映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・カゼノーヴ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1921年 まで合計7映画作品)

1921年

シーバの女王

  • 1921年
  • 出演(The_Envoy_of_King_Pharaoh 役)

「クレオパトラ(1963)」「サロメ(1918)」以上に大掛かりのフォックス映画社特作歴史劇で、例によってJ・ゴードン・エドワーズ氏の監督に成ったもの主役のシーバの女王には妖艶ベティー・ブライス嬢が扮し、「我れ若し王者なりせば」出演のフリッツ・ライバー氏がソロモン王に、その他ジョージ・シーグマン氏、ハーバート・ヘイス氏、ハーシェル・メイオール氏等も出演する。

監督
J・ゴードン・エドワーズ
出演キャスト
ベティ・ブライス フリッツ・ライバー クレール・ド・ロレス ジョージ・シーグマン
1920年

冒険者(1920)

  • 1920年
  • 出演(Don_Jose 役)

E・ロイド・シェルドンの原作をJ・ゴードン・エドワーズが監督し、ウィリアム・ファーナムが主演した時代劇で、西班牙が世界に覇をとなえていた時代の物語である。相手は「ニウヨークの丑満時」に主演したエステル・テイラーである。

監督
J・ゴードン・エドワーズ
出演キャスト
ウィリアム・ファーナム エステル・テイラー ポール・カゼノーヴ Kenneth Casey

鉄石心

  • 1920年
  • 監督

「地獄船」と同じくフォックス社マドレイン・トラヴァース主演映画で、原作脚色は「地獄船」の原作者でまた「速力狂」そのほか多くのフォックスものを脚色したデニソン・クリフト。氏はポール・カゼノーヴとともに監督の掌にもあたっている。相手役として最近では「近代の夫」に出たメルボーン・マクドウェルや、ユ社の「女優の罪」「死の谷」メトロの「ロンバルジ」など出演のジョージ・マクダニエルらが出演している。

監督
ポール・カゼノーヴ デニソン・クリフト
出演キャスト
エドウィン・ブース・ティルトン マドレイン・トラヴァース ベン・ディーリー メルボーン・マクドウェル

善良なる心

  • 1920年
  • 監督

「鉄石の心」「再生の恋」同様マドレイン・トラヴァース嬢主演のフォックス映画。監督はポール・カゼノーヴ氏。

監督
ポール・カゼノーヴ
出演キャスト
マドレイン・トラヴァース Frederick Stanton ディック・ラ・レノ Charles A. Smily

女市長

  • 1920年
  • 監督

アーリン・ヴァン・ネス・ハインスの原作になった舞台劇を、デニソン・クリフトが脚色し、ポール・カゼノーヴが監督した人情劇で、フォックス社のスターであったアイリーン・パーシーの主演劇である。相手役はラムゼイ・ウォーレス。

監督
ポール・カゼノーヴ
出演キャスト
アイリーン・パーシー ラムゼイ・ウォーレス Charles Force William Fletcher

愛の琴線

  • 1920年
  • 出演(La_Touche 役)

ファーナム氏が西部劇を棄てて、純然たる性格俳優となっている。「夜の狼」「我れ若し王者なりせば」等と同じくJ・ゴードン・エドワーズ氏の監督で、対手はグレイディス・コバーン嬢とベティー・ミルバーン嬢とである。

監督
J・ゴードン・エドワーズ
出演キャスト
ウィリアム・ファーナム グレイディス・コバーン ベティ・ミルバーン ポール・カゼノーヴ
1919年

妻の友達

  • 1919年
  • 出演(Ling_Foo 役)

ドロシー・ダルトンが「黒は白なり」の前に作れる作品で、J・B・ハーリス・バーランド原作の小説「白き岩」The White Rockを、ダルトンの「ラパーシュ」や「人の価値」を監督したジョセフ・ド・グラスが監督する。相手はヘンリー・モーティマーである。

監督
ジョセフ・ド・グラス
出演キャスト
ドロシー・ダルトン ウォーレン・クック ヘンリー・モーティマー リチャード・ニール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・カゼノーヴ