映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・G・ヴィニョーラ

年代別 映画作品( 年 ~ 1937年 まで合計21映画作品)

1937年

爆破光線

  • 1937年
  • 監督

「黎明の丘(1937)」「テンプルの愛国者」のカレン・モーリーが新人ロバート・ボールドウィンと共演する映画で、コニングスビー・ドースンの原作を「山小屋の一夜」のドリス・アンダーソンと「黎明の丘(1937)」のドア・シャーリーが協力脚色し、「武士道華やかなりし頃」等を監督したロバート・G・ヴィニョーラが監督に当たり、ロバート・ピッタックが撮影した。助演者は「腕白時代」のキャサリン・アレクサンダー、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、新顔のミリ・モンティ、ロイド・クレーン、「孔雀夫人(1936)」のオデット・マーティル等である。 戴冠式に特派された新聞記者デリック・ホルトは、英国の軍需品工場に不可解な爆破事件の起こったことを聞いた。彼はメリイという夫人に招待されて旅客機で行く途中、爆破の手掛かりを調査に向かう情報部員ビーチと知り合いになる。メリイの夫は不思議な事件のために行方不明になっている。ホルトは彼の書類を調べている内にその中にビーチの写真を発見する。モントリッツで発明家フランツ・ボルグの開いたパーティにホルトは探りに行った。それにはビーチも出席していたが、その夜失踪したメリイの夫は警視庁の役人であることが判って何者かに射殺されていたが、その凶器はホルトの銃であった。ビーチはホルトを警察の目から隠し彼女の使命を打ち明けた。彼女は爆破事件の犯人としてボルグを探っていたのである。ホルトはボルグを訪れ爆破光線の装置をした飛行機があるのを見たが、ボルグはこれを使って英国へ飛び戴冠式に乗じて英空軍を破壊するつもりだと述べ、ホルトを脅迫監禁して英国へ向かった。ビーチは官憲を連れて到着しホルトを助けて二人は直ぐ後を追った。ボルグはすでに爆弾二個を投下していたが、ロンドン上空で激しい空中戦が開かれ、ついにボルグの機は爆破された。こうして災禍は防がれ、ビーチとホルトは恋を囁く仲となる。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
カレン・モーリー ロバート・ボールドウィン キャサリン・アレクサンダー エドワード・チアネーリ
1934年

緋文字(1934)

  • 1934年
  • 監督

「マダムと踊子」「ライラック・タイム」のコリーン・ムーアが主演する映画で、ナサニエル・ホーソーンの同名の名作小説に基づきレナード・フィールズとデイヴィッド・シルヴァスタインが協力脚色し、「爆破光線」のロバート・G・ヴィニョーラが監督に当たり、「ダイナマイト(1937)」のジェームズ・S・ブラウン・ジュニアが撮影した。助演者は「近代脱線娘」「三月の月」のハーディー・オルブライト、「奇傑パンチョ」の故ヘンリー・ウォルソール、「流線型超特急」のウィリアム・ファーナム、「痴人の愛」のアラン・ヘール、「駄々っ子キャグニイ」のコーラ・スー・コリンズ、ヴァージニア・ハウエル等である。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
コリーン・ムーア ハーディー・オルブライト ヘンリー・B・ウォルソール ウィリアム・ファーナム
1927年

ジャズの酒場

  • 1927年
  • 監督

「南海のアロマ」に続くギルダ・グレイ嬢主演映画でオーウェン・デイヴィス氏が特に書き下ろした物語をベッキー・ガーディナー女史が脚色し、「ヨランダ姫」「悪魔の微笑」等と同じくロバート・ヴィニョーラ氏が監督したものである。グレイ嬢の相手役は「歌え!踊れ!(1926)」「桃色の曲者」等出演のトム・ムーア氏が勤め「勇み肌美人女給」「落花長恨」等出演のチェスター・コンクリン氏を始め、チャールズ・バイアー氏等が助演している。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
ギルタ・グレイ トム・ムーア チェスター・コンクリン ジャック・イーガン
1924年

