TOP > 人物を探す > ハーランド・タッカー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1937年 まで合計4映画作品)

1937年

倒れるまで

  • 1937年
  • 出演(Gunman 役)

「弾丸か投票か」「俺は善人だ」のエドワード・G・ロビンソンと「札つき女」「化石の森」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、フランシス・ウォーレス作の大衆小説を「弾丸か投票か」「Gメン」のシートン・I・ミラーが脚色し、「進め龍騎兵」「海賊ブラッド」のマイケル・カーティズが監督に当たり、「大森林」「科学者の道」のガエタノ・ゴーディオが撮影したもの。助演者は「札つき女」「化石の森」のハンフリー・ボガートを始め、「太平洋横断機」のウェイン・モリス、「札つき女」のジェーン・ブライヤン及びベン・ウェルデン、「黄金(1936)」のハリー・ケイリー、「カリアンテ」のソレダッド・ヒミメス、ウィリアム・ハード等である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン ベティ・デイヴィス ハンフリー・ボガート ウェイン・モリス
1933年

肉弾の男

  • 1933年
  • 出演(Merkle 役)

「明日は晴れ」「青空恋をのせて」のチェスター・モリスが主演する映画で、ウィリアム・アンソニー・マクガイアの原作を作者自らジャック・ソネドル及びスコット・ペンブロークと共同して脚色し、「ビック・ケージ」のカート・ニューマンが監督にあたり、撮影には「鉄血士官校」のチャールズ・ステューマーが任じている。相手役は「青春罪あり」「地方検事」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、「駄々っこキャグニー」「豪華船」のアリス・ホワイトが勤め、「肉体」のジョン・ミルジャン、「四十二番街」のジョージ・E・ストーン、「裏町」のジョージ・ミーカー、「心の青空」のグランド・ミッチェル、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、「一千万ドルの醜聞」のウォーレン・ハイマーなどが助演している。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
チェスター・モリス ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ アリス・ホワイト ジョン・ミルジャン
1921年

  • 1921年
  • 出演(Spencer_Wellington 役)

早川雪洲が自ら原作を書いて主演した人情劇で、監督は最近氏の作品を数多く監督するコーリン・キャンベルで、雪洲の相手は「駒鳥の舞」で最近姿を見せたベシー・ラヴである。そのほかウォールキャムブの夫君ハーランド・タッカーや、名子役フランキー・リーが出演する。

監督
コリン・キャンベル
出演キャスト
早川雪洲 ベッシー・ラブ ジャニス・ウィルスン フランキー・リー
1920年

龍の網

  • 1920年
  • 出演(Harlan_Keeler 役)

大正8年10月3日横浜埠頭にマリー・ウォールキャムプ嬢一行18名を迎えたことは今尚愛活家の印象に新たなるところである。一行が日本及びフィリピン、中国等を背景として撮影したのがこの映画であることは説明するまでもない。原作はJ・アレン・ダン氏の「老子の花弁」で、これをジョージ・ハイヴリー氏と監督のヘンリー・マックレイ氏とが脚色した。嬢の相手役ハーランド・タッカー氏は日本に於て嬢と結婚式を挙げた、というからウォールキャムプ嬢夫妻の新婚旅行の余興に撮したような気もする。とにかく見て面白いことは確実である。

監督
ヘンリー・マックレイ
出演キャスト
マリー・ウォールキャムプ Wadsworth Harris オットー・レデラー ハーランド・タッカー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ハーランド・タッカー

ムービーウォーカー 上へ戻る