映画-Movie Walker > 人物を探す > ウェズリー・バリー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1937年 まで合計21映画作品)

1937年

からくり女王

  • 1937年公開
  • 出演(Assistant_Director 役)

「作家と御婦人」のパッシー・ケリー、「迷優ナポレオン」のジャック・ヘイリー、「宝の山」のロジナ・ローレンス、「オーケストラの少女」のミッシャ・オーアおよび「カレッジ・リズム」のリダ・ロバーティが主演する映画で、スタン・ローレル、オリビア・ハーディのチームもとくに出演する。脚本はリチャード・フローノイ、アーサー・バーノン・ジョーンズ、トーマス・J・デューガンが協力して書き下ろし、「死の本塁打」のエドワード・セジウィックが監督に当たり、「天国漫歩」のノーバート・ブロディンが撮影した。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
パッシー・ケリー ジャック・ヘイリー ロジナ・ローレンス ミッシャ・オウア

誘拐団

  • 1937年公開
  • 出演(Orvil 役)

「踊らん哉」のエドワード・エヴァレット・ホートン、舞台から来たルイズ・キャンベル、「箱入り亭主」のリン・オバマンおよびベニー・ベイカー、「海の魂」のポーター・ホールおよびルシアン・リトルフィールド「医者の日記」のルース・コールマン、「街は春風」のエスター・デール、子役ビリー・リーが共演する映画で、ポール・ギャリコの原作をエドワード・T・ロウ、マーゲリット・ロバーツ、エディ・ウェルチが協力脚色し、「ベンガルの虎」のルイ・キングが監督し、「箱入り亭主」のヘンリー・シャープが撮影したものである。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン ルイズ・キャンベル リン・オヴァーマン ルシアン・リトルフィールド
1935年

化石人間

  • 1935年公開
  • 出演(Alfred_Jr. 役)

「勝利の朝」「キャバレエの鍵穴」のローウェル・シャーマンが物故する前に監督製作して遺作で、同じく最近故人となった米国ユーモア作家ソーン・スミス作の小説を映画化したもの。脚色にはバリー・トリヴァースが当たり撮影はジョン・メスコールが担任した。出演者は「ローマ太平記」「深夜の紳士」のアラン・モーブレイ、「第三の恋」「シナラ」のフロリン・マッキニー、「時計は踊る」「世界大洪水」のペギー・シャノンを始め、レイ・コリガン、ジョージ・ハッセル、アイリーン・ウェーア、フェルディナンド・ゴットシャルク、等である。

監督
ローウェル・シャーマン
出演キャスト
アラン・モウブレイ フロリン・マッキニー ペギー・シャノン リチャード・カール

ニュースカメラマン戦線

  • 1935年公開
  • 出演(Dick_Williams 役)

「ベンガルの槍騎兵」のリチャード・クロムウェル、「暁闇の電光」のビリー・シューワード、「男の敵」のウォーレス・フォード及び「当たり屋勘太」のジャック・ラルーが主演する映画で、アンソニー・コールドウェイが原作脚色し、ランバート・ヒルヤーが監督に当たり、ベン・クライトンが撮影した。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
リチャード・クロムウェル ビリー・シューワード ウォーレス・フォード ジャック・ラルー
1934年

ある女の一生

  • 1934年公開
  • 出演(Herbert_Somerby 役)

「泉」「晩春」のアン・ハーディングが「昨日」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズを相手に主演する映画で、ルイス・ブロムフィールドの原作を「泉」「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが脚色し、「農園のレベッカ」「嵐の国のテス(1932)」のアルフレッド・サンテルが監督に当たり、「紅雀」「宿命の窓」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演者は「結婚の夜」のヘレン・ヴィンソン、「愛と光」のベティ・ファーネス、「乙女よ嘆くな」のフランク・アルバートソン、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「泉」のセーラ・ヘイドン、モリー・オディ、その他。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
アン・ハーディング ジョン・ボールズ ヘレン・ヴィンソン ベティ・ファーネス
1928年

