TOP > 人物を探す > トラルフ・モースタット

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1971年 まで合計2映画作品)

1971年

ソング・オブ・ノルウェー

  • 1971年6月19日(土)
  • 出演(Edward_Grieg 役)

若くして「北欧のショパン」と讃えられたノルウェーの作曲家エドワード・グリーグの半生を、美しい背景と楽しい音楽で描いたミュージカル。製作・監督・脚色を「合言葉は勇気」のアンドリュー・L・ストーン、ホーム・カランの同名ミュージカル・ドラマをミルトン・ラザスが脚本を書き、撮影はデイヴィス・ボウルトン、グリーグの作曲に基づく作詩・作曲をロバート・ラフトとジョージ・フォレスト、音楽監修とロンドン・シンフォニー交響楽団の演奏指揮をローランド・ショウ、編集はヴァージニア・ストーン、振付はリー・シオドール、美術をウィリアム・アルバート・ヘヴメイヤー、衣装デザインをデイヴィッド・ウォーカーなどがそれぞれ担当。出演はノルウェーの舞台からの新人トラルフ・モースタット、同じくアメリカの舞台からフローレンス・ヘンダーソン、「歓び」のクリスチーナ・ショリン。その他、フランク・ポレッタ、ハリー・セコンベ、「シンシナティキッド」のエドワード・G・ロビンソン、フレデリック・ジャガー、ヘンリー・ギルバート、リチャード・ワーズワース、ロバート・モーリーなど。デラックスカラー、スーパーパナビジョン70ミリ。1971年作品。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
トラルフ・モースタット フローレンス・ヘンダーソン クリスティーナ・ショリン フランク・ポレッタ
1954年

女ごころ(1951)

  • 1954年3月19日(金)
  • 出演(Jorgen 役)

デンマーク女流監督アストリド・ヘニング・イェンセンが、ノルウェイに赴いて脚本監督にあたった一九五一年作品。中年女性の心理を描くもので、撮影はアーサー・J・オルニッツとペル・G・ヨンソンの共同、音楽はパウリーヌ・ハルの担当。出演者はレナルグ・アルトゥン、エリック・ヘル、ヴェンケ・フォス、ハラルド・ハイデ・ステェン、コルビャン・ブーエンなど。

監督
アストリド・ヘニング・イェンセン
出演キャスト
レナルド・アルトゥン エリック・ヘル ハラルド・ハイデ・ステェン ランディ・コルスタッド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > トラルフ・モースタット