映画-Movie Walker > 人物を探す > マリオ・カメリーニ

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1964年 まで合計7映画作品)

1964年

バストで勝負

  • 1964年10月17日(土)公開
  • 監督、脚本

マリオ・カメリーニ、イーヴォ・ペリッリ、サンドロ・コンティネンツァ、エンニオ・デ・コンチーニらの共同シナリオを「ユリシーズ(1954)」のマリオ・カメリーニが演出したセクシー・コメディ。撮影は「ローマの女」のエンツォ・セラフィン、音楽は「豪快!マルコポーロ」のフランチェスコ・ラヴァニーノが担当した。出演は「昨日・今日・明日」のコンビ、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ、演出家ビットリオ・デ・シーカ、「山猫」のパオロ・ストッパ、イボンヌ、サンソンなど。製作はディノ・デ・ラウレンティスとカルロ・ポンティ。

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
ソフィア・ローレン マルチェロ・マストロヤンニ ヴィットリオ・デ・シーカ イヴォンヌ・サンソン
1956年

戦争と平和(1956)

  • 1956年12月22日(土)公開
  • 脚色

露の文豪レオ・トルストイの不朽の名作“戦争と平和”の映画化である。伊のポンティ=デ・ラウレンティイス・プロの作品。製作は「ユリシーズ」のディノ・デ・ラウレンティス。脚色はブリジット・ボーランド、ロバート・ウェスタービーに伊のマリオ・カメリーニとエンニオ・デ・コンチーニさらに監督のキング・ヴィダーと5名が協力し、「星のない男」のヴィダーが監督している。協力監督は「河の女」のマリオ・ソルダーティ、撮影は英のジャック・カーディフと伊のアルド・トンティの共同。編曲は「平和に生きる」のニーノ・ロータ、音楽監督はフランコ・フェラーラ。出演は「麗しのサブリナ」のオードリー・ヘップバーン、「ミスタア・ロバーツ」のヘンリー・フォンダ、「美しのロザリンダ」のメル・ファーラーを中心に、「ラプソディー」のヴィットリオ・ガスマン、「ホブスンの婿選び」のジョン・ミルズ、「絶壁の彼方に」のハーバート・ロム「地獄の翼」のアニタ・エクバーグ、「ガラスの靴」のバリー・ジョーンズ、「エディ・フォイ物語」のミリ・ヴィターレ、「貴女は若すぎる」のアンナ・マリア・フェレロ、「水爆持逃げ道中」のオスカー・ホモルカなど。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
オードリー・ヘップバーン ヘンリー・フォンダ メル・フェラー ヴィットリオ・ガスマン
1955年

ユリシーズ(1954)

  • 1955年3月8日(火)公開
  • 監督、脚色

ホーマーの叙事詩『オディッセイ』の色彩映画化である。脚色にはフランコ・ブルザーティ、マリオ・カメリーニ、エンニオ・デ・コンチーニ、ヒュー・グレイ、ベン・ヘクト、イーヴオ・ペリッリ、アーウィン・ショーの七人が当り、ヴェテラン、マリオ・カメリーニが監督に当った。製作はカルロ・ポンティとディノ・デ・ラウレンティス、一九五四年度作品である。撮影は「オズの魔法使」のハロルド・ロッスン、音楽は「陽気なドン・カミロ」のアレッサンドロ・チコニーニ。「アンナ」のシルヴァーナ・マンガーノと「死の砂塵」のカーク・ダグラスが主演し、「指紋なき男」のアンソニー・クイン、新進女優ロッサナ・ポデスタ(貴女は若すぎる)、ジャック・デュメニル、ダニエル・イヴェルネル、シルヴィ、フランコ・インテルレンギ、エレナ・ザレスキ、リュドミラ・ドゥダロヴァなどが共演する。

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
カーク・ダグラス シルヴァーナ・マンガーノ アンソニー・クイン ロッサナ・ポデスタ
1954年

紅薔薇は山に散る

  • 1954年5月15日(土)公開
  • 監督、脚色

今世紀の初頭、イタリアに実在した山賊ムゾリーノの伝記的映画で、「アンナ」のカルロ・ポンティとディノ・デ・ラウレンティスが共同製作した一九五〇年作品。ステノ、モニチェッリ、レオンヴィオラの原案をフランコ・ブルザーティ、マリオ・カメリーニ、デ・コンチーニ、レオンヴィオラ、モニチェッリ、イーヴォ・ペリッリ、ステノ、ヴィンセンツォ・タラリコの八人が協力して脚色、「ナポリのそよ風」のマリオ・カメリーニが監督した。撮影は「ヨーロッパ一九五一年」のアルド・トンティ、音楽は「噴火山の女」のエンツォ・マゼッティである。「アンナ」のシルヴァーナ・マンガーノと「懐かしの日々」のアメディオ・ナザーリが主演し、この映画でイタリアの銀リボン賞を得たウンベルト・スパダーロ(「女の獄舎」)ほか、イニァツィオ・バルサーモ、グイド・チェラーノ、ロッコ・ディ・アッスンタなどが出演している。

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
シルヴァーナ・マンガーノ アメディオ・ナザーリ ウンベルト・スパダーロ イニァツィオ・バルサーモ
1937年

ナポリのそよ風

  • 1937年当年公開
  • 監督、脚色

「殿方は嘘吐き」と同じくマリオ・カメリーニが監督したヴィットリオ・デ・シーカ主演映画で、「ポンペイ最後の日(1926)」を共同監督したアムレート・パレルミがストーリーを書卸し、「殿方は嘘吐き」を脚色したマリオ・ソルダーティが監督のカメリーニと協力して脚本を執筆した。キャメラは「リビア白騎隊」「シピオネ」のアンキーゼ・ブリッツィ、音楽はレンツォ・ロッセリーニがそれぞれ担当している。主演のデ・シーカを助けてアッシア・ノリス、ルービ・ダルマをはじめウンベルト・メルナティ、マリオ・カサレッジオ、カテリーナ・コーロ等が出演している。

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
ヴィットリオ・デ・シーカ アッシア・ノリス ルービ・ダルマ ウンベルト・メルナティ
1932年

殿方は嘘吐き

  • 1932年当年公開
  • 監督、原作

イタリア映画界での古参の一人たるマリオ・カメリーニが監督した映画で、アルド・デ・ベネデッティと監督カメリーニが共同執筆した原作をマリオ・ソルダーティが脚色したもの。撮影は「鋼鉄」のマシーモ・テルツァーノとドメニコ・スカラの担任。主演者は新進のリア・フランカとヴィットリオ・デ・シーカで、チェサーレ・ゾペッティ、アルド・モスキーノ、マリアモンテサーノ等が助演している。

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
リア・フランカ ヴィットリオ・デ・シーカ チェサーレ・ゾペッティ アルド・モスキーノ
1926年

大危険突破

  • 1926年当年公開
  • 監督、脚色

イタリアで名を知られた活劇俳優サエッタこと、ドメニコ・ガンビノ氏の主演映画で、リッカルド・アルトウッフオ氏の原作に拠りマリオ・カメリーニ氏が脚色監督したものである。助演者はビアンカ・マリア・ハブナー嬢、ルチア・ザヌッシ嬢、アレックス・ベルナール氏等である。(無声)

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
ドメニコ・ガンビノ ビアンカ・マリア・ハブナー アレックス・ベルナール ルチア・ザヌッシ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリオ・カメリーニ