映画-Movie Walker > 人物を探す > フランシス・マリオン

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1979年 まで合計66映画作品)

1928年

目覚め(1928)

  • 1928年当年公開
  • 原作

サミュエル・ゴールドウィン氏提供の作品で、ヴェルマ・バンキー嬢がロナルド・コールマン氏と別れてからの第一回主演映画である。原作はシナリオ・ライターとして著名なフランセス・マリオン女史が書卸したもので、それを「万事円満」「ライラック・タイム」と同じくケイリー・ウィルソン氏が脚色し、「肉体の道」「決死隊」の監督者ヴィクター・フレミングス氏が監督したものである。バンギー嬢の相手役はウォルター・バイロン氏が特に迎えられ務めるほか、この主役二人を助けて「テムペスト(1928)」「暴力団(1928)」主演のルイ・ウォルハイム氏が重要な役を演じている。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ヴィルマ・バンキー ウォルター・バイロン ルイ・ウォルハイム ジョージ・デイヴィス

好いて好かれて

  • 1928年当年公開
  • 脚本

「世界に告ぐ」「滑れケリー」等と同じくウィリアム・ヘインズ氏主演映画で「新人の天地輝く」「恋人強奪」のジョセフィン・ダン嬢が相手役を勤めるもの。ジョン・マゴワン氏作の舞台撃に基いて「真紅の文字」「熱砂の舞」のフランセス・マリオン女史が脚色し、「友呼ぶ声」「戦艦くろかね号」のジェームズ・クルーズ氏が監督した。助演者は「トロイ情史」「囁く影」のリカルド・コルテス氏を始めニーリー・エドワーズ氏、キャスリーン・クリフォード嬢、シリル・チャドウィック氏等で、撮影は「海洋児クーガン」「英雄時代」のアイラ・モーガン氏が担任している。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ ジョセフィン・ダン リカルド・コルテス ニーリー・エドワーズ

風(1928)

  • 1928年当年公開
  • 脚色

「真紅の文字」と同じスタッフによって作られた映画でドロシー・スカーボロー女史作の小説を映画化したものである。「真紅の文字」のほかに主役リリアン・ギッシュ嬢は「アンニー・ローリー」「ラ・ボエーム」等に、相手役ラルス・ハンソン氏は「海洋児クーガン」「肉体と悪魔」等に出演、監督者ビクトル・シェーストム氏は「故郷の士」「殴られる彼奴」を、脚色者フランセス・マリオン女史は「ステラ・ダラス(1925)」「熱砂の舞」をものにしている。助演者は「キング・オブ・キングス(1927)」のドロシー・カミングス嬢、「最後の警告」のモンタギュ・ラブ氏 、「ウイーンの狂乱」のエドワード・アール氏、「肉体と悪魔」のウィリアム・オーラモンド氏等で、カメラは「活動役者」「消防隊」のジョン・アーノルド氏担任である。

監督
ヴィクター・シーストロム
出演キャスト
リリアン・ギッシュ ラルス・ハンソン モンタギュー・ラヴ ドロシー・カミングス

コサック(1928)

  • 1928年当年公開
  • 脚色

「ビッグパレイド」「見世物」と同じくジョン・ギルバート氏とルネ・アドレー嬢との共演映画でロシア文豪トルストイ翁の筆になった原作を「好いて好かれて」「真紅の文字」等のフランセス・マリオン女史が脚色し撮影教本を書き「大飛行艦隊」「海洋児クーガン」のジョージ・ヒル氏が監督した。助演者としては「シンガポール」のアーネス・トレンス氏、「暗黒街の女(1928)」のメアリー・アルデン嬢、デール・フラー嬢、ジョセフィン・ポリオ嬢その他が出ている。カメラは「バレンシア」「黒い鳥」と同じくパーシー・ヒルバーン氏が担任。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルネ・アドレー アーネスト・トーレンス デール・フラー

悪魔の仮面(1928)

  • 1928年当年公開
  • 台詞

「嵐」「故郷の土」と同じくヴィクター・シーストロム氏の作品でヤコブ・ワッセルマン氏の原作から「孔雀の羽根」のスヴェンド・ガーダ氏が脚色し「嵐」「好いて好かれて」のフランセス・マリオン女史が撮影台本を執筆したもの。主演者は「恋多き女」「アンナ・カレーニナ」のジョン・ギルバート氏、助演者として「ショウ・ボート(1929)」のアルマ・ルーベンス嬢、「黄金の世界へ」のラルフ・フォーブス氏、エファ・フォン・ベルネ嬢、セオドア・ロバーツ氏等が出ている。キャメラは「港の女」「海軍士官候補生(1925)」のオリヴァー・マーシュ氏が担任。

