映画-Movie Walker > 人物を探す > 板橋駿谷

年代別 映画作品( 2013年 ~ 2017年 まで合計5映画作品)

2017年

おじいちゃん、死んじゃったって。

  • 2017年11月4日(土)公開
  • 出演

数々のヒットCMを手掛けてきた森ガキ侑大の長編映画監督デビュー作。ある夏の地方都市。吉子の祖父が亡くなり、父を始めとした家族が葬儀のために集まる。悲しむ間もなく、葬儀の準備を進めていた最中、それぞれの厄介な事情が明らかになるが……。主演は「太陽を掴め」の岸井ゆきの。共演は「22年目の告白-私が殺人犯です-」の岩松了、「ポエトリーエンジェル」の美保純、『ひよっこ』の岡山天音、「彼女の人生は間違いじゃない」の光石研。

監督
森ガキ侑大
出演キャスト
岸井ゆきの 岩松了 美保純 岡山天音

美しい星

  • 2017年5月26日(金)公開
  • 出演(茂木潤 役)

三島由紀夫の異色SF小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が、舞台を現代に変えて大胆に映画化した人間ドラマ。ある日突然、異星人として覚醒した一家が地球を救おうと奮闘する姿を描く。一家の主で気象予報士の重一郎をリリー・フランキーが演じるほか、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子がその家族役として出演する。

監督
吉田大八
出演キャスト
リリー・フランキー 亀梨和也 橋本愛 中嶋朋子

ぐちゃぐちゃ

  • 2017年4月22日(土)公開
  • 出演

学生と映画館との共同企画『トリウッドスタジオプロジェクト』第11弾。内なるモヤモヤを隠しつつ日々を過ごす26歳のOL紗弓。そんな彼女の前に少し変わった男たちが次々と現れる。やがて同僚として会社に入って来た今泉に自分と同じ匂いを感じる紗弓だが……。出演は「でーれーガールズ」の石崎なつみ、「あやしい彼女」の田村健太郎、「はなくじらちち」の森下能幸、「溺れるナイフ」の斉藤陽一郎、「クズとブスとゲス」の板橋駿谷、「色あせてカラフル」の水間ロン、「過激派オペラ」の範田紗々。監督・脚本は、専門学校東京ビジュアルアーツに通う山岸綾。本公開に先駆け、2017年3月4日~10日下北沢トリウッドにて特別先行ロードショー。

監督
山岸綾
出演キャスト
石崎なつみ 田村健太郎 森下能幸 斉藤陽一郎

くも漫。

  • 2017年2月4日(土)公開
  • 出演(石毛医師 役)

中川学の同名ノンフィクション漫画を実写映画化。長年のニート生活を経て、ようやく教育現場の職を得た29歳の中川。そんな高揚感から風俗店へと繰り出した彼は風俗嬢ゆのあから最高のサービスを受けるが、絶頂を迎えるその瞬間、くも膜下出血を発症してしまう。出演は、お笑い芸人の脳みそ夫、「ローリング」の柳英里紗、シンガーソングライターとして活躍中の沖ちづる、「クズとブスとゲス」の板橋駿谷、「幸福のアリバイ Picture」の坂田聡、「旅立ちの島唄 十五の春」の立石涼子、「裏切りの街」の平田満。監督は、TVで情報番組やドキュメンタリー番組を多数手がけ、本作が長編映画デビューとなる小林稔昌。

監督
小林稔昌
出演キャスト
脳みそ夫 柳英里紗 沖ちづる 板橋駿谷
2013年

ダンスナンバー 時をかける少女

  • 2013年4月6日(土)公開
  • 出演

音楽と映画という異なるジャンルの掛け合わせをする企画製作レーベル「MOOSIC」が手がける2011年から始まった特集上映企画「MOOSIC LAB」。LAB=実験室という名の通り、新進気鋭の映画監督らが注目株のミュージシャンと組んで制作した映画を上映。同特集上映内のMOOSIC COMPETITIONでは、上映劇場の支配人や審査員、観客の投票によりグランプリや各賞を決定する。本作は『家族のこと、その他のたくさんのこと』が王子小劇場『筆に覚えあり』新作戯曲選考制度に入選した劇団ロロの主宰・三浦直之が監督を務める青春ラブストーリー。音楽・出演は倉内太&ネイティブギター。MOOSIC COMPETITIONプログラムAにて上映。同時上映作品は「トムソーヤーとハックルベリーフィンは死んだ」。

監督
三浦直之
出演キャスト
倉内太&ネイティブギター 我妻三輪子 安川まり 島田桃子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 板橋駿谷