラのスターとして知られているイヴリン・レイと「母性」「リオ・リタ」のジョン・ボールズとが共演する映画。ルイス・ブロムフィールドの筆になる原作から「怪紳士」「新版結婚読本」のシドニー・ハワードが脚色し「激流恋をのせて」「愛欲の人魚」のジョージ・フィッツモーリスがメガフォンをとり、「怪紳士」と同じくジョージ・バーンズとグレッグ・トーランドの両人が撮影を受け持った。助演者は「悪魔が跳び出す」のリリアン・タッシュマン、「脱線泥棒」のレオン・エロール、ヒュー・キャメロン、マリアン・ロード、ライオネル・ベルモアその他である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
イヴリン・レイ ジョン・ボールズ レオン・エロール リリアン・タッシュマン
1930年

放蕩息子

  • 1930年当年公開
  • 監督

「曵かれゆく男」「怪紳士」と同じくロナルド・コールマンの主演する映画で、原作はフレデリック・ロンスデールの筆になるもの、それを「乗合馬車」「躍る人生」のベンジャミン・グレイザーが脚色し、「奔流恋を乗せて」「天国の一夜」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「陽気な後家さん」「天国の一夜」のジョージ・バーンズと「フービー」「怪紳士」のグレッグ・トーランドの二人が撮影した。助演者の顔ぶれは「繁昌娘」「キスメット(1930)」のロレッタ・ヤング、フローレンス・ブリットン、フレデリック・カー、「霊と肉」「愉快な武士道」のマーナ・ローイ、デイヴィッド・トーレンスなどである。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン ロレッタ・ヤング フローレンス・ブリットン フレデリック・カー

やくざ者(1930)

  • 1930年当年公開
  • 監督

「エヴァンジェリン(1929)」「黄金の世界へ」のドロレスン・デル・リオの主演映画である。ジョン・ファーロウの原作を「目覚め」「ベン・ハー(1926)」のケイリー・ウィルソンと「ラグビー時代」のハワード・エメット・ロジャースが脚色し台詞を付し、「激流恋をのせて」「愛欲の人魚」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「じゃじゃ馬馴らし(1929)」「コケット」のカール・ストラッスが撮影したもので、「藪睨みの世界」「悪に咲く華」のエドモンド・ロウ「リオ・リタ」「巴里のアパッシュ」のドン・アルヴァラド、「鉄仮面」のウルリッヒ・ハウプト、ブランシュ・フレデリシ、エイドリアン・ダンブリクール、ミッチェル・ルイス、ラルフ・ルイス、ジョージ・フォーセット、ヨーラ・ダヴリルその他が助演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ドロレス・デル・リオ エドモンド・ロウ ドン・アルヴァラド ブランシュ・フレデリシ

ラッフルズ

  • 1930年当年公開
  • 監督

米国の探偵小説家E・W・ホーナング作の短編集を基として「ブルドッグ・ドラモンド」のシドニー・ハワードが脚本を組み立て「愛欲の人魚」「彼の捕えし女」のジョージ・フィッツモーリスが監督しジョージ・バーンズ、グレッグ・トーランドが撮影にあたった映画で、主演者は「ブルドッグ・ドラモンド」「海のロマンス」のロナルド・コールマン。助演者は「戦争と貞操」のケイ・フランシス、その他ブラムウェル・フレッチャー、フランセス・デード、デイヴィッド・トーレンスなどである。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン ケイ・フランシス ブラムウェル・フレッチャー フランセス・デード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・フィッツモーリス