TOP > 映画監督・俳優を探す > アブデラティフ・ケシシュ

年代別 映画作品( 2013年 ~ 2014年 まで合計2映画作品)

2014年

アデル、ブルーは熱い色

  • 2014年4月5日(土)
  • 監督、脚本、製作

青い髪の画家エマと、彼女と出会い、一途な愛を貫く女性アデルとの激しい性愛描写が話題となり、第66回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールに輝いたフランス発のラブストーリー。フランスの新進女優、アデル・エグザルコプロスがアデル役に、レア・セドゥーがエマ役を演じる。監督はチュニジア人のアブデラティフ・ケシシュ。

監督
アブデラティフ・ケシシュ
出演キャスト
レア・セドゥ アデル・エグザルコプロス サリム・ケシュシュ モナ・ワルラヴェン
2013年

身をかわして

  • 2013年10月20日(日)
  • 監督、脚本

パリ郊外の高校を舞台に、少女の気を惹くために不慣れな演劇に飛び込む少年の姿を描く青春ドラマ。監督は今作でセザール賞を受賞したアブデラティフ・ケシシュ。出演は、サラ・フォレスティエ、オスマン・エルカラス、サブリナ・ウアザニほか。2013年10月20日より、東京・市ヶ谷 アンスティチュ・フランセ東京にて開催された「地中海映画祭2013 第2部 アブデラティフ・ケシシュ特集」にて上映。

監督
アブデラティフ・ケシシュ
出演キャスト
サラ・フォレスティエ オスマン・エルカラス サブリナ・ウアザニ

関連ニュース

カンヌでパルム・ドールを受賞した衝撃作『アデル、ブルーは熱い色』で主演を務め、惜しげもなく裸体を晒したアデル・エグザルコプロス
映画史上最も大胆にレズビアンセックスを描いた衝撃作『アデル、ブルーは熱い色』で監督と主演女優が険悪に!? 10月22日 19:08

第66回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞するとともに、その過激な性描写がセンセーションを巻き起こしたフランス映画『アデル、ブルーは熱い色』(『Blue is the Warmest Color』)。紆余曲折…

パルム・ドールを獲得したアブデラティフ・クシシュ監督と主演女優の2人
第66回カンヌ国際映画祭を振り返って 6月4日 14:31

カンヌ国際映画祭の上映作品は、一年間の世界を反映している。世界がどん詰まっているから、映画だって絶望的な世界を映すしかないのだ。貧困から抜け出そうとする若者たちは犯罪に巻き込まれ、裕福な若者たちは性と犯罪と暴力を遊び、愛…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/19更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > アブデラティフ・ケシシュ

ムービーウォーカー 上へ戻る