映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・コソフ

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1965年 まで合計12映画作品)

1965年

BM15必死の潜行

  • 1965年4月27日(火)公開
  • 出演(Peter Kroger 役)

実話にもとづいてフランク・ローンダーとピーター・バーンズが脚色、TVのロバート・トロンソンが監督したスパイ・ドラマ。撮影はアーサー・レービスが担当した。出演は「007/危機一発」のバーナード・リー、「怪獣ゴルゴ」のウィリアム・シルベスター、「フロイド」のデイヴィッド・コソフ、ほかにマーガレット・タイザック、ナンシー・ネヴィンソンなど。製作は「絶壁の彼方に」のレスリー・ギリアット。

監督
ロバート・トロンソン
出演キャスト
バーナード・リー ウィリアム・シルベスター マーガレット・タイザック デイヴィッド・コソフ
1964年

フロイド 隠された欲望

  • 1964年2月15日(土)公開
  • 出演(Jacob 役)

チャールズ・カウフマンの原案を彼とウォルフガング・ラインハルトが脚本を執筆、「許されざる者(1960)」のジョン・ヒューストンが監督した精神分析ドラマ。撮影はダグラス・スローカム、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演者は「荒馬と女」のモンゴメリー・クリフト、「女になる季節」のスザンナ・ヨークなど。

監督
ジョン・ヒューストン
出演キャスト
モンゴメリー・クリフト スザンナ・ヨーク ラリー・パークス スーザン・コーナー
1961年

ジキル博士の二つの顔

  • 1961年7月22日(土)公開
  • 出演(Litauer 役)

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの原作をウォルフ・マンコウィッツが脚色し「吸血鬼ドラキュラ」のテレンス・フィッシャーが監督した怪奇映画。撮影を受けもったのはジャック・アシャー。音楽担当はジョン・ホリングスワース。出演しているのは「サファイア」のポール・マッシー、ドーン・アダムス、クリストファー・リー、デイヴィッド・コソフなど。製作はマイケル・カレラス。イーストマンカラー・メガスコープ。

監督
テレンス・フィッシャー
出演キャスト
ポール・マッシー ドーン・アダムス クリストファー・リー デイヴィッド・コソフ
1960年

戦塵未だ消えず

  • 1960年当年公開
  • 出演(The Rabbi 役)

修道尼を主人公にした反戦メロドラマ。製作・監督のコンビ、ベティ・E・ボックス女史とラルフ・トーマスの十八番目の作品。脚本はロバート・プレスネル二世。撮影はアーネスト・スチュワード、音楽はアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ。出演は「僕はご免だ」のリリー・パルマー、「香港定期船」のシルヴィア・シムズ、「サファイア」のイヴォンヌ・ミッチェルのほか、ロナルド・ルイス、アルバート・リーヴェン、ピーター・アーンら。

監督
ラルフ・トーマス
出演キャスト
リリー・パルマー シルヴィア・シムズ イヴォンヌ・ミッチェル ロナルド・ルイス
1959年

  • 1959年2月11日(水)公開
  • 出演(Mr.Avron 役)

「追想」のアナトール・リトヴァク監督が、ジョージ・タボリの脚本によって作りあげたハンガリー動乱を背景とするドラマ。撮影は「戦場にかける橋」のジャック・ヒルドヤードが担当している。出演するのは「カラマゾフの兄弟」のユル・ブリンナー、「悲しみよこんにちは」のデボラ・カー、「奥様ご用心」のアヌーク・エーメ、ロバート・モーリー、カート・カズナー、アン・ジャクソン、ジェイソン・ロバーズ等。製作アナトール・リトヴァク。

監督
アナトール・リトヴァク
出演キャスト
デボラ・カー ユル・ブリンナー ロバート・モーレイ デイヴィッド・コソフ
1958年

無分別

  • 1958年11月1日(土)公開
  • 出演(Carl_Banks 役)

