映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ピーター・ブラッティ

年代別 映画作品( 1965年 ~ 1990年 まで合計8映画作品)

1990年

エクソシスト3

  • 1990年11月9日(金)公開
  • 監督、原作、脚本

ジョージタウンを舞台に次々と起こる猟奇殺人を捜査する刑事が遭遇する悪魔憑き現象を描くオカルト・サスペンスの第3作。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ヤングガン(1988)」シリーズのジェームズ・G・ロビンソンとジョー・ロスのコンビ、製作はカーター・デ・ヘブン、1作目の原作・脚本を執筆したウィリアム・ピーター・ブラッティが「トゥィンクル・トゥィンクル・キラー・カーン」(ビデオ発売)に続き、自らの原作「レギオン」を基に監督・脚本を担当。撮影はゲリー・フィッシャー、音楽はバリー・デヴォーゾン。出演はジョージ・C・スコット、エド・フランダースほか。日本版字幕は岡枝慎二。カラー、ビスタサイズ、ドルビーステレオ。1990年作品。

監督
ウィリアム・ピーター・ブラッティ
出演キャスト
ジョージ・C・スコット エド・フランダース ブラッド・ドゥーリフ ジェーソン・ミラー
1974年

エクソシスト

  • 1974年7月13日(土)公開
  • 製作、原作、脚本

20世紀も後半の現代のワシントンで、12歳になる女優の孫に悪魔がとりつき、可憐な少女の肉体から悪魔を追放するために立ち上がった悪魔払い師(エクソシスト)の恐怖の戦いを描く。製作総指揮はノエル・マーシャル、共同製作はデビッド・サルベン、製作・原作・脚本はウィリアム・ピーター・ブラッティ、監督は「フレンチ・コネクション」のウィリアム・フリードキン、撮影はオーウェン・ロイズマン、冒頭のイラク・ロケ撮影はビリー・ウィリアムス、編集はエヴァン・ロットマン、音響はクリス・ニューマンが各々担当。出演はエレン・バースティン、マックス・フォン・シドー、リー・J・コッブ、キティ・ウィン、ジャック・マッゴーラン、ジェイソン・ミラー、リンダ・ブレア、イエズス会オマリー神父、バートン・ヘイマンなど。

監督
ウィリアム・フリードキン
出演キャスト
エレン・バースティン マックス・フォン・シドー リー・J・コッブ キティ・ウィン
1970年

暁の出撃(1970)

  • 1970年7月18日(土)公開
  • 脚本

戦いの中に咲いた女スパイと空軍将校のロマンス。製作・監督は「ティファニーで朝食を」のブレイク・エドワーズ、脚本はブレイク・エドワーズとウィリアム・ピーター・ブラッティ。撮影はラッセル・ハーラン、音楽は「ティファニーで朝食を」のヘンリー・マンシーニと作詩のジョニー・マーサー、美術はフェルナンド・キャリーがそれぞれ担当。出演は「スター!」のジュリー・アンドリュース、「セコンド」のロック・ハドソン、「クロスボー作戦」のジェレミー・ケンプ、「黄色いロールスロイス」のランス・パーシバル、「シャレード」のジャック・マラン。他に、アンドレ・マランヌなど。テクニカラー、パナビジョン。1970年作品。

監督
ブレイク・エドワーズ
出演キャスト
ジュリー・アンドリュース ロック・ハドソン ジェレミー・ケンプ ランス・パーシバル

空かける強盗団

  • 1970年3月14日(土)公開
  • 脚色

銀行の大金庫をめぐって、4組の大泥棒たちが展開する大混戦。製作はマルコム・スチュアート・ボイラン、監督は「太ももに蝶」のハイ・アヴァーバック。フランク・オルークの原作をウィリアム・ピーター・ブラッティが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽は「努力しないで出世する方法」のネルソン・リドル、編集はジーン・ミルフォードがそれぞれ担当。出演は「キャサリン大帝」のゼロ・モステル、「女の香り」のキム・ノヴァク、「特攻大作戦」のクリント・ウォーカー、「コマンド戦略」のクロード・エイキンズ、「キャサリン大帝」のエイキム・タミロフ、「砲艦サンパブロ」のマコ。その他、ラリー・ストーチ、ジョン・アンダーソン、サム・ジャッフェなど。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。

