TOP > 映画監督・俳優を探す > 石坂紘行

年代別 映画作品( 2014年 ~ 2018年 まで合計4映画作品)

2018年

人魚の眠る家

  • 2018年11月16日(金)
  • サウンドデザイン

娘がプールで溺れ、意識不明になるという突然の悲劇に襲われた夫婦の姿を描く、東野圭吾のベストセラー小説が原作のミステリー。意識不明という状態からの娘の回復を願いつつも、決断を迫られる夫婦を篠原涼子と西島秀俊が演じる。監督はコメディから人間ドラマまで幅広いジャンルを手がける堤幸彦。

監督
堤幸彦
出演キャスト
篠原涼子 西島秀俊 坂口健太郎 川栄李奈
2015年

ボクは坊さん。

  • 2015年10月24日(土)
  • サウンドデザイン

糸井重里が主宰するWEBサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で約7年間にわたって連載された、現役の住職によるエッセイを伊藤淳史主演で映画化。愛媛県今治市を舞台に、お寺の息子として生まれ、24歳で突然、住職となった青年が、慣れぬ毎日に苦悩しながら、幼なじみや大学時代の友人たちとの交流を通して成長していく姿を描く。

監督
真壁幸紀
出演キャスト
伊藤淳史 山本美月 溝端淳平 渡辺大知

ゲキ×シネ「蒼の乱」

  • 2015年5月9日(土)
  • スーパーバイジング・サウンド・エディター

劇団☆新感線の舞台をスクリーンで見せる『ゲキ×シネ』シリーズ第13弾。平安の世を舞台に、時代に翻弄される平将門とその妻・蒼真の姿を描くスペクタクル感あふれるドラマ。将門(=小次郎)役に劇団☆新感線初参加の松山ケンイチ、蒼真役は「薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive」に次いで3回目となる天海祐希が演じる。

監督
中村浩紀
出演キャスト
天海祐希 松山ケンイチ 早乙女太一 梶原善
2014年

ゲキ×シネ ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII

  • 2014年3月29日(土)
  • スーパーバイジング・サウンド・エディター

劇団☆新感線の舞台をスクリーンで見せる試みを続ける『ゲキ×シネ』シリーズ。第12弾は、看板俳優の古田新太が世紀の大泥棒、石川五右衛門に扮する人気シリーズ「五右衛門ロック」の第3作。空海の秘宝を巡り、堺の豪商に豊臣秀吉、海外の公爵夫人を巻き込んでの騒動が描かれる。三浦春馬、蒼井優といった新感線初出演組に注目だ。

監督
渡部武彦 芳谷研
出演キャスト
古田新太 三浦春馬 蒼井優 浦井健治

石坂紘行の関連人物

右近健一  保坂エマ  吉田メタル  中谷さとみ  礒野慎吾 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 石坂紘行

ムービーウォーカー 上へ戻る