映画-Movie Walker > 人物を探す > ギョーム・ブラック

年代別 映画作品( 2013年 ~ 2019年 まで合計5映画作品)

2019年

7月の物語

  • 2019年6月8日(土)
  • 監督、脚本、構想

「やさしい人」のギヨーム・ブラック監督がフランス国立高等演劇学校の学生と組んだ、「日曜日の友だち」「ハンネと革命記念日」の2編から成るドラマ。郊外へ遊びに来たミレナとリュシー、帰国が控える留学生ハンネら5人の若い男女が過ごすある夏の日とは。2016年7月のパリとその郊外を描き、「日曜日の友だち」はジャン・ヴィゴ賞2018(短篇部門)を受賞、「ハンネと革命記念日」は広島国際映画祭2017観客賞およびブリーヴ中篇映画祭2018審査員スペシャル・メンションに輝いた。

監督
ギョーム・ブラック
出演キャスト
ミレナ・クセルゴ リュシー・グランスタン ジャン・ジュデ テオ・シュドヴィル

勇者たちの休息

  • 2019年6月8日(土)
  • 監督

「やさしい人」のギヨーム・ブラック監督が、レマン湖畔~アルプス山脈~南仏ニースを結ぶ約720キロの自転車観光ルート、大アルプス・ルート縦断に挑む自転車愛好家にカメラを向けた短編ドキュメンタリー。すでに仕事をリタイアした彼らの心情を映し出す。ボルドー国際インディペンデント映画祭2015アキテーヌ賞を受賞。「7月の物語」と併映。

監督
ギョーム・ブラック
出演キャスト
2014年

やさしい人

  • 2014年10月25日(土)
  • 監督、脚本

中編「女っ気なし」等で注目を集めるフランスのギョーム・ブラック監督の長編デビュー作。盛りを過ぎたミュージシャンと、彼が故郷で出会った若い女性との恋、父親との確執を描く。出演は「女っ気なし」のヴァンサン・マケーニュ、「ルノワール 陽だまりの裸婦」のソレーヌ・リゴ。ロカルノ国際映画祭コンペティション部門出品作。

監督
ギョーム・ブラック
出演キャスト
ヴァンサン・マケーニュ ソレーヌ・リゴ ベルナール・メネズ マリ=アンヌ・ゲラン
2013年

女っ気なし

  • 2013年11月2日(土)
  • 監督、脚本、製作

ヴァカンスに来た母娘にアパートを貸す男を中心としたひと夏の物語。同時上映される短編「遭難者」と対をなした内容となっている。「Tonnerre」(未)が第66回ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティションにノミネートされ注目を集めているギヨーム・ブラックが監督・脚本を手がける。第54回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された「彼女たちの時間」のヴァンサン・マケーニュが、「遭難者」にも登場する冴えない男性を演じている。ほか、「Un plan parfait」(未)のロール・カラミー、「サイモン・キラー」(原題/未)がサンダンス映画祭2012に出品されたコンスタンス・ルソーらが出演。第37回セザール賞短編映画賞ノミネート作品。

監督
ギョーム・ブラック
出演キャスト
ヴァンサン・マケーニュ ロール・カラミー コンスタンス・ルソー ロラン・パポ

遭難者

  • 2013年11月2日(土)
  • 監督、脚本、製作

自転車が故障し困っている男性と気のいい地元男性が出くわすことから始まる短編作品。第54回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された「彼女たちの時間」のヴァンサン・マケーニュが演じるシルヴァンという男は、後に製作された「女っ気なし」にも登場する。ほか、「恋人たちの失われた革命」のジュリアン・リュカ、「フランドル」のアデライード・ルルーらが出演。監督・脚本は「Tonnerre」(未)が第66回ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティションにノミネートされ注目を集めているギヨーム・ブラック。同じくギヨーム・ブラック監督の中編「女っ気なし」と同時上映。

監督
ギョーム・ブラック
出演キャスト
ジュリアン・リュカ アデライード・ルルー ヴァンサン・マケーニュ ナタリー・ルカ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

AI崩壊
AI崩壊

大沢たかお主演、AIが国民の生活を支える2030年の日本を舞台にしたサスペンス

前田建設ファンタジー営業部
前田建設ファンタジー営業部

空想世界の建造物の建設を正確に検証するという実在企業によるウェブ連載を基に映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ギョーム・ブラック