映画-Movie Walker > 人物を探す > ポーラ・プレンティス

年代別 映画作品( 1961年 ~ 1975年 まで合計12映画作品)

1975年

マンハッタン皆殺し作戦

  • 1975年9月6日(土)公開
  • 出演(Anne 役)

現代のニューヨークを舞台に、巨大な組織と対決する一匹狼のギャングの姿を描く。製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督は「山いぬ」のカルロ・リッツァーニ、脚本はルイス・ジョン・カルリーノ、原案はニコラス・ゲイジ、撮影はアルド・トンティ、音楽はデニス・メイトランドが各々担当。出演はピーター・ボイル、ポーラ・プレンティス、フレッド・ウィリアムソン、イーライ・ウォラックなど。日本語版監修は野中重雄。テクニカラー、ビスタサイズ。1974年作品。

監督
カルロ・リッツァーニ
出演キャスト
ピーター・ボイル ポーラ・プレンティス フレッド・ウィリアムソン チャールズ・チオッフィ

パララックス・ビュー

  • 1975年6月14日(土)公開
  • 出演(Lee_Carter 役)

進歩派のアメリカ大統領候補の奇怪な暗殺の謎を追う新聞記者の行動を通して現代アメリカの病根をえぐる。製作総指揮はガブリエル・カッカ、製作・監督は「コールガール」のアラン・J・パクラ、脚本はデイヴィッド・ガイラーとロレンゾ・センプル・ジュニア、原作はローレン・シンガー、撮影はゴードン・ウィリス、音楽はマイケル・スモールが各々担当、出演はウォーレン・ベイティ、ポーラ・プレンティス、ウィリアム・ダニエルス、ウォルター・マギン、ヒューム・クローニンなど。

監督
アラン・J・パクラ
出演キャスト
ウォーレン・ベイティ ポーラ・プレンティス ウィリアム・ダニエルズ ウォルター・マギン
1973年

生き残るヤツ

  • 1973年2月10日(土)公開
  • 出演(Veronica 役)

ニューヨークの真中にカメラを据え、街の活気、生活の騒音などを取り入れ、麻薬中毒、アル中、浮浪者など世の中からはみ出した人間たちの悲哀を描く。製作総四季はジェリー・トコフスキー、製作はフィリップ・ラングナー、監督はチャコスロバキア出身のアイヴァン・バサー、脚本はデイヴィッド・スコット・ミルトン、撮影はジャック・プリーストリー、音楽はウィリアム・S・フィッシャー、編集はラルフ・ローゼンバームが各々担当。出演はジョージ・シーガル、ポーラ・プレンティス、カレン・ブラック、ジェイ・フレッチャー、ヘクター・エリゾンド、マーシア・ジャン・クルツ、アーヴィング・セルブスト、エド・マドセンなど。

監督
アイヴァン・パサー
出演キャスト
ジョージ・シーガル ポーラ・プレンティス カレン・ブラック ジェイ・フレッチャー
1971年

キャッチ22

  • 1971年10月21日(木)公開
  • 出演(Nurse_Duckett 役)

人間の愚かしい戦争をパロディ化しながらも、人間だけが有する豊かな生命力、人間愛を謳い上げた作品。製作はジョン・コーリーとマーティン・ランソホフの共同、監督は「卒業」のマイク・ニコルズ、ジョセフ・ヘラーの原作をバック・ヘンリーが脚色、撮影はデイヴィッド・ワトキン、編集はサム・オースティンがそれぞれ担当。音楽はリヒァルト・シュトラウス作曲の「ツァラツストラはかく語りき」が挿入されている。飛行シーンの監修はフランク・トールマンが担当。出演は「愛すれど心さびしく」のアラン・アーキン、マーティン・バルサム、脚本を担当したバック・ヘンリー、「わが愛は消え去りて」のリチャード・ベンジャミン、「真夜中のカーボーイ」のジョン・ヴォイト、ポーラ・プレンティス、サイモンとガーファンクスのアーサー・ガーファンクル、「扉の影に誰かいる」のアンソニー・パーキンス、「市民ケーン」「わが命つきるとも」のオーソン・ウェルズ、ジャック・ギルフォード、ボブ・ニューハート、マーティン・シーンなど。日本語版監修は清水俊二。テクニカラー、パナビジョン。1971年作品。

監督
マイク・ニコルズ
出演キャスト
アラン・アーキン マーティン・バルサム リチャード・ベンジャミン アーサー・ガーファンクル
1965年

何かいいことないか子猫チャン

  • 1965年12月18日(土)公開
  • 出演(Liz 役)

