映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ウォルドロン

年代別 映画作品( 1915年 ~ 1955年 まで合計9映画作品)

1955年

三つ数えろ

  • 1955年4月20日(水)公開
  • 出演(General_Sternwood 役)

「紳士は金髪がお好き(1953)」のハワード・ホークスが1946年に製作・監督に当った推理映画で、「深夜の告白」のレイモンド・チャンドラーの処女作を「脱出(1944)」のウィリアム・フォークナー、リー・ブラケット、「北京超特急」のジュールス・ファースマンが脚色した。撮影は「暴力に挑む男」のシド・ヒコックス、音楽は「欲望の谷」のマックス・スタイナー。「裸足の伯爵夫人」のハンフリー・ボガート、「百万長者と結婚する方法」のローレン・バコール、「腰抜けM・P」のジョン・リッジリー、「地獄から来た男」のマーサ・ヴィッカーズ、「殺人者はバッジをつけていた」のドロシー・マローン、「銅の谷」のペギー・ヌードセン、レジス・トゥーミーらが出演する。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ハンフリー・ボガート ローレン・バコール ジョン・リッジリー マーサ・ヴィッカーズ
1951年

暁の討伐隊

  • 1951年11月6日(火)公開
  • 出演(The Pedre 役)

「かれらに音楽を」と同じくゴールドウィンがロバート・リスキンの協力を得て製作した1939年映画。チャールズ・クリフォードの原作を「西部の男」のジョー・スワーリングとロバート・プレスネルが協同脚色し、「Gメン対間諜」のヘンリー・ハサウェイが監督した。撮影は「サハラ戦車隊」のルドルフ・マテ、音楽は「イヴの総て」のアルフレッド・ニューマンである。主演は「西部の男」のゲイリー・クーパーで、「気まぐれ天使」のデイヴィッド・ニーヴン、「かれらに音楽を」のアンドリア・リーズ、49年度アカデミー主演男優賞のブロデリック・クロフォード、駒井哲、レジナルド・オーウェンらが共演する。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー デイヴィッド・ニーヴン アンドリア・リーズ レジナルド・オーウェン
1937年

恋のみちぐさ

  • 1937年当年公開
  • 出演(Alexander_Duncan 役)

「勝鬨」「将軍暁に死す」のマデリーン・キャロルと「楽天伯爵」「ある雨の午後」のフランシス・レデラーが主演するもので、「歌へ陽気に」のミッシャ・オーアが共演する。原作はアデレード・ヒールブロンが書卸し、脚色には「クレイグの妻」「ギャングの家」のメアリー・C・マッコール・ジュニアが当たり、「三角の月」「生活への道」のエリオット・ニュージェントが監督した。助演者は「大学の人気者」「航空十三時間」のグレイス・ブラッドリー、「第七天国(1937)」のヴィクター・キリアン「名を失える男」のJ・C・ニュージェント、チャールズ・ウォルドン等である。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
マデリーン・キャロル フランシス・レデラー ミッシャ・オウア グレース・ブラッドリー
1936年

ラモナ(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Dr._Weaver 役)

「人妻の戒律」「愛の花籠」のロレッタ・ヤングが主役を勤めるヘレン・ハント・ジャックスン作の同名の小説の色彩映画化である。脚色には「野に咲く金色の花」のラマー・トロッティが当たり、監督には「五ツ児誕生」「東への道」のヘンリー・キングが任じた。撮影は「踊る海賊(1936)」のウィリアム・スコールが受持ち、色彩監督には例によってナタリー・カルマスが当たった。主役のヤングを助けて、「鐘の音」のドン・アメチを始め「フロリダ超特急」のケント・テイラー、「マダムと踊子」のポーリン・フレデリック、「可愛いオディ」のジェーン・ダーウェル、「十字軍」のキャサリン・デミル、「港に異常なし」のヴィクター・キリアン、「目撃者(1936)」のジョン・キャラディン、「風雲児アドヴァース」のペドロ・デ・コルドヴァ等が出演。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ドン・アメチ ケント・テイラー ポーリン・フレデリック
1935年

