映画-Movie Walker > 人物を探す > ブレンダ・ヴァッカロ

年代別 映画作品( 1969年 ~ 1997年 まで合計15映画作品)

1997年

マンハッタン・ラプソディ

  • 1997年10月18日(土)公開
  • 出演(Doris 役)

美醜にこだわり、セックスに惑わされる、現代の悩める恋人たちの姿をユーモラスに描いたロマンチック・コメディ。ニューヨークの実景をたっぶり取り入れた美しい映像と、豪華俳優陣の共演が見どころ。アンドレ・カイヤット監督のフランス映画「両面の鏡」(58)を下敷きに、「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェニーズが原案・脚本を書き、「サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方」のバーブラ・ストライサンドが監督・製作・主演でリメイク。製作はストライサンドと「ヒート」のアーノン・ミルチャン、製作総指揮はシス・コーマン。撮影は「クイック&デッド」のダンテ・スピノッティと「グッドマン・イン・アフリカ」のアンジェイ・バートコウィアック。音楽は「ファニー・レディ」以来のストライサンドと名コンビのマーヴィン・ハムリッシュ、美術はトム・ジョン、編集はジェフ・ワーナー、衣裳は「ファースト・ワイフ・クラブ」のテオーニ・V・アルドリッジ。共演は「白い嵐」のジェフ・ブリッジス、「プレタポルテ」のローレン・バコール、「ダンテズ・ピーク」のピアース・ブロスナン、「逃亡者」(90)のミミ・ロジャースほか。

監督
バーブラ・ストライサンド
出演キャスト
バーブラ・ストライサンド ジェフ・ブリッジス ローレン・バコール ミミ・ロジャース
1990年

アガサ・クリスティー サファリ殺人事件

  • 1990年11月2日(金)公開
  • 出演(Marion_Marshall 役)

アガサ・クリスティーの有名なミステリー「そして誰もいなくなった」を、舞台をアフリカのサファリに移して映画化した作品。製作はハリー・アラン・タワーズ、監督はアラン・バーキンショー、脚本はジャクソン・ハンシッカーとゲーリー・オハラ、撮影はアーサー・レイビスが担当。出演はフランク・スタローン、ブレンダ・ヴァッカロほか。

監督
アラン・バーキンショー
出演キャスト
ドナルド・プレゼンス ブレンダ・ヴァッカロ フランク・スタローン ハーバート・ロム

私のパパはマフィアの首領

  • 1990年3月10日(土)公開
  • 出演(Bunny 役)

マフィアの権力抗争に巻き込まれた父娘の活躍を描くコメディ映画。製作はローレンス・マーク、監督は「マドンナのスーザンを探して」のスーザン・シーデルマン、脚本はノーラ・エフロンとアリス・アーレンの共同、エグゼクティヴ・プロデューサーはシーデルマンとエフロン、アーレン、撮影はオリヴァー・スティプルトン、音楽はトーマス・ニューマンが担当。出演はピーター・フォーク、エミリー・ロイドほか。

監督
スーザン・シーデルマン
出演キャスト
ピーター・フォーク ダイアン・ウィースト エミリー・ロイド Michael V. Gazzo
1989年

ハート・オブ・ミッドナイト

  • 1989年5月27日(土)公開
  • 出演(Betty 役)

伯父からナイトクラブを相続することになったひとりの女性の恐怖を描く。製作はアンドリュー・ゲティ、監督・脚本はマシュー・チャップマン、撮影はレイ・リヴァス、音楽はアラン・セルクが担当。出演はジェニファー・ジェイソン・リー、ピーター・コヨーテほか。

監督
マシュー・チャップマン
出演キャスト
ジェニファー・ジェイソン・リー ピーター・コヨーテ フランク・スタローン ブレンダ・ヴァッカロ
1984年

スーパーガール

  • 1984年7月14日(土)公開
  • 出演(Bianca 役)

スーパーマンのいとこで、同じように超能力を持つスーパーガールの地球での活躍を描く。製作はティモシー・バリル、エグゼキュティヴ・プロデューサーは「スーパーマン」のアレクサンドル&イリヤ・サルキンド。監督は「ある日どこかで」のジャノー・シュワーク。脚本はデイヴィッド・オデール、撮影はアラン・ヒューム、音楽はジェリー・ゴールドスミス、美術はテリー・オークランド・スノーが担当。出演はヘレン・スレイター、フェイ・ダナウェイ、ピーター・オトゥール、ミア・ファロー、ブレンダ・ヴァッカロなど。

監督
ジャノー・シュワーク
出演キャスト
ヘレン・スレイター フェイ・ダナウェイ ピーター・オトゥール ミア・ファロー
1983年

ロングウェイ・ホーム

  • 1983年10月1日(土)公開
  • 出演(Lillian 役)

