映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・シューワード

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1935年 まで合計3映画作品)

1935年

空の殺人光線

  • 1935年当年公開
  • 出演(Mona 役)

「八点鐘」「空軍の覇者」のラルフ・ベラミーと「今宵も楽しく」「ナガナ」のタラ・ビレルが主演する映画で、最近墜死した世界早廻り飛行記録樹立者のウィリー・ポストが特別出演したもの。監督は「国境飛行隊」「突進大飛行船」のアルバート・S・ロージェルが当たり、台本はグリフィン・ジェイとグレイス・ネヴィルが共同して書き下ろしたもの。助演は「歌の翼」のダグラス・ダンブリル及びロバート・アレン「特急二十世紀」のビリー・シューワード、ロバート・ミドルマス、エドワード・ヴァン・スローン等で、撮影はハリー・フロイリヒ担当。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ラルフ・ベラミー タラ・ビレル ウィリー・ポスト ダグラス・ダンブリル

ニュースカメラマン戦線

  • 1935年当年公開
  • 出演(Ann_Jordan 役)

「ベンガルの槍騎兵」のリチャード・クロムウェル、「暁闇の電光」のビリー・シューワード、「男の敵」のウォーレス・フォード及び「当たり屋勘太」のジャック・ラルーが主演する映画で、アンソニー・コールドウェイが原作脚色し、ランバート・ヒルヤーが監督に当たり、ベン・クライトンが撮影した。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
リチャード・クロムウェル ビリー・シューワード ウォーレス・フォード ジャック・ラルー
1934年

特急二十世紀

  • 1934年当年公開
  • 出演(Anita 役)

「トパーズ(1933)」「夜間飛行」のジョン・バリモアが主演する映画で「犯罪都市(1931)」「国際盗賊ホテル」を合作したチャールズ・マッカーサーとベン・ヘクトとがチャールズ・ミルホランドの協力を得て書卸した戯曲に基き、マクアーサー、ヘクトが映画用に脚色したものを「暗黒街の顔役(1932)」「今日限りの命」のハワード・ホークスが監督、「青空天国」「十三日の殺人」のジョー・オーガストが撮影した。バリモアの対手役は「ボレロ」「白い肉体」のキャロル・ロムバードを始めとして「青空天国」「或る夜の出来事」のウォルター・コノリー、「ある日曜日の午後」「或る夜の出来事」のロスコー・カーンス、「ケンネル殺人事件」のエチエンヌ・ジラルドオ、ラルフ・フォーブス、デール・フラー、等である。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジョン・バリモア キャロル・ロンバード ウォルター・コノリー ロスコー・カーンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・シューワード