鋼鉄軍曹

  • 1928年公開
  • 出演(Mickey_Neilan 役)

アンカー映画社発売のクレセント映画で「地獄極楽」「燃ゆる復讐」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので、「野球成金」「金髪の歌」のライラ・リー嬢、「野球王」「雨製造者」のウェード・ボトラー氏、「ワイルド・ギース」「そばかす拳闘士」のウェズリー・バリー氏、「大陸大王」「鍍金広小路」のシェルドン・ルイス氏「デニーの薮医者」のホイラー・オークマン氏「燃ゆる青春」のギャレス・ヒューズ氏等が共演する戦争喜劇である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ライラ・リー ウェード・ボトラー ウェズリー・バリー ドナルド・キース

空の鍛冶屋

  • 1928年公開
  • 出演(Red 役)

ダッドリー・マーフィー氏のオリジナル・ストーリーの映画化で「荒み行く女性」「死線を潜りて」等と同じくハワード・ヒギン氏の監督作品である。脚色したのはエリオット・J・クローソン氏とテイ・ガーネット氏との2人である。主役は「美人国二人行脚」「陸軍士官学校」等出演のウィリアム・ボイド氏で、「アラビヤ三人盗賊」「長屋騒動パリの巻」等出演のスー・キャロル嬢と、「学窓の思い出」を監督したほか多数の映画に出演したアラン・ヘール氏との2人が対手役を演じるほか、「未来派女学生」等出演のアルバータ・ヴォーン嬢やウェズリー・バリー君、等も出演する。

監督
ハワード・ヒギン
出演キャスト
ウィリアム・ボイド アラン・ヘイル スー・キャロル アルバータ・ヴォーン
1927年

ワイルド・ギース(1927)

  • 1927年公開
  • 出演(Martin_Gare 役)

マーサ・オステンソ女史の有名な小説を映画化したもので、A・P・ヤンガー氏が脚色し、フィル・ストーン氏が監督した。「マザー・マクリー」出演のベル・ベネット嬢、「野次喜多空中の巻」出演のラッセル・シンプソン氏、「ガウチョウ」出演のイヴ・サザーン嬢「東は東、西は西」出演のアニタ・スチュアート嬢等が重要な役を演ずる外、ドナルド・キース氏、ジェイソン・ロバーズ氏、ウェズリー・バリー氏なども出演している。

監督
フィル・ストーン
出演キャスト
ベル・ベネット ラッセル・シンプソン イヴ・サザーン ドナルド・キース
1925年

海軍士官候補生(1925)

  • 1925年公開
  • 出演(Ted_Lawrence 役)

「アラブ」「愛人の誓」等と同じくラモン・ノヴァロ氏主演映画で、ケーリー・ウィルソン氏が執筆した物語をマツグルウ・ウイリス氏が脚色し「廻り会う迄」「画家の妻」「島の娘」等と同じくクリスティー・キャバンヌ氏が監督したものである。相手役は「愛の黒眼鏡」出演のハリエット・ハモンド嬢で、ウェズリー・バリー君、クロフォード・ケント氏、マーガレット・セドン嬢、キャスリーン・キイ嬢、ウィリアム・ボイド氏等が助演している。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ ハリエット・ハモンド ウェズリー・バリー クロフォード・ケント

そばかす拳闘王

  • 1925年公開
  • 出演(Battling_Bunyan 役)

レイモンド・レスリー・ゴールドマン氏がサタディ・イヴニング・ボースト氏に掲げた原作に基づき、ジェフ・モフィット氏が脚色し、新進のボール・ハースト氏が監督したもの。主役は「そばかす大総領」「そばかす編輯長」等主演のウェズリー・バリー君。対手は「名馬一鞭」「警鐘乱打」等出演のモリー・マローン嬢である。

監督
ポール・ハースト
出演キャスト
ウェズリー・バリー ランダース・スティーヴンス Pat Kemp モリー・マローン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウェズリー・バリー