幼い頃に別れた3人の孤児が、16年後に再会するまでを描くドラマで、1981年9月6日にABCネットワークで放映されたTVムーヴィを劇場公開するもの。製作はリンダ・オットー。エグゼクティヴ.プロデューサーはアラン・ランズバーグとトム・クーン。監督は「ふたりだけの微笑」(79)のロバート・マーコウィッツ。実話に基づいてデニス・ネメックが脚色した。撮影はドン・バーンクラント、音楽はレイ・エヴァンスとウィリアム・ゴールドスタインが担当。出演はティモシー・ハットン、ブレンダ・ヴァッカーロ、ロザンナ・アークェット、ポール・レジナなど。日本版字幕は戸田奈津子。カラー、ビスタサイズ。一九八一年作品。

監督
ロバート・マーコウィッツ
出演キャスト
ティモシー・ハットン ウィル・ウィートン ブレンダ・ヴァッカロ ロザンナ・アークエット
1982年

ゾロ

  • 1982年10月2日(土)公開
  • 出演(Florinda 役)

19世紀中頃のカリフォルニアを舞台に、双子の剣士が活躍するというコメディ・アドベンチャー。製作はジョージ・ハミルトンとC・O・エリクソン、製作総指揮はメルビン・サイモン、監督は「チェンジリング」のピーター・メダック。ジョンストン・マッカレーの『快傑ゾロ』に基づいてハル・ドレスナー、グレッグ・アルト、ドン・モリアーティ、ボブ・ランダルがストーリーを考え、ドレスナーが脚本を執筆。撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はイアン・フレーザーが手掛けている。出演はジョージ・ハミルトン(2役)、ローレン・ハットン・ブレンダ・ヴァッカロ、ロン・リーブマンなど。日本版字幕は宍戸正、オカマ言葉監修は赤塚不二夫&トンちゃん。デラックスカラー(日本版はフジカラー)、ビスタサイズ。1981年作品。

監督
ピーター・メダック
出演キャスト
ジョージ・ハミルトン ローレン・ハットン ブレンダ・ヴァッカロ ロン・リーブマン
1977年

カプリコン・1

  • 1977年12月17日(土)公開
  • 出演(Mrs. Brubaker 役)

人類初の有人火星宇宙船カプリコン計画をめぐるNASAの国家的陰謀と、それに対する男達の姿を描く。製作はポール・N・ラザルス3世、監督・脚本は「破壊!」のピーター・ハイアムズ、撮影はビル・バトラー、音楽はジェリー・ゴールドスミスが各々担当。出演はエリオット・グールド、ジェームズ・ブローリン、ブレンダ・ヴァッカロ、サム・ウォーターストン、O・J・シンプソン、ハル・ホルブルック、テリー・サヴァラス、カレン・ブラックなど。

監督
ピーター・ハイアムズ
出演キャスト
エリオット・グールド ジェームズ・ブローリン ブレンダ・ヴァッカロ サム・ウォーターストン

エアポート’77 バミューダからの脱出

  • 1977年4月23日(土)公開
  • 出演(Eve_Clayton 役)

ハイジャッカーを乗せたジャンボ機が海中に墜落し、脱出する人々を描く。製作総指揮はジェニングス・ラング、製作はウイリアム・フライ、監督はTVムービー「恐怖のエレベーター」のジェリー・ジェイムソン、脚本はデイヴィッド・スペクターとマイケル・シェッフの共同、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はジョン・カカバスが各々担当。出演はジャック・レモン、ジェームズ・スチュアート、リー・グラント、ブレンダ・ヴァッカロなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン。1977年度作品。

監督
ジェリー・ジェームソン
出演キャスト
ジャック・レモン ジェームズ・スチュアート リー・グラント ブレンダ・ヴァッカロ

ウィークエンド(1976)

  • 1977年1月15日(土)公開
  • 出演(Diane 役)

生命の危険と恐怖に追いつめられた一人の若い女が、それを脱出する過程を描くバイオレンス・ロマン。バルセロナ・シトジェス国際映画祭最優秀女優賞・脚本賞・特別批評家賞受賞作品。製作はアイヴァン・ライトマン、監督・脚本は11個の各国映画祭受賞したウィリアム・フリュエ、撮影はロバート・サッド、音楽監修はアイヴァン・ライトマンが各々担当。出演はブレンダ・ヴァッカロ、ドン・ストロード、チャック・シャマタ、ドン・グランベリー、リチャード・アイルズなど。

監督
ウィリアム・フリュエ
出演キャスト
ブレンダ・ヴァッカロ ドン・ストロード チャック・シャマタ ドン・グランベリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブレンダ・ヴァッカロ