TOP > 映画監督・俳優を探す > ラウル・ラヴィスタ

年代別 映画作品( 1952年 ~ 2017年 まで合計13映画作品)

2017年

砂漠のシモン

  • 2017年12月23日(土)
  • 音楽

ルイス・ブニュエル監督の通算26作目となる作品。砂漠にそびえ立つ柱の上で、レタスだけを食べ日々神に祈りを捧げているシモン。悪魔の誘惑をはね除けながら6年6週と6日もの間修行に励む彼は、一段と高い別の柱に移り新たに修行を開始する。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ルイス・ブニュエル 脚本:フリオ・アレハンドロ 撮影:ガブリエル・フィゲロア 音楽:ラウル・ラヴィスタ 出演:クラウディオ・ブルック/シルビア・ピナル/エンリケ・アルバレス・フェリックス

監督
ルイス・ブニュエル
出演キャスト
クラウディオ・ブルック シルヴィア・ピナル エンリケ・アルバレス・フェリックス
1981年

皆殺しの天使

  • 1981年8月1日(土)
  • 音楽

ある邸に集まった数十名の上流階級の紳士淑女が目に見えぬ力に操られてその邸から外に出られなくなるというシュールな現象を描く。製作はグスタボ・アラトリステ、監督・脚本は「自由の幻想」のルイス・ブニュエル、原案はブニュエルとルイス・アルコリサ、撮影はガブリエル・フィゲロア、音楽はラウル・ラヴィスタ、編集はカルロス・サヴァヘ、美術はヘスス・ブラーチョ、衣裳はジョルジェット・ソモアーノが各々担当。出演はシルヴィア・ピナル、エンリケ・ランバル、ルシー・ガジャルド、エンリカ・ガルシア・アルバレス、ジャクリース・アンデーレ、ホセ・バビエラ、アウグスト・ベネディコ、ルイス・ベリスタイン、パトリシア・デ・モレロス、クラウディオ・ブルックなど。2017年12月23日よりリバイバル上映(配給:アイ・ヴィー・シー/配給協力:ノーム)。

監督
ルイス・ブニュエル
出演キャスト
シルヴィア・ピナル エンリケ・ランバル ルシー・ガジャルド エンリカ・ガルシア・アルバレス
1962年

ボクは二枚目

  • 1962年3月21日(水)
  • 音楽

「八十日間世界一周」「ペペ」に主演したカンティンフラスが故国メキシコで撮った喜劇。ダニエル・ヒメネスの原作にもとずきハイメ・サルバドールが脚色、台詞を担当した。監督はミゲル・M・デルガド。撮影は「逃亡者」のガブリエル・フィゲロア。音楽はラウル・ラヴィスタ。出演はカンティンフラスのほかに子役ニニヨ・パキト・フェルナンデス、マノラ・サベドラ、ダニエル・エリエロ、メキシコの名ダンサー、エライネ・ブリュッセなど。

監督
ミゲル・M・デルガド
出演キャスト
El Mismo マノラ・サベドラ フロール・シルベストレ ニニヨ・パキト・フェルナンデス
1961年

価値ある男

  • 1961年11月3日(金)
  • 音楽

日本のスター三船敏郎が主演したメキシコ映画。「大砂塵の女」のイスマエル・ロドリゲスが製作・監督を担当している。ロハリオ・バルリガ・リバスの原作をイスマエル・ロドリゲスとビセンテ・オローナが脚色している。撮影はガブリエル・フィゲロア。音楽を受けもっているのはラウル・ラヴィスタ。出演しているのは三船敏郎のほかコルンバ・ドミンゲス、フロール・シルベストレなど。

監督
イスマエル・ロドリゲス
出演キャスト
三船敏郎 コルンバ・ドミンゲス フロール・シルベストレ Titina Romay

暗黒街の罠

  • 1961年6月5日(月)
  • 音楽

犯罪映画。短縮版。オリジナルは83分。監督はリチャード・ウィルソン、製作はルイス・F・ブランバーグ、原作はロバート・シルヴェスター、脚本はジョー・アイシンガー、撮影はリー・ガームズ、音楽はラウル・ラヴィスタ、編集はチャールズ・L・キンボールが担当。出演はエロール・フリン、ペドロ・アルメンダリス、ロッサナ・ローリー、ジア・スカラほか。

