TOP > 映画監督・俳優を探す > ジューン・デュプレエ

年代別 映画作品( 1939年 ~ 1951年 まで合計4映画作品)

1949年

密輸空路

  • 1949年10月
  • 出演(Marina_Tanev 役)

「最後の地獄船」と同じくシートン・I・ミラー製作・脚本。ジョン・ファーロウ監督アラン・ラッド主演、ウィリアム・ベンディックス共演になる1945年作品。相手女優は「桃色の旅行鞄」「拳銃無宿」のゲイル・ラッセルで新人ジューン・デュブレエ、ロウエルめギルモア、ゲヴィン・ミューア等である。撮影は「失われた週末」のジョン・サイツの担当。音楽はパラマウント音楽部長のヴィクター・ヤングの作編曲である。

監督
ジョン・ファーロウ
出演キャスト
アラン・ラッド ゲイル・ラッセル ウィリアム・ベンディックス ジューン・デュプレエ
1945年

そして誰もいなくなった(1945)

  • 1945年
  • 出演(Vera 役)

『犯罪小説の女王』と呼ばれた故アガサ・クリスティー女史が40年に発表した同名小説の映画化第1回作品。第2回はジョージ・ポロック監督の66年作「姿なき殺人者」、第3回はピーター・コリンソン監督の76年作(未公開)。戦火を避けて渡米していたルネ・クレールが監督。脚本をルネ・クレールと、「男の敵」でアカデミー賞を得たダドリー・ニコルズが書いている。撮影は「南部の人」のルシアン・アンドリォット。音楽はチャールズ・プレヴィン。出演はイギリス出身の俳優が多くバリー・フィッツジェラルド、ウォルター・ヒューストン、ルイス・ヘイワード、ジューン・デュプレなど。

監督
ルネ・クレール
出演キャスト
バリー・フィッツジェラルド ウォルター・ヒューストン ルイス・ヘイワード ローランド・ヤング
1951年

バグダッドの盗賊(1940)

  • 1951年12月22日(土)
  • 出演(Princess 役)

「絶壁の彼方に」のアレクサンダー・コルダが指揮した一九四〇年度色彩映画で、弟のゾルタン・コルダ(「ジャングル・ブック」の監督)と美術監督として有名なウィリアム・キャメロン・メンジースが協同製作する。「熱砂の秘密」のラヨス・ビロがストーリーを書き、脚本家兼俳優のマイルス・メールスンが脚本・台詞を執筆、ウィーン派のルドウィッヒ・ベルガー(「ワルツ合戦」)と「黒水仙」のマイケル・パウエルが協同監督した。撮影はジョルジュ・ペリナール、音楽は「白い恐怖」のミクロス・ローザが担当する。出演者は「ジャングル・ブック」のサブウ、ヴェテラン、コンラート・ファイト、「四枚の羽根」のジューン・デュプレエ、舞台出身のジョン・ジャスティン、「緑の牧場」のレックス・イングラムら。なお本映画は一九四〇年のアカデミイ賞で、色彩撮影、美術、特殊技術、音響効果の四部門賞を得た。

監督
ルドウィッヒ・ベルガー マイケル・パウエル
出演キャスト
コンラート・ファイト サブウ ジューン・デュプレエ ジョン・ジャスティン
1939年

四枚の羽根(1939)

  • 1939年
  • 出演(Ethne Burroughs 役)

イギリス作家A・E・W・メーソンの同名の小説二度目の映画化(第一回は二九年パラマウント)で、「邪魔者は殺せ」のR・C・シェリフが脚色、「バグダッドの盗賊(1940)」のゾルタン・コルダが監督した。撮影はジョルジュ・ペリナール、音楽はミクロス・ローザ(共に「バグダッドの盗賊(1940)」)。主演は「鎧なき騎士」のジョン・クレメンツ、「アンナ・カレニナ」のラルフ・リチャードソン、「若草物語」のオーブリー・スミス、「バグダッドの盗賊(1940)」のジューン・デュプレエで、以下ジャック・アレン、ドナルド・グレイ、フレデリック・カリーが助演。

監督
ゾルタン・コルダ
出演キャスト
ジョン・クレメンツ ラルフ・リチャードソン オーブリー・スミス ジューン・デュプレエ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジューン・デュプレエ

ムービーウォーカー 上へ戻る