「よろめき休暇」「パリの恋人」のスタンリー・ドーネン監督が、「歓びの街角」のノーマン・クラスナが自作舞台劇から脚色したシナリオによって作った恋愛喜劇。撮影監督は「炎の人ゴッホ」のフレディ・ヤング。音楽はリチャード・ベネットとケン・ジョーンズ。主題歌“無分別”をサミー・カーンとジェームズ・ヴァン・ヒューゼンのチームが作詞作曲している。ロケおよびセット撮影はロンドンで行なわれた。主演は「汚名」以来12年ぶりに「よろめき休暇」のケーリー・グラントと「追想」のイングリッド・バーグマンが共演。その他「マダムと泥棒」のセシル・パーカー、「ロマンス・ライン」のデイヴィッド・コソフ、フィリス・カルヴァート等の英国俳優陣が出演する。製作はドーネン自身。

監督
スタンリー・ドーネン
出演キャスト
ケーリー・グラント イングリッド・バーグマン セシル・パーカー フィリス・カルヴァート
1957年

仮面の追撃

  • 1957年5月1日(水)公開
  • 出演(Van de Heide 役)

アメリカの中堅探偵作家スターリング・ノエルの原作『パリを襲う』を俳優出身のブライアン・フォーブスと新進ロバート・バックナーが脚色、「大いなる遺産」「三文オペラ」などの撮影者ガイ・グリーンが監督したスリラー篇。撮影は「撃滅戦車隊三〇〇〇粁」のハリー・ワックスマン。音楽はヒューバート・クリフォード。主演は「黒い天幕」のマイケル・クレイグ、「ラプソディ」のバーバラ・ベイツ、オーストリア生れの新人ジュリア・アーノール。助演陣は「文なし横丁の人々」のブレンダ・デ・バンジー、デイヴィッド・コソフなど。ジュリアン・ウィントル・プロ製作によるテクニカラー、一九五六年作品。

監督
ガイ・グリーン
出演キャスト
マイケル・クレイグ ジュリア・アーノール ブレンダ・デ・バンジー バーバラ・ベイツ

外套

  • 1957年2月28日(木)公開
  • 出演(Mollie 役)

「文なし横丁の人々」の原作者ウォルフ・マンコウィッツの脚本を、プロデューサー助手から上ったジャック・クレイトンが製作・監督した、一着の外套をめぐる二人の老人の夢と現実の物語である。音楽は「ノートルダムのせむし男」のジョルジュ・オーリック。主演は「文なし横丁の人々」のデイヴィッド・コソフとアルフィー・バスの老人二人。一九五五年度ヴェニス映画祭受賞。

監督
ジャック・クレイトン
出演キャスト
デイヴィッド・コソフ アルフィー・バス
1956年

ロマンス・ライン

  • 1956年12月29日(土)公開
  • 出演(Dubratz 役)

「海の征服者」のベン・ヘクトのオリジナル・シナリオから、「潜水戦隊帰投せず」のラルフ・トーマスが監督し、同じくアーネスト・スチュワードが撮影、ベンジャミン・フランケルが音楽を担当した。主演は「エディ・フォイ物語」のボブ・ホープ、「旅情」のキャサリン・ヘップバーン。他に「白鯨」のジェームズ・ロバートソン・ジャスティスなど。ベティ・E・ボックス製作、テクニカラー、一九五六年作品。

監督
ラルフ・トーマス
出演キャスト
ボブ・ホープ キャサリン・ヘップバーン ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス ロバート・ヘルプマン
1955年

魔人スヴェンガリ

  • 1955年12月14日(水)公開
  • 出演(Gecko 役)

魔力を持つ男スヴェンガリと、その虜になった女トリルビィの交渉を描いたジョルジュ・デュ・モーリア原作の三度目の映画化。「裸の島」のノエル・ラングリーが脚色・監督し、「断固戦う人々」のウィルキー・クーパーが撮影を、「春風と百万紙幣」のウィリアム・オルウィンが音楽を、夫夫担当した。・音楽指揮は「島のならず者」のミューア・マシーソン。主な出演者は「二つの世界の男」のヒルデガード・ネフ(ヒルデガルド・クネフ)、英劇壇の俳優ドナルド・ウォルフィット、「艦長ホレーショ」のテレンス・モーガン、デレク・ボンド、ポール・ロジャースなど。英ジョージ・ミンター・プロ製作。

監督
ノエル・ラングリー
出演キャスト
ヒルデガード・ネフ ドナルド・ウォルフィット テレンス・モーガン デレク・ボンド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・コソフ