コメディアンで、この映画にも出演するウディ・アレンのシナリオをクライヴ・ドナーが監督したセクシー・コメディ。撮影はジャン・バダル、音楽はバート・バカラックが担当した。出演は「ロード・ジム」のピーター・オトゥール、「マリアンの友だち」のピーター・セラーズ、ウディ・アレン、「ピンクの豹」のキャプシーヌ、「007は殺しの番号」のウルスラ・アンドレス、「ちょっとご主人貸して」のロミー・シュナイダー、「マリアンの友だち」のポーラ・プレンティスほか。製作はチャールズ・K・フェルドマン。

監督
クライヴ・ドナー
出演キャスト
ピーター・オトゥール ピーター・セラーズ ロミー・シュナイダー キャプシーヌ

危険な道

  • 1965年7月24日(土)公開
  • 出演(Bev_McConnel 役)

ジェームズ・バセットの原作をウェンデル・メイスが脚色、「枢機卿」のオットー・プレミンジャーが製作・監督した戦争ドラマ。撮影は「シェーン」のロイヤル・グリグス、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「サーカスの世界」のジョン・ウェイン、「5月の7日間」のカーク・ダグラス、「西部開拓史」のヘンリー・フォンダ、「ハッド」のパトリシア・ニール、「枢機卿」のトム・トライオン、「マリアンの友だち」のポーラ・プレンティス、ほかにブランドン・デ・ウィルデ、ジル・ハワース、ダナ・アンドリュース、バージェス・メレディスなど。

監督
オットー・プレミンジャー
出演キャスト
ジョン・ウェイン カーク・ダグラス パトリシア・ニール トム・トライオン
1964年

マリアンの友だち

  • 1964年10月27日(火)公開
  • 出演(Stella 役)

ノーラ・ジョンソンの自伝的小説を彼女と「灰色の服を着た男」のナナリー・ジョンソン父娘が共同で脚色、舞台演出家のジョージ・ロイ・ヒルが演出したアイロニカル・コメディ。撮影は「波止場」のボリス・カウフマンとアーサー・J・オーニッツ、音楽は「大脱走」のエルマー・バーンスタインが担当した。出演は「ピンクの豹」のピーター・セラーズ、子役マリー・スパース、ティッピー・ウォーカー、「男性の好きなスポーツ」のポーラ・プレンティス、「影なき狙撃者」のアンジェラ・ランズベリー、ほかにトム・ボスレー、フィリス・サクスターなど。

監督
ジョージ・ロイ・ヒル
出演キャスト
ピーター・セラーズ ティッピー・ウォーカー マリー・スパース ポーラ・プレンティス

男性の好きなスポーツ

  • 1964年3月14日(土)公開
  • 出演(Abigail_Page 役)

ジョン・フェントン・マレイとスティーヴ・マックニールの共同脚本をハワード・ホークスが演出したスラップスティック・コメディ。撮影はラッセル・ハーラン、音楽は「シャレード」のヘンリー・マンシーニが担当。出演者は「ミサイル空爆戦隊」のロック・ハドソン、「渚のデイト」のポーラ・プレンティス、新人マリア・パーシー、TVからシャーレン・ホルトのほか、ジョン・マクギバー、ロスコー・カーンス、ノーマン・アルデンなど。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ロック・ハドソン ポーラ・プレンティス マリア・ペルシー ジョン・マクギバー
1963年

渚のデイト

  • 1963年7月17日(水)公開
  • 出演(Toni_Denham 役)

製作者のローレンス・P・バックマンのオリジナル・ストーリーを「ネバダの決闘」のデイヴィッド・T・チャントラー、デイヴィッド・オスボーンが脚色し、「戦略泥棒作戦」のリチャード・ソープが監督したコメディ。撮影は「ライオン」のテッド・スケイフ、音楽はロン・グッドウィンとアレクサンダー・カレッジ。出演者は「ボーイハント(1961)」のコニー・フランシス、「戦略泥棒作戦」のポーラ・プレンティス、「パリジェンヌ=第2話」のダニー・ロバン、「性愛の曲り角」のラス・タンブリン、リチャード・ロング、ロン・ランデルなど。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
コニー・フランシス ポーラ・プレンティス ダニー・ロバン ラス・タンブリン
1962年

戦略泥棒作戦

  • 1962年5月1日(火)公開
  • 出演(Lt._Molly_Blue 役)

ゴードン・コトラーの原作を基に、「ガールハント」のジョージ・ウェルズが脚色、同じく「ガールハント」のリチャード・ソープが監督したアクション・コメディー。撮影はロバート・ブロナー、音楽はジョージ・ストールが担当。コーラスで歌われる主題曲2曲が入っている。出演者は「ボーイハント(1961)」のジム・ハットンとポーラ・プレンティスのノッポ・チーム、ジャック・カーター、ジム・バッカスなど。ジョー・パスターナク製作。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
ジム・ハットン ポーラ・プレンティス ジャック・カーター ジム・バッカス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポーラ・プレンティス