映画-Movie Walker > 人物を探す > ティモシー・ダルトン

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2008年 まで合計16映画作品)

2008年

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

  • 2008年7月5日(土)公開
  • 出演(サイモン・スキナー 役)

クエンティン・タランティーノもその才能を絶賛する俊英エドガー・ライト監督の新作。多くの映画への愛情を詰め込み、熱血警官の奮闘を描くアクション・コメディだ。

監督
エドガー・ライト
出演キャスト
サイモン・ペッグ ニック・フロスト ジム・ブロードベント ティモシー・ダルトン
2004年

ルーニー・テューンズ バック・イン・アクション

  • 2004年3月27日(土)公開
  • 出演(Damien Drake 役)

70年以上も愛されつづけている短編アニメの人気スターたちの活躍を実写映画化。アニメ・キャラクターと生身の俳優の競演による、ギャグ満載の大冒険を描く痛快コメディだ。

監督
ジョー・ダンテ
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー ジェナ・エルフマン スティーヴ・マーティン ティモシー・ダルトン
2003年

アメリカン・アウトロー

  • 2003年6月28日(土)公開
  • 出演(Allan Pinkerto 役)

アメリカ、西部開拓時代の英雄的なギャング、ジェシー・ジェームズと仲間の活躍を描いたウエスタン・アクション。虐げられた農民のために、権力に立ち向かう主人公の姿が痛快。

監督
レス・メイフィールド
出演キャスト
コリン・ファレル スコット・カーン アリ・ラーター ガブリエル・マクト
1992年

仮面の愛 マスカレード

  • 1992年12月26日(土)公開
  • 出演(King 役)

ジャック・トゥールィエの「ルウィン家のジャンヌ/ヴェルア伯爵夫人」を原作に、17世紀末のトリノを舞台にサボイア公国の国王と臣下の妻との許されざる恋を描く文芸調ラヴ・ストーリー。監督・脚本はアクセル・コルティ、製作は「インド夜想曲」のモーリス・ベルナールと「ザ・デッド」のウィーランド・シュルツ・ケイル、共同脚本はダニエル・ヴィーニュとフレデリック・ラファエル、撮影はジャエノ・ロール、音楽はガブリエル・ヤーレが担当。

監督
アクセル・コルティ
出演キャスト
ティモシー・ダルトン ヴァレリア・ゴリノ ステファン・フレス フェオドール・シャリアピン
1991年

ロケッティア

  • 1991年12月7日(土)公開
  • 出演

飛ぶことのできるロケット噴射装置を手に入れた青年が、ナチのスパイと戦うアクション。デイヴ・スティーヴンスの原作の映画化で、原案・脚本はダニー・ビルソンとポール・ディメオ、共同原案はウィリアム・ディアが執筆。製作はローレンス・ゴードン、チャールズ・ゴードン、ロイド・レヴィン、監督はジョー・ジョンストン、撮影はヒロ・ナリタ、音楽はジェームス・ホーナー、編集はアーサー・シュミット、美術はジム・ビセルが担当。出演はビル・キャンベル、アラン・アーキン、ジェニファー・コネリー、ティモシー・ダルトンなど。

監督
ジョー・ジョンストン
出演キャスト
ビル・キャンベル アラン・アーキン ジェニファー・コネリー ティモシー・ダルトン
1989年

007/消されたライセンス

  • 1989年9月30日(土)公開
  • 出演(James Bond 役)

中南米を舞台に、ライセンスを剥奪されたジェームズ・ボンドが友情のために戦う姿を描く。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン。監督は「007/リビング・デイライツ」のジョン・グレン、脚本はウィルソンとリチャード・メイバウムの共同、撮影はアレック・ミルズ、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はティモシー・ダルトン、キャリー・ロウエルほか。

監督
ジョン・グレン
出演キャスト
ティモシー・ダルトン キャリー・ロウエル ロバート・ダヴィ タリサ・ソト

ブレンダ・スター

  • 1989年4月29日(土)公開
  • 出演(Basil St.John 役)

