映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェーン・ノヴァック

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1929年 まで合計19映画作品)

1929年

レッドスキン

  • 1929年当年公開
  • 出演(Judith_Stearns 役)

「野球王」「陸戦隊のモーラン」等主演のリチャード・ディックス氏が「滅び行く民族」以来久方振りでインディアンに扮して力演する原住民情話で、ほとんど全部テクニカラーで彩ってある。監督は「ショウ・ダウン」「忘れられた顔(1928)」のヴィクター・シェルツィンゲル氏で、エリザベス・ピケット女史が原作並びに脚色の筆を執った。相手役には新進のグラディス・ベルモント嬢が選ばれて勤め、「夢想の犯罪」「メリー・ウイドー(1925)」のタリー・マーシャル氏を始め、ノープル・ジョンソン氏、ジェーン・ノヴァック嬢、ジヨージ・リガス氏が助演する。主任撮影技師は数多くのディックス氏主演映画をクランクしたエドワード・クロンジェガー氏。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
リチャード・ディックス グラディス・ベルモント タリー・マーシャル ジョージ・リガス
1924年

子守唄(1924)

  • 1924年当年公開
  • 出演(Felipa 役)、出演(Antoinette 役)

リリアン・デュシーの原作を、ホープ・ロアリングとルイス・D・ライトンとが脚色し、「離婚」「雪靴の跡」等と同じくチェスター・ベネットが監督、ジェーン・ノヴァックが主演したもので、ノヴァックは二役を演出する。対手役は「君国の為に」「幸福」等出演のロバート・アンダーソンで「良人の危険時代」出演のクレオ・マディソンも出演する。母性愛高唱の映画である。

監督
チェスター・ベネット
出演キャスト
ジェーン・ノヴァック ロバート・アンダーソン フレッド・マラテスタ Dorothy Marion Mack
1923年

人生の異端者

  • 1923年当年公開
  • 出演(Hope_Moore 役)

「王様万歳」を監督したヴィクター・シェルツィンゲル氏がウィニフレッド・ダン女史と共に原作を書き、ダン女子が脚色し、シェルツィンゲル氏が監督したものである。主役は「冬来りなば」のパーシー・マーモント氏「子守唄(1924)」のジェーン・ノヴァック嬢、「懦夫奮起せば」のカレン・ランディス氏、「虚栄の市(1923)」出演のホバート・ボスウォース氏「天空万里」出演のエヴァ・ノヴァク嬢等良い顔ぶれである。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ジェーン・ノヴァック パーシー・マーモント エヴァ・ノヴァク カレン・ランディス

離(1923)

  • 1923年当年公開
  • 出演(Jane_Parker 役)

アンドリュー・ベニソンの原作になる家庭劇で、チェスター・ベネットが監督した主役は「氷原の彼方へ」「イソベル」「黄泉の国」その他でおなじみのジェーン・ノヴァック。「快男子ソーヤー」「ローナ・ドゥーン」等主演のジョン・ボワーズの2人で、その他「ロビンソン・クルーソー漂流記」「社交界の怪賊」出演のマーガレット・リヴィングストン、色敵として有名なジョージ・フィッシャー、母親役のエディス・チャップマン等が出演する。

監督
チェスター・ベネット
出演キャスト
ジェーン・ノヴァック ジョン・ボワーズ ジェームズ・コリガン エディス・チャップマン
1922年

雪靴の跡

  • 1922年当年公開
  • 出演(Virginia_Tremont 役)

チェスター・ベネットの監督製作したジェーン・ノヴァック主演映画で、「テルマ」「離婚」「子守唄(1924)」等の前に作られたものである。原作はエディソン・マーシャルの筆になり、これを「涙の街」等と同じくマリオン・フェアファックスが脚色した。ノヴァックの対手は「電波王」「享楽の夢」等主演のロイ・スチュアートで、その他「生に勝つ力」「彫刻家の妻」等出演のロイド・ウィトロック、「可愛い悪魔(1922 Badger)」「馬蹄千塵」等出演のハーバート・プライアー等が共演する。雪深き北国を背景のロマンスである。

