TOP > 人物を探す > キャロル・ヤング

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1956年 まで合計9映画作品)

1955年

ターザンと巨象の襲撃

  • 1955年12月3日(土)
  • 脚色

10代目ターザン、によるターザン映画の最新 作。バーカーにとっては「ターザンと密林の女王」に次ぐ出演で、今回は「フランス航路」のジョイス・マッケンジーがジェーンに扮している。他に「裏窓」のレイモンド・バー、ハリウッド・デビューのベルギー女優モニク・ヴァン・ヴーレン(「明日では遅すぎる」)等が出演する。製作はターザン映画専門のソル・レッサー。脚色は「絶海のターザン」のキャロル・ヤングとカール・カム、撮影は「ターザンと密林の女王」のカール・ストラッス。「カーニバルの女」のカート・ニューマン監督になる1955年作品。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
レックス・バーカー ジョイス・マッケンジー レイモンド・バー モニーク・ヴァン・ヴーレン
1956年

マンモスの逆襲

  • 1956年8月30日(木)
  • 脚本

インドの製作者A・T・R・スンダラムが米の製作者兼監督ウィリアム・バークと共同製作。キャロル・ヤングの脚本からバークが製作・監督。撮影はクライド・デ・ヴィナ、音楽にはインドの曲を使用。出演は「北西騎馬警官隊」のロッド・キャメロン、「ヴェラクルス」のシーザー・ロメロ、「東は東」のマリー・ウィンザー。

監督
ウィリアム・バーク
出演キャスト
ロッド・キャメロン セザール・ロメロ マリー・ウィンザー
1951年

燃える大陸(1951)

  • 1951年
  • 原作

恐竜の棲む“失われた大陸”に踏み入った、原子ロケット捜索隊員の冒険を描いた空想科学映画。キャロール・ヤングの原作から「片目のジョニィ」のリチャード・H・ランドーが脚色しサミュエル・ニューフィールドが監督している。撮影は「拳銃稼業」のポール・ダンラップ。製作は「ビリー・ザ・キッド」シリーズのシグマンド・ニューフェルド。主な出演者は「ヴェラクルス」のシーザー・ロメロ、「アラスカ珍道中」のヒラリー・ブルック、「旋風大尉」のチック・チャンドラーに加えて「暴力卿室」のジョン・ホイトなど。

監督
サミュエル・ニューフィールド
出演キャスト
セザール・ロメロ ヒラリー・ブルック チック・チャンドラー ジョン・ホイト

密林の黄金

  • 1951年2月7日(水)
  • 脚本

「ジャングル・ジム」シリーズの1つで、サム・カッツマン製作による1950年度作品。キャロル・ヤングの脚本を「ジャングル・ジム」と同じくウィリアム・バークが監督した。撮影はヴェテラン、アイラ・モーガン、音楽は「ラスティの伝令」のミッシャ・バカライニコフ。「タアザン」「ジャングル・ジム」のジョニー・ワイズミュラーの他、「呪われた城」のトゥルーディ・マーシャル、スザンヌ・ダルバート、オンスロー・スティーヴンス、ロバート・パーセル、セルマー・ジャクソン、ネイル・モローらが助演する。

監督
ウィリアム・バーク
出演キャスト
ジョニー・ワイズミュラー トゥルーディ・マーシャル スーザン・ダルバート オンスロー・スティーヴンス
1952年

絶海のターザン

  • 1952年2月15日(金)
  • 原作、脚本

「魔境のターザン」のスル・レッサーが製作に当たり、ジョニー・ワイズミュラーが主演したターザン映画1948年作品。オリジナル客音は「密林の黄金」のキャロル・ヤング、監督は「片目のジョニイ」のロバート・フローリー。音楽は「白昼の決闘」のディミトリ・ティオムキン、撮影はジャック・ドレイパーの担当。助演者はターザンの妻役ブレンダ・ジョイス、新人リンダ・クリスチャン、カウ・ボーイ・ソング歌手ジョン・ローレンツ、フェルナンド・ワグナーらである。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ジョニー・ワイズミュラー ブレンダ・ジョイス リンダ・クリスチャン ジョン・ローレンツ
1950年

ジャングル・ジム

  • 1950年3月21日(火)
  • 原作、脚本

ターザン映画を去ったジョニー・ワイズミュラーが主演する新しいジャングル活劇で、キャロル・ヤング連載漫画の映画化である。ヤングが映画用に脚本を執筆し、ウィリアム・バークが監督「スケルトンの就職騒動」のレスター・ホワイトが撮影した1948年作品。助演はヴァージニア・グレイ、ジョージ・リーヴス、リタ・バロン、リック・ヴァリー等である。

監督
ウィリアム・バーク
出演キャスト
ジョニー・ワイズミュラー ヴァージニア・グレイ ジョージ・リーヴス リタ・バロン

ターザンと豹女

  • 1950年5月30日(火)
  • 原作、脚本

アフリカの奥地で邪教集団の教祖・豹女を相手に活躍するターザンの姿を描く活劇。エドガー・ライス・バロウズとキャロル・ヤングの原作の映画化で、脚本はヤングが執筆。製作はソル・レッサー、監督はカート・ニューマン、撮影はカール・ストラッス、音楽はディミトリ・ティオムキンが担当。出演はジョニー・ワイズミュラー、ブレンダ・ジョイス、リング・クリスチャン、ジョージ・ザッコなど。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
ジョニー・ワイズミュラー ブレンダ・ジョイス リング・クリスチャン ジョージ・ザッコ
1948年

ターザンの凱歌

  • 1948年7月
  • 脚本

ジョニー「ターザン」ワイズミュラーがMGMを去って「我等の町」の製作者ソル・レッサーと契約しての第一回主演映画で1943年作品である。ロイ・チャンスラーとキャロル・ヤングが脚本を書きおろし、「ガンリン・ボーイ三人組」などトーキー初期のドイツ映画に佳作を発表したウィリアム・ティーレが監督に当り、ハリー・ワイドが撮影を指揮した。助演は「ターザンの黄金」のジョニー・シェフィールドとチータ、連続映画の花形フランセス・ギフォードら。

監督
ウィリアム・ティーレ
出演キャスト
ジョニー・ワイズミュラー フランセス・ギフォード ジョニー・シェフィールド The Chimpanzee

ターザン砂漠へ行く

  • 1948年12月
  • 原作

「ターザンの凱歌」に次いでソル・レッサー製作、ウィリアム・ティーレ監督、ハリー・J・ワイルド撮影、ジョニー・ワイズミュラー、ジョニー・シェフィールド主演の同じスタッフで作られた1943年作品で、「凱歌」のキャロル・ヤングが原作し、エドワード・T・ロウが脚本を執筆した。

監督
ウィリアム・ティーレ
出演キャスト
ジョニー・ワイズミュラー ジョニー・シェフィールド ナンシー・ケリー オットー・クルーガー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > キャロル・ヤング

ムービーウォーカー 上へ戻る