TOP > 人物を探す > チェ・ギョンファ

年代別 映画作品( 2013年 ~ 2016年 まで合計6映画作品)

2016年

造られた殺人

  • 2016年11月19日(土)
  • 衣裳デザイン

「観相師」のチョ・ジョンソク主演で報道の光と影を映し出すサスペンス・スリラー。記者ホ・ムヒョクは情報提供を受け、連続殺人事件に関するスクープを流す。それが誤報だと気付くが、報道局や刑事が動き事態は拡大、さらに誤報通りに事件が起こってしまう。監督は「恋愛の温度」のノ・ドク。チョ・ジョンソクのほか、「スキャンダル」のイ・ミスク、「リターン・トゥ・ベース」のイ・ハナ、「私の愛、私の花嫁」のペ・ソンウらベテラン陣のアンサンブルで、誤報が呼ぶ思わぬ広がりを描いていく。

監督
ノ・ドク
出演キャスト
チョ・ジョンソク イ・ミスク ペ・ソンウ イ・ハナ
2015年

愛のタリオ

  • 2015年2月7日(土)
  • 衣裳

韓国に古くから伝わる説話『沈清伝』を下地に、欲深い男と不倫した女、そして娘の絡み合う情念を濃密に描いた愛憎劇。監督は「南極日誌」などサスペンス作品を中心に手がけるイム・ピルソン。捨てた女が相手と気付かず愛欲に溺れる男を「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンが、純情を踏みにじられ復讐の鬼となる女を「サイコメトリー~残留思念~」のイ・ソムが、母が自殺し父のことを恨む一方で父を掌握しようとする女に嫉妬心を抱く娘を「レッド・ファミリー」のパク・ソヨンが演じている。タイトルにあるタリオとは、ラテン語で被害者が受けた害を加害者に加える制裁、同害復讐の法律のことをいう。

監督
イム・ピルソン
出演キャスト
チョン・ウソン イ・ソム パク・ソヨン キム・ヒウォン
2014年

ザ・テノール 真実の物語

  • 2014年10月11日(土)
  • 衣裳/スタイリスト

一度は声を失うも、奇跡の復活を遂げた韓国人オペラ歌手ベー・チェチョルと、彼を支えた日本人音楽プロデューサー、沢田幸司との国境を越えた絆を描く、実話を基にしたヒューマンドラマ。『人類資金』のユ・ジテがオペラ歌手に、伊勢谷友介が音楽プロデューサーに扮するなど、日韓の実力派俳優の共演に注目だ。

監督
キム・サンマン
出演キャスト
ユ・ジテ 伊勢谷友介 チャ・イェリョン 北乃きい

怪しい彼女

  • 2014年7月11日(金)
  • 衣裳デザイン

70歳の老婆が20歳の姿となり、青春を取り戻そうとする姿を描く、韓国発のコミカルなヒューマンドラマ。『サニー 永遠の仲間たち』のシム・ウンギョンが主演し、周囲の人々に罵詈雑言を浴びせるさまが痛快だ。日本でも人気のアイドルグループ、B1A4のジニョンがスクリーンデビュー。監督は『トガニ 幼き瞳の告発』のファン・ドンヒョク。

監督
ファン・ドンヒョク
出演キャスト
シム・ウンギョン ナ・ムニ パク・イナン ソン・ドンイル

マルティニークからの祈り

  • 2014年8月29日(金)
  • 衣裳デザイン

麻薬密売容疑をかけられ、2年以上も異国の地に拘留された韓国人女性の姿を描き、06年に韓国で放送されるや衝撃を呼んだドキュメンタリーを基にした人間ドラマ。『シークレット・サンシャイン』で第60回カンヌ国際映画祭の主演女優賞に輝いたチョン・ドヨンが、濡れ衣を着せられたヒロインを熱演し、涙を誘う。

監督
パン・ウンジン
出演キャスト
チョン・ドヨン コ・ス カン・ジウ ペ・ソンウ
2013年

フェニックス 約束の歌

  • 2013年6月7日(金)
  • 衣装

K-POPロックバンドFTISLANDのメインボーカルを務め、TVドラマ『美男<イケメン>ですね』などで俳優としても活躍するイ・ホンギの映画初主演作。トップアイドルとして気ままに生きる青年が、奉仕活動を行っていく中で人生を見つめ直す姿を描く。共演は「ミッドナイトFM」のマ・ドンソク、「食客」のイム・ウォニ、「アコースティック」のペク・ジニ。

監督
ナム・テクス
出演キャスト
イ・ホンギ マ・ドンソク イム・ウォニ ペク・ジニ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > チェ・ギョンファ