TOP > 人物を探す > ティモシー・ダルトン

年代別 映画作品( 1976年 ~ 2011年 まで合計18映画作品)

2011年

ツーリスト

  • 2011年3月5日(土)
  • 出演(ジョーンズ 役)

ジョニー・デップ&アンジェリーナ・ジョリー初共演のミステリー。魅力的な女性に翻弄され、事件に巻き込まれていくアメリカ人旅行者の男の姿を描く。監督は初長編作『善き人のためのソナタ』でアカデミー賞外国語映画賞に輝いたドイツの俊英、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。

監督
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演キャスト
アンジェリーナ・ジョリー ジョニー・デップ ポール・ベタニー ティモシー・ダルトン
2010年

トイ・ストーリー3

  • 2010年7月10日(土)
  • 出演(声)(ミスター・プリックルパンツ 役)

カウボーイ人形ウッディたちの活躍を描き、世界中で大ヒットを記録した人気CGアニメの第3弾。ご主人様であるアンディの元を離れることになったおもちゃたちの友情を感動的につづる。

監督
リー・アンクリッチ
出演キャスト
トム・ハンクス ティム・アレン ジョーン・キューザック マイケル・キートン
2008年

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

クエンティン・タランティーノもその才能を絶賛する俊英エドガー・ライト監督の新作。多くの映画への愛情を詰め込み、熱血警官の奮闘を描くアクション・コメディだ。

監督
エドガー・ライト
出演キャスト
サイモン・ペッグ ニック・フロスト ジム・ブロードベント ティモシー・ダルトン
2004年

ルーニー・テューンズ バック・イン・アクション

  • 2004年3月27日(土)
  • 出演(Damien Drake 役)

70年以上も愛されつづけている短編アニメの人気スターたちの活躍を実写映画化。アニメ・キャラクターと生身の俳優の競演による、ギャグ満載の大冒険を描く痛快コメディだ。

監督
ジョー・ダンテ
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー ジェナ・エルフマン スティーヴ・マーティン ティモシー・ダルトン
2003年

アメリカン・アウトロー

  • 2003年6月28日(土)
  • 出演(Allan Pinkerto 役)

アメリカ、西部開拓時代の英雄的なギャング、ジェシー・ジェームズと仲間の活躍を描いたウエスタン・アクション。虐げられた農民のために、権力に立ち向かう主人公の姿が痛快。

監督
レス・メイフィールド
出演キャスト
コリン・ファレル スコット・カーン アリ・ラーター ガブリエル・マクト
1991年

ロケッティア

  • 1991年12月7日(土)
  • 出演

飛ぶことのできるロケット噴射装置を手に入れた青年が、ナチのスパイと戦うアクション。デイヴ・スティーヴンスの原作の映画化で、原案・脚本はダニー・ビルソンとポール・ディメオ、共同原案はウィリアム・ディアが執筆。製作はローレンス・ゴードン、チャールズ・ゴードン、ロイド・レヴィン、監督はジョー・ジョンストン、撮影はヒロ・ナリタ、音楽はジェームス・ホーナー、編集はアーサー・シュミット、美術はジム・ビセルが担当。出演はビル・キャンベル、アラン・アーキン、ジェニファー・コネリー、ティモシー・ダルトンなど。

監督
ジョー・ジョンストン
出演キャスト
ビル・キャンベル アラン・アーキン ジェニファー・コネリー ティモシー・ダルトン
1992年

仮面の愛 マスカレード

  • 1992年12月26日(土)
  • 出演(King 役)

ジャック・トゥールィエの「ルウィン家のジャンヌ/ヴェルア伯爵夫人」を原作に、17世紀末のトリノを舞台にサボイア公国の国王と臣下の妻との許されざる恋を描く文芸調ラヴ・ストーリー。監督・脚本はアクセル・コルティ、製作は「インド夜想曲」のモーリス・ベルナールと「ザ・デッド」のウィーランド・シュルツ・ケイル、共同脚本はダニエル・ヴィーニュとフレデリック・ラファエル、撮影はジャエノ・ロール、音楽はガブリエル・ヤーレが担当。

監督
アクセル・コルティ
出演キャスト
ティモシー・ダルトン ヴァレリア・ゴリノ ステファン・フレイス フェオドール・シャリアピン
1989年

007/消されたライセンス

  • 1989年9月30日(土)
  • 出演(James Bond 役)

中南米を舞台に、ライセンスを剥奪されたジェームズ・ボンドが友情のために戦う姿を描く。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン。監督は「007/リビング・デイライツ」のジョン・グレン、脚本はウィルソンとリチャード・メイバウムの共同、撮影はアレック・ミルズ、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はティモシー・ダルトン、キャリー・ロウエルほか。

監督
ジョン・グレン
出演キャスト
ティモシー・ダルトン キャリー・ロウエル ロバート・ダヴィ タリサ・ソト

ブレンダ・スター

  • 1989年4月29日(土)
  • 出演(Basil St.John 役)

コミックスの世界から飛び出した美貌の女性新聞記者の大冒険を描くファンタジー活劇。40年代から新聞に連載された人気コミックの映画化で、監督はロバート・エリス・ミラー、脚本はノリーン・ストーンとジェームズ・デイヴィッド・ブキャナンとジェニー・ウォルキンドの共同。撮影はフレディ・フランシス、音楽はジョニー・マンデルが担当。

監督
ロバート・エリス・ミラー
出演キャスト
ブルック・シールズ ティモシー・ダルトン ダイアナ・スカーウィッド Anthony Jay Peck
1987年

007/リビング・デイライツ

  • 1987年12月12日(土)
  • 出演(James Bond 役)

英国情報員ジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第15弾。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン、監督は「007/美しき獲物たち」のジョン・グレン、原作はイアン・フレミング、脚本はリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はジョン・バリーが担当。主題歌はA・H・Aが唄っている。出演は四代目ボンドにティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジョー・ドン・ベイカーほか。

監督
ジョン・グレン
出演キャスト
ティモシー・ダルトン マリアム・ダボ ジョー・ドン・ベイカー アート・マリク

関連ニュース

第1作『007/ドクター・ノオ』(62)
役者によってここまで違う!『007』全シリーズを歴代ボンド&ポスターで振り返る【写真36枚】 8月29日 20:15

映画専門サービス「BS10 スターチャンネル」にて、9月より“スパイ映画の金字塔”英国諜報員ジェームズ・ボンドを主人公とした『007』シリーズ全24作と番外編2作を放映する「私の愛した007 シリーズ完全放送」がスタート…

クレイグ=ボンドも、見納め?
ダニー・ボイルが辞退した『007』最新作、ダニエル・クレイグ降板の可能性も!? 8月28日 14:30

「007」シリーズの最新作『Bond 25(仮題)』の監督として決定していたダニー・ボイルが、同作の監督を降板したことが明らかになった。理由は「クリエイティブな意見の相違」とのこと。 これは「007」の公式ツイッターア…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ティモシー・ダルトン