映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・キリー

年代別 映画作品( 1935年 ~ 1951年 まで合計4映画作品)

1951年

ネヴァダ男

  • 1951年4月3日(火)公開
  • 監督

西部小説家ゼーン・グレイの同名小説から「拳銃街道」のノーマン・ヒューストンが脚色、助監督出身のエドワード・キリーが監督した1944年西部劇で、製作はハーマン・シュロム。撮影は「ターザン砂漠へ行く」のハリー・J・ワイルド、音楽は「罠(1949)」のC・バカライニコフ。「追跡(1947)」のロバート・ミッチャム、「芸人ホテル」のアン・ジェフリーズを中心にギン“ビッグボウイ”ウィリアムズ、ナンシー・ゲイツらが共演する。

監督
エドワード・キリー
出演キャスト
ロバート・ミッチャム アン・ジェフリーズ グィン・ウィリアムス ナンシー・ゲイツ
1936年

探偵合戦

  • 1936年当年公開
  • 監督

「一対二」「ビック・ゲーム」のジェームズ・グリースンと「有頂天時代」「靴を脱いだ女」のヘレン・ブロデリックが主演する映画で、スチュアート・パーマー作の探偵小説に基づき「乙女よ嘆くな」「森の勇者」のドロシー・ヨーストがトーマス・レノン、エドモンド・ノースおよびジェームス・ゴウと協力して脚本を書き、「森の勇者」と同じくエドワード・キリーとウィリアム・ハミルトンが協同監督し、「大空地獄」「うるさき人々」のニコラス・ミュスラカが撮影したもの。助演者H「我家の誇り」のルイズ・レティマー、「西部戦線異状なし」のオウエン・デービス・ジュニア、「ビック・ゲーム」のジョン・アーレッジ歌手だったジョン・キャロル、「深夜の星」のレスリー・フェントン、「オペラ・ハット」のクリスチャン・ラップ、「五十六番街の家」のシーラ・テリー、「アリゾニアン」のウィリー・ベスト等の面々である。

監督
エドワード・キリー ウィリアム・ハミルトン
出演キャスト
ジェームズ・グリースン ヘレン・ブロデリック ルイズ・レティマー オーウェン・デイヴィス・ジュニア

大試合

  • 1936年当年公開
  • 蹴球場面監督

新顔のフィリップ・ヒューストン、「一対二」「空の軍隊」のジェームズ・グリーン、「無限の青空」のジューン・トラヴィス、「激怒(1936)」「情無用ッ」のブルース・キャボット、「東への道」「全米軍」のアンディ・ディヴァインが共演する映画で、フランシス・ウォーレスの原作をアーウィン・ショウが脚色し、「大帝の密使」「紅雀」のジョージ・ニコルズ・ジュニアが監督に当たり、ハリー・J・ワイルドが撮影したもの。但し蹴球場面はエドワード・キリーが監督している。助演は「進め龍騎兵」のC・ヘンリー・ゴードン、「硝煙牧場」のグィン・ウィリアムス、「大学の人気者」のジョン・アーレッジで、その他1935年度の全米軍選手8名が特別出演している。

監督
ジョージ・ニコルズ・ジュニア
出演キャスト
フィリップ・ヒューストン ジェームズ・グリースン ジューン・トラヴィス ブルース・キャボット
1935年

森の勇者

  • 1935年当年公開
  • 監督

「紅雀」「さらば海軍兵学校」のトム・ブラウンと「少年ドン・キホーテ」「永遠に愛せよ」のヴァージニア・ワイドラー及び映画初出演のキャロル・ストーン(フレッド・ストーンの娘)が主演する映画で、ジーン・ストラットン・ポーター作の小説を「フランダースの犬(1935)」のドロシー・ヨーストが脚色し、編集者だったウィリアム・ハミルトンがエドワード・キリーと協力して監督に当たり「乙女よ嘆くな」「心の痛手」のロバート・デ・グラスが撮影した。助演者は「ロスチャイルド」のラムスデン・ヘーア、ドロシー・ピーターソン、のアディスン・リチャーズ、ジェームズ・ブッシュその他の面々である。

監督
エドワード・キリー ウィリアム・ハミルトン
出演キャスト
トム・ブラウン ヴァージニア・ワイドラー キャロル・ストーン ラムスデン・ヘーア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・キリー