映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・タシュリン

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1988年 まで合計23映画作品)

1988年

ミッキーの巨人退治

  • 1988年7月23日(土)公開
  • 脚本

誤解により巨人退治に出かける羽目となった仕立て屋のミッキーの冒険を描く短篇アニメーション。監督はビル・ロバーツ。1988年7月23日より「眠れる森の美女」「ピーター・パン」のリバイバル公開時の併映。

出演キャスト
ウォルト・ディズニー マーセリット・ガーナー
1967年

おしゃれスパイ危機連発

  • 1967年6月23日(金)公開
  • 監督、脚本

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ドリス・デイ リチャード・ハリス レイ・ウォルストン ジャック・クラシェン
1966年

マーメイド作戦

  • 1966年9月3日(土)公開
  • 監督

「百万弗の人魚」のエヴェレット・フリーマンの脚本を、「底抜け00の男」のフランク・タシュリンが監督したスパイ・コメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「ふるえて眠れ」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のコンビ、ドリス・デイとロッド・テイラー、舞台・TVのベテラン俳優アーサー・ゴッドフリー、「メイド・イン・パリ」のジョン・マクギバーほか。製作はマーティン・メルチャーと、脚本担当のエヴェレット・フリーマン。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ドリス・デイ ロッド・テイラー アーサー・ゴッドフリー ジョン・マクギバー
1965年

底抜け00の男

  • 1965年3月13日(土)公開
  • 監督、脚本

ノーム・リーブマンとエド・ハースの原作を、「底抜けオット危い!」のフランク・タシュリンが脚色・監督したコメディ。撮影は「底抜け大学教授」のW・ウォーレス・ケリー、音楽はジョセフ・J・リリーが担当した。出演は「底抜けいいカモ」のジェリー・ルイス、「キッスン・カズン」のグレンダ・ファレル、エヴェレット・スローン、カレン・シャープ、スーザン・オリバーなど。主題歌をサミー・デイビス・ジュニアが歌っている。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ジェリー・ルイス グレンダ・ファレル エヴェレット・スローン カレン・シャープ
1964年

現金お断り

  • 1964年3月4日(水)公開
  • 監督

ビル・ブラッティとジョン・フェントン・マレイの共同ストーリーをブラッティが脚色、「底抜けオットあぶない」のフランク・タシュリンが監督したコメディ。「西13番街」のビル・ブルームの製作、「殺人地帯U・S・A」のハル・モーアの撮影、音楽はステュー・フィリップスが担当した。出演者は「替え玉作戦」のダニー・ケイ、「手錠のままの脱獄」のカーラ・ウィリアムス。「大都会の女たち」のマーサ・ハイヤー、「インターン」のテリー・サヴァラスのほかエヴェレット・スローン、ケイ・スティーヴンスなど。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ダニー・ケイ カーラ・ウィリアムス マーサ・ハイヤー テリー・サヴァラス
1963年

底抜けオットあぶない

  • 1963年12月25日(水)公開
  • 監督、脚本

製作は「棚ボタ作戦」のポール・ジョーンズ、監督は「女はそれを我慢できない」のフランク・タシュリン、撮影はW・ウォーレス・ケリー。出演者はルイスのほかに「ナイスガイ・ニューヨーク」のジル・セント・ジョン、「勝利者(1963)」のアグネス・ムーアヘッド、「アパートの鍵貸します」のレイ・ウォルストン、「ちびっこ天使」のジョン・マクギバーなど。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ジェリー・ルイス ジル・セント・ジョン アグネス・ムーアヘッド ジョン・マクギバー

底抜け棚ボタ成金

  • 1963年1月1日(火)公開
  • 監督

「底抜け便利屋小僧」につぐジェリー・ルイス主演の推理喜劇。ジョン・フェントン・マレイの脚本をもとに「独身アパート」のフランク・タシュリンが監督し、「底抜け便利屋小僧」のW・ウォーレス・ケリーが撮影を、ウォルター・シャーフが音楽を担当している。製作は「底抜け西部へ行く」のポール・ジョーンズ。出演者はルイスのほか「反逆者の群れ」のザカリー・スコット、「コマンチェロ」のジョーン・オブライエン、TVや舞台のメー・ケストル、「悪い種子」のジェシー・ホワイト、「ガールハント」のジャック・ウェストンなど。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ジェリー・ルイス ザカリー・スコット ジョーン・オブライエン メー・ケストル
1962年

独身アパート

  • 1962年6月1日(金)公開
  • 監督、脚色

海辺を舞台にした青春コメディー。バット・クロスマンの舞台劇から、監督のフランク・タシュリンとバット・クロスマン自身が脚色。撮影はダニエル・L・ファップ、音楽はジョニー・ウィリアムス(2)が担当。出演は「青春の旅情」のチューズデイ・ウェルド、「ウエスト・サイド物語」のリチャード・ベイマー、テリー・トーマス、セレステ・ホルムなど。ジャック・カミングス製作。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
チューズデイ・ウェルド リチャード・ベイマー テリー・トーマス セレステ・ホルム
1961年

底抜けシンデレラ野郎

  • 1961年5月5日(金)公開
  • 監督、原作、脚本

シンデレラ物語の主人公を男にかえ現代化した喜劇。フランク・タシュリンが監督とシナリオを担当。「船を見棄てるナ」のハスケル・ボッグスが撮影を受けもっている。音楽はウォルター・シャーフ。出演するのはジェリー・ルイスをはじめ、アンナ・マリア・アルバゲッティ、「アンネの日記」のエド・ウィン、ジュディス・アンダーソンなど。製作ジェリー・ルイス。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ジェリー・ルイス エド・ウィン ジュディス・アンダーソン アンナ・マリア・アルバゲッティ
1959年

ひとこと云って

  • 1959年10月15日(木)公開
  • 監督、製作

若い踊り子と神父をめぐるメロ・ドラマ。ロバート・オブライエンの脚本を「底抜け慰問屋・行ったり来たり」のフランク・タシュリンが監督、「大戦争」のレオ・トーヴァーが撮影を担当。音楽は作詞をサミー・カーン、作曲をジェームズ・ヴァン・ヒューゼン、監修・指揮をライオネル・ニューマンが担当。出演は「上流社会」のビング・クロスビー、「艦隊は踊る」のデビー・レイノルズ、「大戦争」のロバート・ワグナー、他にレイ・ウォルストン、レス・トレメインら。製作フランク・タシュリン。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ビング・クロスビー デビー・レイノルズ ロバート・ワグナー レイ・ウォルストン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・タシュリン