TOP > 人物を探す > リー・フィリップス

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1977年 まで合計5映画作品)

1977年

ふたりだけの森

  • 1977年6月25日(土)
  • 監督

愛を求め、報いられることのなかった恋人達の物語。製作はジョージ・バリー、監督はリー・フィリップス、脚本はエドワード・ヒューム、原作はナサンエル・ベンチリー、撮影はリチャード・C・グルーナー、音楽はルチ・デ・ジーザスが各々担当。出演はリンダ・ブレア、マーティン・シーン、ジーン・クーパー、リー・デブロー、バート・レムゼンなど。

監督
リー・フィリップス
出演キャスト
リンダ・ブレア マーティン・シーン ジーン・クーパー リー・ド・ブロー
1964年

夜のけもの

  • 1964年1月26日(日)
  • 出演(Elliot_Freeman 役)

ロビン・ミラーの脚本をリチャード・L・ヒラードが監督したエロティカル・サスペンスドラマ。撮影はルイス・マクマホン、音楽はW・L・ホルコルム、製作はデル・テニィ。出演者はTV「エラリー・クイーン・シリーズ」のリー・フィリップス、ほかにシェパード・ストラドウィック、ジーン・ヘイル、ロレイン・ロジャース、マーゴット・ハートマン、ケイ・エルハード、ジェームズ・ファレンティノなどTVスター達。

監督
リチャード・L・ヒラード
出演キャスト
リー・フィリップス シェパード・ストラドウィック ジーン・ヘイル ロレイン・ロジャース
1959年

真夜中

  • 1959年6月12日(金)
  • 出演(George 役)

「マーティ」の原作者パディ・チャイエフスキーが自作舞台劇をシナリオ化し、それを同じ「マーティ」のデルバート・マンが監督した作品。ブロードウェイで上演されたドラマは、ジョシュア・ローガンが演出に当っている。中年の衣裳会社を経営する男と、若いオフィス・ガールの結婚をめぐる小市民生活のドラマである。撮影はジョセフ・ブラン、作曲・音楽指揮をジョージ・バスマンが担当している。出演するのは、「媚薬」のキム・ノヴァク、「必死の逃亡者」のフレドリック・マーチ、「エデンの東」のアルバート・デッカーの他、エフィ・アフトン、グレンダ・ファレル、エジス・マイザー、リー・リチャドソンら。

監督
デルバート・マン
出演キャスト
キム・ノヴァク グレンダ・ファレル ジャン・ノリス フレドリック・マーチ
1958年

追撃機

  • 1958年10月4日(土)
  • 出演(Lt._Abbott 役)

「眼下の敵」を作ったディック・パウエルが、再び監督・製作した、朝鮮戦争に材をとった航空戦争映画。実際に朝鮮動乱に活躍したアメリカ空軍のジェット・パイロットが、ジェームズ・ソルターのペン・ネームで書いた原作の、「眼下の敵」のウェンデル・メイスによる脚本化で、撮影監督は「気まぐれバス」のチャールズ・G・クラーク。音楽はポール・ソーテル。出演者は「眼下の敵」のロバート・ミッチャム、「無法の王者ジェシイ・ジェイムス」のロバート・ワグナーに「若き獅子たち」のマイ・ブリットの他、「やさしく愛して」のリチャード・イーガン、リー・フィリップス等。

監督
ディック・パウエル
出演キャスト
ロバート・ミッチャム ロバート・ワグナー マイ・ブリット リチャード・イーガン

青春物語

  • 1958年3月20日(木)
  • 出演(Michael_Rossi 役)

女流作家グレイス・メタリアスの同名の処女作の映画化でニューイングランド州の架空の町ペイントン・プレイスを舞台に、第二次大戦下のアメリカ中流社会の実態を描く。「知りすぎていた男」のジョン・マイケル・ヘイズが脚獄、「潮風のいたづら」のマーク・ロブソンが監督した。撮影は「昼下がりの情事」のウィリアム・C・メイラー、音楽も同じくフランツ・ワックスマン。主演は「雨のランチプール」のラナ・ターナー・新人のダイアン・ヴァーシとリー・フィリップス、「無法者の王者ジェシイ・ジェイムス」のホープ・ラング、「バス停留所」のベティ・フィールド、「死の脱獄者」のアーサー・ケネディ、「ならず者部隊」のテリー・ムーア、それに「ベビイドール」のミルドレッド・ダンノック、「夜を逃れて」ロイド・ノーランらが助演する。

監督
マーク・ロブソン
出演キャスト
ラナ・ターナー リー・フィリップス ダイアン・ヴァーシ ホープ・ラング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > リー・フィリップス