Gウーマン

  • 1935年当年公開
  • 出演(District_At orney 役)

「我が妻を見よ」「三日姫君」のシルヴィア・シドニーが主演する映画で、「上海」と同じくジーン・タウン、グレアム・ベイカーのチームが書き下ろし、ルイス・スティーヴンスが台本を作り、「猫と提琴」「悪夢」のウィリアム・K・ハワードが監督に当たり、「白い友情」「我が妻を見よ」のレオン・シャムロイが撮影した。シドニーを助けて「社長は奥様がお好き」「今宵ひととき」のメルヴィン・ダグラスを初め、ブロードウェイから来た新人アラン・バクスター、「男の敵」のウォーレス・フォード、「バワリイ」のパート・ケルトン、「白い友情」のエスター・デール、舞台から来たブライアン・ドンレヴィ、ブース・ハワード等が出演している。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
シルヴィア・シドニー メルヴィン・ダグラス アラン・バクスター パート・ケルトン

大陸間謀戦

  • 1935年当年公開
  • 出演(Sir_Ivan_Brunn 役)

「旋律の殺人」「洋上魔」のエドモンド・ロウが主演する映画で、E・フィリプス・オップンハム作の小説を「大空の闘士」のフランク・ウイードが脚色し、「戦慄の殺人」と同じくアラン・クロスランドが監督に当たり、「舞台に立つ妻」のミルトン・クラスナーが撮影したもの。助演者は「倫敦の人狼」「幻の合唱」のヴァレリー・ホブスン、英独映画界にありしヴェラ・エンゲルス、英国劇界から招かれたヘンリー・モリスン、「白い友情」のエスター・デール、「東への道」のスプリング・バイントン、「ロスチャイルド」のマレイ・キンネル、「フランダースの犬(1935)」のフランク・レイチャー、ラムスデン・ヘーア、ブランドン・ハースト等である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
エドモンド・ロウ ヴァレリー・ホブソン ヴェラ・エンゲルス スプリング・バイントン

血に叫ぶ広野

  • 1935年当年公開
  • 出演(Mr._Virey 役)

「無電非常線」「西部の掟」に出演したディーン・ジャガーが主演するゼーン・グレイ西部劇で、「荒馬スモーキィ」のスチューアート・アンソニーが脚色し、新人オソ--・ラヴァリングが監督に当たり、「南瓜太夫」のベン・レイノルヅが撮影した。助演者は「ミシシッピ」のゲイル・パトリック、「影無き男(1934)」のエドワード・エリス、「彼女は制服が好き」のラリー・バスター・クラブ等である。

監督
オソー・ラヴァリング
出演キャスト
ディーン・ジャガー ゲイル・パトリック エドワード・エリス モント・ブルー

罪と罰(1935・アメリカ)

  • 1935年当年公開
  • 出演(The_President 役)

フェードル・ドストイェフスキーの名作小説の映画化で、「西班牙狂想曲」「ブロンド・ヴィナス」のジョセフ・フォンスタンバーグが監督に当たったもの。脚色には「恋の一夜」「舗道」のS.K.ローレンがジョセフ・アンソニーと協力した。主演者は「暗殺者の家」「M」のピーター・ローレ、「ダイヤモンド・ジム」「羅馬太平記」のエドワード・アーノルドで、「古城の扉」のマリアン・マーシュ、「恋をしましょう(1933)」のタラ・ビレル、「台風」のパトリック・キャンベル夫人「深夜の星」のジーン・ロックハート、舞台から来たエリザベス・リスドン、「歌の翼」のロバート・アレン及びダグラス・ダンブリル等が助演している。撮影はルシエン・バラードの担当である。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
エドワード・アーノルド ペーター・ローレ マリアン・マーシュ パトリック・キャンベル夫人
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ウォルドロン