監督
ヴィクター・シーストロム
出演キャスト
ジョン・ギルバート アルマ・ルーベンス フランク・ライヘル セオドア・ロバーツ
1927年

アンナ・カレーニナ(1927)

  • 1927年当年公開
  • 脚本

「肉体と悪魔」に次ぐグレタ・ガルボとジョン・ギルバートとの共演映画でロシア文豪トルストイの代表作「アンナ・カレーニナ」から「コサック(1928)」「熱砂の舞」のフランセス・マリオンが脚本を手がける。監督は「パリ」「三人の踊子」のエドモンド・グールディング。共演はジョージ・フォーセット氏、エミリー・フィッツローイ、プランドン・ハースト、フィリップ・デラシー等。撮影は「世界に次ぐ」のウィリアム・ダニエルス。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
グレタ・ガルボ ジョン・ギルバート ジョージ・フォーセット エミリー・フィッツローイ
1926年

お前とならば空までも

  • 1926年当年公開
  • 脚本

「滑稽ホリウッド」と同じくモンタギュー・グラス氏とジュールス・エッカート・グッドマン氏との合作舞台劇をフランセス・マリオン女史が脚色し、「ステラ・ダラス(1925)」「ロモラ」等と同じくヘンリー・キング氏が監督したもので主役は「滑稽ホリウッド」と同じくジョージ・シドニー氏とアレクサンダー・カー氏とが演じ「ドロシー・ヴァーノン」「王様万歳」等出演のアラン・フォレスト氏、「沈黙の命令」等出演のベティー・ジュウエル嬢、リリアン・エリオット嬢、ロバート・シェプール氏等が助演する愉快なる笑劇である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ジョージ・シドニー アレクサンダー・カー ベティー・ジュウエル アラン・フォレスト

新婚第一年

  • 1926年当年公開
  • 脚本

フランク・クレイヴン氏作の舞台劇を映画化したもので、「なまけ者」「秘密」等と同じくフランセス・マリオン女史が脚色し、フランク・ボーゼージ氏が監督した。主役は「美人食客」「特性鋼鉄人形」等出演のマット・ムーア氏と「当世三人娘」出演のカスリン・ペリー嬢で、ジョン・パトリック氏、フランク・カリアー氏、マーガレット・リビングストン嬢、J・ファーレル・マクドナルド氏等が共演する新婚風刺喜劇である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
マット・ムーア キャサリン・ペリー ジョン・パトリック フランク・カリアー

真紅の文字

  • 1926年当年公開
  • 脚本

ナサニエル・ホーソンの代表的名作小説を映画化したもので、フランセス・マリオン女史が脚色し、「殴られる彼奴」「男の名を言え」等と同じくヴィクトル・シエストレム氏が監督した。主役は「ロモラ」「ホワイト・シスター(1923)」等主演のリリアン・ギッシュ嬢と「呪いの絆」「運命の焔」等出演のラルス・ハンソン氏が演じ、ヘンリイ・ウォルソール氏、マウセル・コルデエ嬢、カール・デーン氏及びジョイス・ゴード嬢が助演している。

監督
ヴィクター・シーストロム
出演キャスト
リリアン・ギッシュ ラルス・ハンソン ヘンリー・ウォルソール カール・デーン

夢想の楽園

  • 1926年当年公開
  • 脚本

ハロルド・ベル・ライト氏作の有名な小説「バーバラ・ワースの勝利」を映画化したもので、「ステラ・ダラス(1925)」「お前とならば空までも」と同じくフランセス・マリオン女史が脚色しヘンリー・キング氏が監督したサミュエル・ゴールドウィン作品である。主役は「ステラ・ダラス(1925)」「ダーク・エンゼル(1925)」等出演のロナルド・コールマン氏と「熱砂の舞」「ダーク・エンゼル(1925)」等出演のヴィルマ・バンキー嬢で、チャールズ・レーン氏。ポール・マッカリスター氏、E・J・ラトクリフ氏、クライド・クック氏等が助演している。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ロナルド・コールマン ヴィルマ・バンキー チャールズ・レーン ポール・マッカリスター
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランシス・マリオン