映画-Movie Walker > 人物を探す > ミルドレッド・ハリス

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1930年 まで合計16映画作品)

1930年

浮気成金

  • 1930年
  • 出演(Betty 役)

紐育ブロードウェイで当りをとった喜歌劇「ノー・ノー・ナネット」を映画化したものでオット・ハーバッハ氏、フランク・マンデル氏、ヴィンセント・ユーマンス氏、エミル・ナイトレイ氏、アーヴィング・シーザー氏合作の舞台上演台本から「ラグビー時代」のハワード・エメット・ロジャース氏が脚色し、「三週間」「赤い髪」のクラレンス・G・バッジャー氏が監督し、「愛欲の人魚」「高速度娘恋愛合戦」のソル・ポリート氏が撮影した。主演を演ずるのは喜歌劇界に名を知られたバーニス・クレヤー嬢及び「恋の花園」のアレクサンダー・グレイ氏で「尖端一目惚れ」のルイズ・ファゼンダ嬢、「恋の大分水嶺」のルシアン・リトルフィールド氏、「悪魔の日曜日」のザス・ピッツ嬢、「恋愛運動場」のリリアン・タッシュマン嬢、ミルドレッド・ハリス嬢、ジョスリン・リー嬢、バート・ローチ氏等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
アレクサンダー・グレイ バーニス・クレヤー ルイズ・ファゼンダ ルシアン・リトルフィールド
1929年

導火線(1929)

  • 1929年
  • 出演(Bunny 役)

「カナリヤ殺人事件」「艦隊入港」のマルコム・セント・クレアしがR・K・O社へ入社第一回作品で、同氏と「海の野獣」に出演のジョージ・オーハラ氏とがストリーを合作し「ボー・ジェスト(1927)」「神我に二十銭を賜う」のジョン・ラッセル氏が脚色したもの。主役を演ずるのは「マンダレイの道」のオーウェン・ムーア氏「コケット」のマット・ムーア氏「シンデレラ物語」のトム・ムーア氏の3兄弟、ほかに「拳闘修羅士」のキャサリーン・ペリイ嬢、フランク・シュリダン氏、エマ・ダン夫人、アーサー・ハウスマン氏、ミルドレッド・ハリス嬢等が出演している。キャメラは「フラ」のウィリアム・C・マーシャル氏とニコラス・ミュスラカ氏が担任。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
トム・ムーア マット・ムーア オーエン・ムーア キャサリン・ペリー
1928年

踊子気質

  • 1928年
  • 出演(Florine 役)

「アメリカ美人」「断想悲曲」などと同じくビリー・ダヴ嬢主演映画で、アデラ・ロジャース・セント・ジョン女史の原作をジェラルド・C・ダフィー氏が脚色し、チャールズ・ローグ氏が脚本化、「獄中日記」「痛ましの親心」のジョン・フランシス・ディロン氏が監督したもので、相手役は「恋せよ乙女」「燃ゆる青春」出演のラリー・ケント氏と「楽園に帰る(1928)」「舷々相摩す」出演のローウェル・シャーマン氏が演じ、ミルドレッド・ハリス嬢、クラリッサ・セルウィン嬢も出演している。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ビリー・ダヴ ラリー・ケント ローウェル・シャーマン クラリッサ・セルウィン

渦巻く都会

  • 1928年
  • 出演(Marie 役)

「闇を行く」「空の王者」と同じくフランク・キャプラ氏の監督したもので原作はフレデリック・A・トンプソン氏、脚色は「熱沙果つるところ」「幸運の星」のソニア・レヴィーン女史。主役を演ずるのは「彼と女優」「愛すればこそ(1929)」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアで「つばさ」のジョビナ・ラルストン嬢、「導火線」のミルドレッド・ハリス嬢、「医者の秘密」のロバート・エディソン氏、ウィーラー・オークマン氏、フィロ・マッカロー氏等が助演している。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア ジョビナ・ラルストン ミルドレッド・ハリス フィロ・マッカロー
1925年