監督
リチャード・ウィルソン
出演キャスト
エロール・フリン ペドロ・アルメンダリス ロザンナ・ローリー ジア・スカラ
1959年

サン・ブラスの動乱 大砂塵の女

  • 1959年12月2日(水)
  • 音楽

メキシコ革命に活躍した女闘士ラ・クカラチャを描いたドラマ。イスマエル・ロドリゲス、ホセ・ブラニョス・ブラドと、ホセ・ルイス・セリスの共同脚本をイスマエル・ロドリゲスが監督。撮影は「激怒」のガブリエル・フィゲロア、音楽をラウル・ラヴィスタが担当。出演は「悪の決算」のマリア・フェリクス、「激怒」のペドロ・アルメンダリス、「雷雲」の監督エミリオ・フェルナンデス、ドロレス・デル・リオ、アントニオ・アギラ等。製作イスマエル・ロドリゲス。

監督
イスマエル・ロドリゲス
出演キャスト
マリア・フェリクス ドロレス・デル・リオ エミリオ・フェルナンデス ペドロ・アルメンダリス
1958年

原始怪獣ドラゴドン

  • 1958年12月13日(土)
  • 音楽

「西部を股にかける女」のガイ・マディソンと、パトリシア・メディナを主演にエドワルド・ナサウア監督が作ったメキシコ製怪獣スペクタクル映画。ウィリス・オブライエンの原案にもとづいてロバート・ヒルが脚本を書き、撮影したのはジョージ・スタール、音楽ラウル・ラヴィスタ。他にエドワード・ノリーガ、カルロス・リヴァス、マリオ・ナバロ、パスカル・ガルシア・ペナ、フリオ・ビリャレアル等が出演する。日本公開は日本語発声版で、大平透、緒形敏也等が声の出演をしている。製作ウィリアム及びエドワルド・ナサウア。

監督
エドワルド・ナサウア
出演キャスト
ガイ・マディソン パトリシア・メディナ エドゥアルド・ノリエガ カルロス・リヴァス
1957年

戦う太鼓

  • 1957年7月24日(水)
  • 音楽

西部開拓の英雄ダニエル・ブーンの半生記。トム・ハバードとジャック・パトリックの脚本をNBCテレビの演出家兼作曲家アルバート・C・ガナウェイとイスマエル・ロドリゲスが監督した。撮影はジャック・ドレイパー、作曲、演奏指揮はラウル・ラヴィスタ。主演は「三人のあらくれ者」のブルース・ベネット、「見知らぬ人でなく」のロン・チャニー、ウェスタン歌手ファロン・ヤング、テレビ出身のケン・ディブス、ジャクリーン・エヴァンズ。

監督
アルバート・C・ガナウェイ イスマエル・ロドリゲス
出演キャスト
ブルース・ベネット ロン・チャニー ファロン・ヤング ケン・ディブス
1992年

河と死

  • 1992年4月23日(木)
  • 音楽

長年、対立しあう2つの家庭の争いをコミカルに描くドラマ。監督は「欲望のあいまいな対象」のルイス・ブニュエル、製作はアルマンド・オシーヴェ・アルバ、ミゲル・アルバレス・アコスタの『黒い岩の上の白い壁』の小説を基にブニュエルとルイス・アルコリサが脚本を執筆、撮影はラウル・マルティネス・ソラレス、音楽はラウル・ラヴィスタが担当。

監督
ルイス・ブニュエル
出演キャスト
コルンバ・ドミンゲス ホアキン・コルデロ ミゲル・トルッコ
1987年

嵐が丘(1953)

  • 1987年8月15日(土)
  • 音楽

エミリー・ブロンテの原作を基に男女の狂おしいまでの愛と情熱を描く。製作はオスカル・ダンシヘルスとアベラルド・L・ロドリゲス、監督は「愛なき女」のルイス・ブニュエル。ブロンテの原作をフランス時代にブニュエルとピエール・ユニクが脚本化、それをブニュエル、フリオ・アレハンドロ、アルドゥイノ・マイウリが脚色。撮影はアグスティン・ヒメネス、美術はエドワード・フィッツジェラルド、音楽はラウル・ラヴィスタでリヒャルト・ワグナーの「トリスタンとイゾルデ」を使用。出演はイラセマ・ディリアンほか。

監督
ルイス・ブニュエル
出演キャスト
イラセマ・ディリアン ホルヘ・ミストラル リリア・プラド エルネスト・アロンソ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ラウル・ラヴィスタ

ムービーウォーカー 上へ戻る