監督
チェスター・ベネット
出演キャスト
ジェーン・ノヴァック ロイ・スチュアート ロイド・ウィトロック ハーバート・プライアー
1921年

運命の街

  • 1921年当年公開
  • 出演(Ann_Hardy 役)

オー・ヘンリー氏原作の短篇によってチャニング・ボロック氏の作った舞台劇を脚色したもので、ポーリン・フレデリック嬢が主役である。「13号室」と同じくフランク・ロイド氏の監督である。対手役はジョン・ボワーズ氏で、ジェーン・ノヴァック嬢、モード・ジョージ嬢、ハーディー・カークランド氏等も出演する。「若き人の眼」と同じような筋の組立で、ボワーズ氏の扮する主人公デイヴィッド・マーシュが見る3つの夢を描き出してある。フレデリック嬢はアラスカの酒場の女主人、ニューヨーク社交界の淫婦、欺かれた田舎娘、及び愚かにも男を愛しすぎた娘の4役を演じている。「望みなき筋が、ただスターの立派な演技によって幾分興味を高められているに過ぎない。」とニュース誌は評している。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ポーリン・フレデリック ジョン・ボワーズ リチャード・タッカー ジェーン・ノヴァック

寡言の男

  • 1921年当年公開
  • 出演(Ethel_Barton 役)

ウィル・レイノールズの原作を殆どほかのハート映画のすべてと同じくランバート・ヒルヤーが監督、脚色した。ウィリアム・S・ハートは空前の3役演出を試み、相手としては「タイガー・マン」「我利我利イェーツ」などと同じくジェーン・ノヴァックが出演する。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート ジェーン・ノヴァック S. J. Bingham ゴードン・ラッセル

未開人

  • 1921年当年公開
  • 出演(Floria_Heatherton 役)

ユ社を去って独立したモンロー・ソールズベリー氏が第1回の作品である。対手は美しいジェーン・ノヴァック嬢。パラマウント映画を数多く監督したドナルド・クリスプ氏の監督である。『実に珍しいほど美しい背景が使用してあるが、写真の題名及びスターなるソールズベリー氏に対して抱く期待は、この映画を見て稍外れざるを得ない。そは活劇味の足りないためと、筋に新味のないためである』とはニュース誌の評である。

監督
ドナルド・クリスプ
出演キャスト
モンロー・ソールズベリー ジョージ・バーレル アラン・ヘイル ジェーン・ノヴァック
1920年

イソベル

  • 1920年当年公開
  • 出演(Isobel_Deane 役)

「ふるさと」等の原作者ジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏の原作で、エドウィン・カリュー氏がジョージ・デイヴィス氏のために撮影したものである。この映画の特徴はプロローグとしてプリズマの7色の写真によって撮影せる雪景色が添えられてあることで、新に発見されたこの天然色写真術を見るためにも興味があろう。主役は今インス映画のスターとなっているハウス・ピータース氏と、純美ジェーン・ノヴァック嬢である。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ハウス・ピータース ジェーン・ノヴァック エドワード・ピール トム・ウィルソン

氷原の彼方に

  • 1920年当年公開
  • 出演(Miriam_Kirkstone 役)

「ふるさと」の作者ジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏の名作をマーシャル・ニーラン氏が製作して、同氏の第1回ファーストナショナル映画として本年2月発売した映画。「名誉の祭壇」に出演したルイス・ストーン氏がケイス及びダーウェントの2役を演じ、その他美しいジェーン・ノヴァック嬢、マージョリー・ドウ嬢等が共演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ルイス・ストーン マージョリー・ドゥ ジェーン・ノヴァック J. Barrney Sherry
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェーン・ノヴァック