映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・ガイス

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1927年 まで合計16映画作品)

1927年

グリフィスの婚礼屋

  • 1927年
  • 出演(Mr._Markham 役)

「ペンキ塗り立て」に続いて製作されたレイモンド・グリフィス氏主演喜劇で、グローヴァ・ジョーンズ氏、キーン・トンプソン氏、ロイド・コリガン氏合作の映画台本によって「奥様お耳拝借」「弱虫大手柄」等と同じくアール・C・ケントン氏が監督したもの。グリフィス氏の相手役は新進花形アン・シエリダン嬢が勤め、ハラム・クーリー氏、アイリス・ステユアート嬢、ブイヴァン・オークランド嬢などが助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
レイモンド・グリフィス アン・シェリダン ハラム・クーリー アイリス・スチュアート
1926年

えくぼ御用心

  • 1926年
  • 出演(Leland_Brockman_ 役)

サタデイ・イブニング・ポストに連載されたニナ・ウィルコックス・プトナム女史作の小説に基づきA・P・ヤンガー氏とオルガ・プリンツロー女史が脚色し「我れ世に誇る」「発明の栄冠」等と同じくエドワード・スローマン氏が監督したもの。主役は「乙女の危険期」「厄介娘」等主演のローラ・ラ・プラント嬢で「独身倶楽部」等出演のハリー・マイヤース氏「滑稽ホリウッド」等出演のアレクサンダー・カー氏及びユッカ・トルーベツコイ氏、バートラム・グラスビー氏等が助演している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ハリー・マイヤース バートラム・グラスビー アレクサンダー・カー
1924年

忘れられし妻

  • 1924年
  • 出演(Judge_Henry 役)

「嵐の判決」と同じくパルマー社が製作してエフ・ビー・オー社から発売した映画の1つである。原作はウィル・ラムバート、原作者と「嵐の判決」を監督したデル・アンドリュースとが共同で脚色し、「唖も語る」等と同じくウィリアム・A・サイターが監督した。主役は「ローナ・ドゥーン」出演のマッジ・ベラミーで、新進のワーナー・バクスターが対手である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
マッジ・ベラミー ワーナー・バクスター モード・ウェイン ヘイゼル・キーナー
1923年

舞踊王国

  • 1923年
  • 出演(Gen._Muroff 役)

「孔雀の路」「舞姫悲し」「女の魅力」等と同じくエドモンド・グールディングの原作になったもので、例によってロバート・Z・レナードの監督、メイ・マレイの主演になったもの、対手は「十誡(1923)」等出演のロッド・ラ・ロックで、例の通りマレイのダンスを見せる華麗な作品である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
メイ・マレイ ロッド・ラロック ハーバート・スタンディング エドモンド・バーンズ
1922年

山の掟

  • 1922年
  • 出演(Etienne_De_Croteau 役)

「最後の一撃」「義憤の熱血」等同様フランク・メイオ氏主演のユ社映画で同社の腕利きスチュアート・ペイトン氏の監督である。相手役として「悪戯」「身代りロメオ」等出演のシルヴィア・ブリーマー嬢が出演している。

監督
スチュアート・ペイトン
出演キャスト
フランク・メイオ シルヴィア・ブリーマー トム・ガイス リチャード・カミングス

富に群る者

  • 1922年
  • 出演(Bride's_father 役)

ドン・バーンの小説をマーシャル・ニーランとフランク・アーソンが脚色し、ニーランが自ら監督の任に当たった。氏のゴールドウィンにおける第1回作品である。主役は「誰が罪ぞ」「母よ恋し」等出演のクレア・ウィンザー、「信号塔」「最後の一塁」等出演のロックリフ・フェローズ、「風雲のゼンダ城」「扉の後」等出演のホバート・ボスウォース、「売られ行く魂」「家宝の一言」等出演のエリナー・ボードマン等で、その他前記のごとき多数の人気俳優たちが出演している。労働問題を主題とした映画である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ホバート・ボスウォース クレア・ウィンザー ロックリフ・フェローズ フォード・スターリング

旅芸人の群

  • 1922年
  • 出演(Warren_selden 役)

A・P・ヤンガーの原作および脚色を、グラディス・ウォルトンが主演し、グレイディスの初期作品を多く監督したハリー・B・ハーリスが監督せるもので、対手役は「鉄拳娘」「天空の女」などと同じくジャック・ペリンである。そのほかキャスリーン・オコンナー、メアリー・フィルビン、トーマス・ホールディングなど珍しい顔ぶれである。

監督
ハリー・B・ハーリス
出演キャスト
グラディス・ウォルトン ジャック・ペリン トーマス・ホールディング キャスリーン・オコンナー
1921年

恋の巡礼

  • 1921年
  • 出演(Senator_Watt 役)

サミュエル・マーウィン氏の小説をロバート・G・ヴィニョーラ氏の監督で映画化したコスモポリタン映画。主役は「嵐」「美貌の力」等同様のマット・ムーア氏で、其他ジュリア・スウェイン・ゴードン嬢、クレア・ウィットネー嬢、ルビー・デ・レマー嬢等が共演している。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
マット・ムーア Mary Newcomb ジュリア・スウェイン・ゴードン トム・ガイス
1920年

目醒し時計のアンディー

  • 1920年
  • 出演(Mr._Wells 役)

アグネス・ジョンストン女史の原作をジェローム・ストーム氏が監督した人情喜劇で、チャールズ・レイ氏とミリセント・フィッシャー嬢の共演である。『レイ氏の真面目にして懐かしみのある芸風は、こんな平凡でないものと来ているから、同情さるべきヒーローの性格は必ずや大好評を博すであろう。』とニュース誌は評している。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
チャールズ・レイ ジョージ・ウェッブ ミリセント・フィッシャー トム・ガイス

燻ぶる燃屑

  • 1920年
  • 出演(Congressman 役)

「真鑄の門」の作者ケイト・コーバリー女史の原作を「正邪の兄弟(1919)」等と同じくフランク・キーナン氏自ら監督した人情悲劇で、氏の扮する漂泊者が父の深い慈愛を表現する力強い演技を見るべき映画である。クリスティー喜劇に居たジェイ・ベラスコ氏や「芸術の妻」や「眠れる心」に出演したトム・ガイス氏、其他ケート・ヴァン・ビューレン嬢等が対手を勤めて居る。

監督
フランク・キーナン
出演キャスト
フランク・キーナン ジェイ・ベラスコ ケイト・ヴァン・ビューレン ラス・パウエル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・ガイス