TOP > 映画監督・俳優を探す > ピエール・ジャンドロン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 2013年 まで合計6映画作品)

2013年

青ひげ(1944)

  • 2013年10月13日(日)
  • 脚本

19世紀のパリで暗躍する連続女性殺人犯と彼を追う警察を描くサスペンスホラー。監督はエドガー・G・ウルマー。出演はジョン・キャラダイン、ジーン・パーカー、ニルス・アスターほか。2013年10月12日より、東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催された「エドガー・G・ウルマーとゆかいな仲間たち」にてデジタル上映。

監督
エドガー・G・ウルマー
出演キャスト
ジョン・キャラダイン ジーン・パーカー ニルス・アスター
1924年

ブロードウェイ颪

  • 1924年
  • 出演(Florelle 役)

フレデリック及びファニー・ハットン夫妻の原作及び脚色を、「地の極まで」等と同じくエドモンド・モーティマーが監督し、「巌窟王(1922)」「地の極まで」等主演のジョン・ギルバートが主演した探偵劇で、「命を的に」「漂白の兄弟」等出演のマリアン・ニクソンが対手をする。

監督
エドモンド・モーティマー
出演キャスト
ジョン・ギルバート マリアン・ニクソン トリルビー・クラーク ピエール・ジャンドロン

3人の女性

  • 1924年
  • 出演(Fred_Armstrong 役)

「結婚哲学」に続くエルンスト・ルビッチ氏在独時代の片腕たりしハンス・クレーリー氏が台本を書いた三角恋愛劇である。3人の女性は「水塔の西」のメイ・マカヴォイ嬢と「燻ゆる情炎」のポーリン・フレデリック嬢、「結婚哲学」のマリー・プレヴォー嬢で、男は「離婚歓迎」のルー・コディ氏である。その他ウィラード・ルイス氏、メアリー・カー夫人等も助演している。尚助監督として「十番目の女」のジェームス・フラッド氏「包囲の中に」のスヴェン・ガーダ氏及びヘンリー・ブランク氏がウビッチュ氏を助けた。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ポーリン・フレデリック マリー・プレヴォー ルー・コディ

恋の舞台姿

  • 1924年
  • 出演(Charles_Deburau 役)

パリ劇壇で作者としても俳優としても名声あるサッシャ・ギトリー氏作の舞台劇に基づきドロシー・ファーナム女史が脚色し、「ボー・ブラムメル」「恋の逢瀬」等と同じくハリー・ボーモン氏が監督したものである。主役は「父を呼ぶ声」「結婚哲学」等と同じくモント・ブルー氏とマリー・プレヴォー嬢でウィラード・ルイス氏、カールトン・ミラー氏、ウィニフレド・ブライスン嬢、ブランドン・ハースト氏等が助演している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
モント・ブルー マリー・プレヴォー ウィラード・ルイス ピエール・ジャンドロン
1923年

晩年の誘惑

  • 1923年
  • 出演(Harold_Reed 役)

ビートリス・ドヴスキーの原作をチャールズ・ホーランが監督した社会劇で、主役は「塵の明星」に主演したホープ・ハンプトンで、その他ロバート・ヘインズ、ペギー・ショウ、フローレンス・ショート等が共演する。

監督
チャールズ・ホーラン
出演キャスト
ホープ・ハンプトン ロバート・ヘインズ フローレンス・ショート ウォルター・ペティ

想い出のブロードウェイ

  • 1923年
  • 出演(Jack_Graham 役)

サタデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたアール・ダー・ビッガーズ氏作の小説に基づき、「母よ何処」等と同じくサール・ドウリー氏が監督した。主役は「オーバー・ザ・ヒル」主演のメアリー・カー夫人、「冬来りなば」のパーシー・マーモント氏、「名家の秘密」のエドワード・アール氏等である。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
メアリー・カー パーシー・マーモント グラディス・レスリー ドーア・デイヴィッドソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ピエール・ジャンドロン

ムービーウォーカー 上へ戻る