映画-Movie Walker > 人物を探す > レオン・ミンクス

年代別 映画作品( 2013年 ~ 2019年 まで合計5映画作品)

2019年

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ「ドン・キホーテ」

  • 2019年5月17日(金)公開
  • 音楽

世界最高峰の歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの公演を映画館で上映する人気企画の1作。スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説を基に、現実と夢の区別がつかなくなってしまった老紳士の冒険を描くバレエ。登場人物たちのコミカルなやりとりや、スピーディな場面展開で魅せる。日本人プリンパルの高田茜がキトリを演じる。

監督
マリウス・プティパ
出演キャスト
高田茜 アレクサンダー・キャンベル クリストファー・サウンダーズ フィリップ・モーズリー

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ「ラ・バヤデール」

  • 2019年1月18日(金)公開
  • 音楽

ロンドンのコヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエ団、ロイヤル・オペラによる世界最高峰のバレエとオペラをスクリーン上映するシリーズの一作。インドを舞台に、戦士ソロルに恋する舞姫ニキヤとラジャの令嬢ガムザッティの三角関係が濃厚に描かれる古典バレエ。絢爛豪華な婚約式では華麗な超絶技巧、静謐で幻想的な「影の王国」では美しい群舞が見られる。

監督
マリウス・プティパ
出演キャスト
マリアネラ・ヌニェス ナタリア・オシポア ワディム・ムンタギロフ
2017年

熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「ラ・バヤデール」in Cinema

  • 2017年4月8日(土)公開
  • 音楽

熊川哲也が芸術監督を務めるKバレエカンパニーが2016年11月19日に上演した古典バレエの名作を映画館で上映。古代の南インド。舞姫ニキヤと戦士ソロルは密かに愛し合っていたが、ソロルを気に入った領主ラジャが娘のガムザッティとの結婚をソロルに命じる。出演は、ベルリン国立バレエ団やハンガリー国立バレエ団で活躍してきた中村祥子、Kバレエカンパニーのプリンシパル・遅沢佑介、浅川紫織、同団の副芸術監督を務めるスチュアート・キャシディ。

監督
熊川哲也
出演キャスト
中村祥子 遅沢佑介 浅川紫織 スチュアート・キャシディ
2016年

熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「ドン・キホーテ」 in Cinema

  • 2016年6月4日(土)公開
  • 音楽

熊川哲也が芸術監督を担うKバレエカンパニーが2016年3月12日に上演した『ドン・キホーテ』を、4Kで収録。騎士道物語に魅せられ旅するドン・キホーテは、旅籠の娘キトリを一目見るや、彼女こそ理想の恋人ドルネシア姫だと思い込むが……。マリウス・プティパにより振付、アレクサンドル・ゴールスキーにより改訂された古典バレエを、熊川哲也が再振付・演出した。Kバレエカンパニーのプリンシパル・白石あゆ美や、同団の副芸術監督を務めるスチュアート・キャシディらが、活気あふれる陽気な物語を展開していく。

監督
熊川哲也
出演キャスト
白石あゆ美 伊坂文月 スチュアート・キャシディ 井澤諒
2013年

パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2012-2013「ドン・キホーテ」

  • 2013年2月22日(金)公開
  • 音楽

パリ・オペラ座のオペラ・バレエ公演のライブビューイングシリーズ。本作はミゲル・デ・セルバンテスの小説を基にしたバレエ作品で、2012年12月18日の公演を収録。音楽はレオン・ミンクス。マリウス・プティパの振付を基に、ルドルフ・ヌレエフが振付・演出した。出演は、ドロテ・ジルベール、カール・パケット。

出演キャスト
ドロテ・ジルベール カール・パケット クリストフ・デュケンヌ サラ・コラ・ダヤノヴァ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レオン・ミンクス