浮気哲学

  • 1924年
  • 監督

ルイス・ジョセフ・ヴァンス氏作の小説をジュリア・クロフォード・アイヴァース女史が脚色し、「武士道華やかなりし頃」「絶世の美姫」等の監督者ロバート・G・ヴィニョーラ氏がMG社第1回作品として監督したもので主役は「3人の女性」「死途の小唄」等出演のポーリン・フレデリック嬢が演じ、「受難のテス」「痴人哀楽」等出演のコンラッド・ネーゲル氏「さすらいの人々」「女房征服」等出演のメイ・ブッシュ嬢、「社交界の誘惑」「幸福の扇」等出演のハントリー・ゴードン氏が共演する他パターソン・ダイアル嬢も助演している。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
ポーリン・フレデリック コンラッド・ネーゲル メイ・ブッシュ ハントリー・ゴードン
1923年

アダムとエヴァ

  • 1923年
  • 監督

「武士道華やかなりし頃」に次いでマリオン・デイヴィスを主役として製作されたコスモポリタン映画で、監督は例によってロバート・G・ヴィニョーラ。相手役は「背中を掻いて頂戴」のT・ロイ・バーンズで、今度は軽い家庭劇である。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
マリオン・デイヴィス T・ロイ・バーンズ トム・ルイス ウィリアム・ノリス
1922年

若きダイアナ

  • 1922年
  • 監督

ハースト・マガジンに連載されたマリー・コレーリ女史原作の小説をルーサー・リード氏が脚色し、アルバート・カペラーニ氏とロバート・G・ヴィニョーラ氏の2人が監督したもので主役は「武士道華やかなりし頃」「アダムとエヴァ」と同じくマリオン・デイヴィース嬢。相手は「武士道華やかなりし頃」「バヴー」出演のフォレスト・スタンレー氏で、その他ペドロ・デ・コルドヴァ氏やジプシー・オブライエン嬢等も出演する。

監督
アルベール・カペラニ ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
マリオン・デイヴィス マクリン・アーバックル フォレスト・スタンレー ジプシー・オブライエン
1921年

絶世の美姫

  • 1921年
  • 監督

フランク・R・アダムス原著の小説を、ルーサー・リードが脚色し、「若きダイアナ」「武士道華かなりし頃」同様ロバート・G・ヴィニョーラが監督し、マリオン・デイヴィースが主演したコスモポリタン映画である。対手は「武士道華かなりし頃」の時と同じくフォレスト・スタンレーである。例によって賛美を尽くした華やかな映画である。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
マリオン・デイヴィス フォレスト・スタンレー トム・ルイス アーサー・ランキン

正道を歩め

  • 1921年
  • 監督

エセル・ワッツ・マムフォードの原作をフランセス・マリオンが脚色し、「武士道華やかなりし頃」「アダムとエヴァ」等と同じくロバート・G・ヴィニョーラが監督した。主役はかつてパテー社のスターであったグラディス・レスリーの共演である。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
マット・ムーア Mabel Bert グラディス・レスリー George Parsons

恋の巡礼

  • 1921年
  • 監督

サミュエル・マーウィン氏の小説をロバート・G・ヴィニョーラ氏の監督で映画化したコスモポリタン映画。主役は「嵐」「美貌の力」等同様のマット・ムーア氏で、其他ジュリア・スウェイン・ゴードン嬢、クレア・ウィットネー嬢、ルビー・デ・レマー嬢等が共演している。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
マット・ムーア Mary Newcomb ジュリア・スウェイン・ゴードン トム・ガイス

神の変えし女

  • 1921年
  • 監督

「ヴィクトリー」等に豊艶な容姿をみせたシーナ・オウエン嬢主演のコスモポリタン映画で、ドン・バーン氏の有名なる同名の小説家からドティー・ホバート氏が脚色し、ロバート・G・ヴィニョーラ氏が監督した映画である。相手役は「衷心の声」等のE・K・リンカーン氏である。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
シーナ・オウエン E・K・リンカーン ヘンリー・セッドリー リリアン・ウォーカー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・G・ヴィニョーラ