監督
ハイ・アヴァーバック
出演キャスト
ゼロ・モステル キム・ノヴァク クリント・ウォーカー クロード・エイキンズ
1967年

銃口

  • 1967年11月25日(土)公開
  • 脚本

ブレイク・エドワーズとヘンリー・マンシーニのコンビで評判をとったテレビ『ピーター・ガン』の映画化である。ブレイク・エドワーズのオリジナル・ストーリーを彼とウィリアム・ピーター・ブラッティが脚色、テレビと同じくブレイク・エドワーズが監督にあたった。撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はヘンリー・マンシーニが担当した。出演はテレビと同じく主演にクレイグ・スティーヴンス、彼をめぐる助演者たちも、ほとんどテレビ畑からえらばれ、ナイトクラブの歌手としても人気のあるローラ・デヴォン、子役時代からテレビで育ったシェリー・ジャクソン、エミー賞受賞実績のあるアルバート・ポールセン、「いのちの紐」「エル・ドラド」など映画にも出演経験のあるエドワード・アズナーなど。製作は、テレビ・映画でエドワーズ監督と組んで活躍しているオーエン・クランプ。

監督
ブレイク・エドワーズ
出演キャスト
クレイグ・スティーヴンス ローラ・デヴォン エドワード・アズナー シェリー・ジャクソン

地上最大の脱出作戦

  • 1967年7月15日(土)公開
  • 脚本

ブレイク・エドワーズとモーリス・リッチリンの原作を、ウィリアム・ピーター・ブラッティが脚本化し、「グレート・レース」のブレイク・エドワーズが製作・監督した。撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はヘンリー・マンシーニが担当。出演はジェームズ・コバーン、ディック・ショーン、セルジオ・ファントーニ、ジョヴァンナ・ラリ、アルド・レイ、ハリー・モーガンほか。

監督
ブレイク・エドワーズ
出演キャスト
ジェームズ・コバーン ディック・ショーン セルジオ・ファントーニ ジョヴァンナ・ラリ
1966年

のぞき(1966)

  • 1966年当年公開
  • 脚本

映画監督を夢見る青年の夢と希望を描く。製作はスタンリー・ルービン、監督はアーサー・ヒラー、脚本はウィリアム・ピーター・ブラッティ、撮影はチック・ウォーターソン、音楽はリン・マレーが各々担当。出演はウォーレン・ビーティ、レスリー・キャロン、キーナン・ウィン、ハーミオン・ジンゴールド、マイケル・ブラディなど。

監督
アーサー・ヒラー
出演キャスト
ウォーレン・ベイティ レスリー・キャロン ボブ・カミングス キーナン・ウィン
1965年

暗闇でドッキリ

  • 1965年2月13日(土)公開
  • 脚色

ハリー・カーニッツとマルセル・アシャールの戯曲を「ピンクの豹」のブレイク・エドワーズとウィリアム・ピーター・ブラッティが共同で脚色、ブレイク・エドワーズが演出したスリラー・コメディ。撮影はクリストファー・チャリス、音楽は「ピンクの豹」のヘンリー・マンシーニが担当した。出演は「博士の異常な愛情……」のピーター・セラーズ、「誘惑の海」のエルケ・ソマー、「イヴの総て」のジョージ・サンダース、「スパルタカス」のハーバート・ロム、トレイシー・リード、グラハム・スタークほか。

監督
ブレイク・エドワーズ
出演キャスト
ピーター・セラーズ エルケ・ソマー ジョージ・サンダース ハーバート・ロム
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ピーター・ブラッティ