コミックスの世界から飛び出した美貌の女性新聞記者の大冒険を描くファンタジー活劇。40年代から新聞に連載された人気コミックの映画化で、監督はロバート・エリス・ミラー、脚本はノリーン・ストーンとジェームズ・デイヴィッド・ブキャナンとジェニー・ウォルキンドの共同。撮影はフレディ・フランシス、音楽はジョニー・マンデルが担当。

監督
ロバート・エリス・ミラー
出演キャスト
ブルック・シールズ ティモシー・ダルトン ダイアナ・スカーウィッド Anthony Jay Peck
1987年

007/リビング・デイライツ

  • 1987年12月12日(土)公開
  • 出演(James Bond 役)

英国情報員ジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第15弾。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン、監督は「007/美しき獲物たち」のジョン・グレン、原作はイアン・フレミング、脚本はリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はジョン・バリーが担当。主題歌はA・H・Aが唄っている。出演は四代目ボンドにティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジョー・ドン・ベイカーほか。

監督
ジョン・グレン
出演キャスト
ティモシー・ダルトン マリアム・ダボ ジョー・ドン・ベイカー アート・マリク
1983年

ココ・シャネル(1981)

  • 1983年10月21日(金)公開
  • 出演(Boy Capel 役)

世界のファッション界に大きな影響を与えたココ・シャネル、その87年間に渡る生涯は波瀾に満ち謎の部分も少なくない。この映画はクロード・ドレの評伝『ココ・シャネル』(サンリオ出版)を下敷にして、シャネルがパリのファッション・ショウで成功するまでを描いている。製作はラリー・スパングラー、エグゼキュティヴ・プロデューサーはエリク・ロシャ。監督は「官能の夜」(79)のジョージ・カツェンダー、脚本はジュリアン・モア、撮影はリカルド・アロノヴィッチ、音楽はジャン・ミュジー、衣装はロジーヌ・ドラマレが担当。主題歌『ワン・アンド・オンリー』をピーター・アレンが歌っている。出演はマリー・フランス・ピジェ、ティモシー・ダルトン、ルトガー・ハウアー、「官能の夜」にも出ていたカレン・ブラックなど。

監督
ジョージ・カツェンダー
出演キャスト
マリー・フランス・ピジェ ティモシー・ダルトン ルトガー・ハウアー カレン・ブラック
1981年

フラッシュ・ゴードン

  • 1981年2月21日(土)公開
  • 出演(Brince_Barin 役)

未知のエネルギー放射線のために月の軌道がずれ、10日以内に月が地球に衝突するだろうという恐るべき事態をむかえた人類が、フットボールのヒーロー、フラッシュ・ゴードンの力を得て宇宙の平和を守るというアレックス・レイモンドの新聞連載マンガを基にしたSF映画。製作総指揮はバーナード・ウィリアムス、製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督は「電子頭脳人間」のマイク・ホッジス、脚本はロレンゾ・センプル・ジュニア、撮影はギルバート・テイラー、音楽はクイーン、編集はマルコム・クック、美術はジョン・グレイスマークとノーマン・ドーム、特殊効果はグレン・ロビンソン、ジョージ・ギブスとリチャード・コンウェイが各々担当。出演はサム・ジョーンズ、メロディ・アンダーソン、オルネラ・ムーティ、マックス・フォン・シドー、ハイアム・トポル、ティモシー・ダルトン、マリアンジェラ・メラートなど。

監督
マイク・ホッジス
出演キャスト
サム・ジョーンズ メロディ・アンダーソン オルネラ・ムーティ マックス・フォン・シドー

関連ニュース

既婚女性が浮気したいジェームズ・ボンドのNo.1は誰の頭上に?
既婚女性が浮気したいジェームズ・ボンドのNo.1は誰の頭上に?(2012年10月27日)

最新作『007 スカイフォール』(全米11月9日、日本12月1日公開)を控え、イギリス最大の既婚者デートサイトIllicitEncounters.comが、既婚…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ティモシー・ダルトン