さすらいの人々

  • 1925年
  • 出演(Chita 役)

J・K・マクドナルド氏作の小説を基として「王様万歳」等を監督したヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督製作した人情活劇である。「女房征服」「売られ行く魂」等出演のメイ・ブッシュ嬢と「海行く恋」「包囲の中に」等出演のユージーン・オブライエン氏とが主演し「いとしの我児」「子供の世界」等主演のベン・アレクサンダー君が可憐な所を見せ、その他トム・サンチ氏、ミルドレッド・ハリス嬢、ミッチェル・ルイス氏等が助演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ユージーン・オブライエン メイ・ブッシュ ベン・アレクサンダー トム・サンチ

巨星燦たり

  • 1925年
  • 出演(Claire_Bowdoin 役)

ローレンス・マーストン氏が書卸した脚本に基き「星の歌」と同じくホイットマン・ベネット氏が監督したもので「俺が犯人だ!(1924)」「目醒めよ女性」出演のライオネル・バリモア氏が主演し相手役は「湖畔の思い出」「突貫突貫」等出演のミルドレッド・ハリス嬢でその他仏国舞台女優イソベル・ド・レオン嬢、イギリス舞台女優ウィニフレッド・バリー嬢等も出演する。

監督
ウィットマン・ベネット
出演キャスト
ライオネル・バリモア ミルドレッド・ハリス ウィニフレッド・バリー Dorothy Kingdon
1924年

突貫!突貫!

  • 1924年
  • 出演(Evelyn_Pendroy 役)

リチャード・タルマッジ氏がエフ・ビー・オー入社後第2回目の作品で「青春と冒険」はこのさとで作られたものである。原作脚色はフランク・ハワード・クラーク氏の手になり、監督は「青春と冒険」「死をも恐れず」と同じくジェームズ・W・ホーン氏の手になったもの・相手役はチャップリン氏の先妻ミルドレッド・ハリス嬢である。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
リチャード・タルマッジ ミルドレッド・ハリス Norval McGregor ブリンスリー・ショウ

砂漠の星影

  • 1924年
  • 出演(Gillian_Locke 役)

「シーク」の原作者として知られているエディス・M・ハル夫人の小説に基づきフレデリック・ハットン氏とファニー・ハットン女史が脚色し「嵐の娘(1949)」「自由結婚」等と同じくジォージ・アーチェンボード氏が監督したもので、主役はユニヴァーサルのスターであつたフランク・メイオ氏、「愚か者の楽園」「湖畔の思い出」等出演のミルドレッド・ハリス嬢「メアリー・ゴー・ラウンド」「五番街のモデル」等出演のノーマン・ケリー氏、今エフ・ビー・オーのスターなるエヴェリン・・ブレント嬢等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
フランク・メイオ ミルドレッド・ハリス ノーマン・ケリー バートラム・グラスビー
1923年

湖畔の思い出

  • 1923年
  • 出演(Madelaine_Theddon 役)

ウィリアム・ダドリー・ペリーの小説を、H・H・ヴァン・ローンが書き直し、ウィニフレッド・ダンが脚色して、「青春の夢(1920 Powell)」「爆音千里」等と同じくポール・パウエルが監督した。「若人よ永遠に」「社交界の誘惑」等出演のカレン・ランディスと「愚か者の楽園」等出演のミルドレッド・ハリス等とが主役を勤めている。

監督
ポール・パウエル
出演キャスト
ミルドレッド・ハリス ルイズ・ファゼンダ ルイズ・ドレッサー マージョリー・プレヴォー
1922年

最初の女

  • 1922年
  • 出演(The Girl 役)

ラスキー社からロバートスン・コール社に移ったミルドレッド・ハリスの作品で、グレン・ライオンスの原作および監督によったミステリー・ドラマである。相手役として「死人無言」など出演のパーシー・マーモントが出演する。

監督
グレン・ライオンス
出演キャスト
ミルドレッド・ハリス パーシー・マーモント Lloyd Hammond Donald Blakemore
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミルドレッド・ハリス