映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョー・I・トンプキンス

年代別 映画作品( 1982年 ~ 1999年 まで合計7映画作品)

1999年

ダンス・ウィズ・ミー(1997)

  • 1999年5月15日(土)公開
  • 衣装デザイン

ラテンダンスの“サルサ”に挑戦する美女の奮戦を描いたドラマ。監督は「愛は静けさの中に」「ドクター」のランダ・ヘインズ。脚本はダリル・マシューズ。製作はヘインズとローレンス・C・ウェイスマン、江川信也。製作総指揮はテッド・ザカリー。撮影はフレッド・マーフィ。音楽はマイケル・コンヴァーティノで、音楽製作総指揮をジョエル・シルとブット・カーが担当。美術はヴォルドマー・カリノウスキ。編集はリサ・フルッチマン。衣裳はジョー・I・トンプキンス。出演は「イレイザー」「ソウル・フード」のヴァネッサ・ウィリアムス、ラテン・アメリカの人気スターで本作がアメリカ映画初出演となるチャヤン、「沈黙の断崖」のクリス・クリストファーソン、「魅せられて四月」のジョーン・プロウライトほか。

監督
ランダ・ヘインズ
出演キャスト
ヴァネッサ・ウィリアムズ チャヤン クリス・クリストファーソン ジョーン・プローライト
1995年

スピーシーズ 種の起源

  • 1995年11月23日(木)公開
  • 衣装デザイン

宇宙からの信号に基づくDNA操作実験によって生まれた、“新たな種”の恐怖を描くSFホラー。エロティシズムの強調と、ベテラン勢が結集したSFXが見もの。監督は「カクテル」「ゲッタウェイ(1994)」のロジャー・ドナルドソン。製作は「13日の金曜日」シリーズのフランク・マンキューソ・ジュニアとオリジナル脚本も手掛けたデニス・フェルドマン。撮影は「スピード」のアンジェイ・バートコウィアク、音楽は「告発」のクリストファー・ヤング、美術はジョン・ムート。怪物のデザインを「エイリアン」の前衛画家H・R・ギーガーが担当し、「スター・ウォーズ」「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」などで4度オスカー受賞のリチャード・エドランドが視覚効果監修を、「ゴーストバスターズ」「アビス」のスティーヴ・ジョンソンが特殊メイクと怪物のエフェクトを手掛けている。出演は「死と処女」のベン・キングスレイ、「ワイアット・アープ」のマイケル・マドセン、「オールウェイズ」のマーグ・ヘルゲンバーガー、「プレタポルテ」のフォレスト・ウィテカーら。怪物の仮の姿である美女役にフランスのスーパーモデルのナターシャ・ヘンストリッジが扮し、見事な肢体を披露して映画初出演。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ベン・キングズレー マイケル・マドセン アルフレッド・モリーナ フォレスト・ウィテカー
1994年

ブローン・アウェイ 復讐の序曲

  • 1994年11月3日(木)公開
  • 衣裳

過去に因縁を持つ爆弾魔と爆発物処理隊員の対決をスリリングに描いたサスペンスアクション。15台のカメラで捉えたクライマックスの船者場での場面をはじめ、全編にフィーチャーされた大爆破シーンの連続が見もの。監督は「ジャッジメント・ナイト」のスティーブン・ホプキンス。製作は「バックドラフト」「ロビン・フッド(1991)」のジョン・ワトソン、リチャード・ルイス、ペン・デンシャムの共同で、彼らが主宰するトリロジー・エンターテインメント・グループ作品。エグゼクティヴ・プロデューサーはロイド・セーガン、脚本は「逃げる天使」のコンビ、ジョン・バッティーアとジョン・ライス。撮影は「リコシェ」「ジャッジメント・ナイト」のピーター・レヴィ、音楽は「ラブリー・オールドメン」のアラン・シルヴェストリ。美術は「ラグタイム」のジョン・グレイスマーク、衣装は「ハーレム・ナイト」のジョー・I・トンプキンス。爆破シーンの特殊効果コーディネーターを努めたのは「バックドラフト」でアカデミー賞にミネートされたクレイ・ピニー。主演は「フィアレス」のジェフ・ブリッジスと「依頼人」のトミー・リー・ジョーンズ。共演は『リッチ・イン・ラプ』(V)のスージー・エイミス、「クライング・ゲーム」のフォレスト・ウィテカー、ジェフの実父で「ホット・ショット」シリーズのロイド・ブリッジスほか。

監督
スティーヴン・ホプキンス
出演キャスト
ジェフ・ブリッジス トミー・リー・ジョーンズ スージー・エイミス ロイド・ブリッジス
1992年

ドクター

  • 1992年2月15日(土)公開
  • 衣装デザイン

ガンの宣告を受けたエリート外科医の、医師として人間としてのアイデンティティの揺らぎを描く。監督は「愛は静けさの中に」のランダ・ヘインズ、製作は「プリティ・ウーマン」のローラ・ジスキン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「グリーン・カード」のエドワード・S・フェルドマン、脚本はロバート・キャスウェル、原作はエド・ローゼンバームの実体験に基づいた小説、撮影は「いまを生きる」のジョン・シール、音楽は「ヒドゥン」のマイケル・コンヴァーティノが担当。

監督
ランダ・ヘインズ
出演キャスト
ウィリアム・ハート クリスティン・ラーティ エリザベス・パーキンス マンディ・パティンキン
1987年

すみれはブルー

  • 1987年4月18日(土)公開
  • 衣装デザイン

ジャーナリストたちの再び燃え上がる愛を描いたラヴストーリー。製作はメアリーケイ・パウエル、監督は“The Big Fix(未)でデビューし、これが2作目となるジャック・フィスク、撮影はラルフ・ボード、音楽はパトリック・ウィリアムスが担当。出演は監督の夫人でもあるシシー・スペイセク、ケヴィン・クラインほか。

監督
ジャック・フィスク
出演キャスト
シシー・スペイセク ケヴィン・クライン ボニー・ベデリア ジョン・ケロッグ
1984年

ロマンチック・コメディ

  • 1984年4月7日(土)公開
  • 衣装デザイン

互いに思いあっていた男女が紆余曲折の末に結ばれるまでのソフィスティケーテッド・コメディ。79年にブロードウェイでヒットした同名劇を映画化したもの。ウォルター・ミリッシュとモートン・ゴットリーブが、UA/タフト・エンタテインメントのために製作。エグゼクティヴ・プロデューサーはマーヴィン・ミリッシュ。監督は「メーキング・ラブ」のアーサー・ヒラー。バーナード・スレードが自作の劇に基づいて脚本を執筆、撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが担当。出演はダドリー・ムーア、メアリー・スティーンバージェン、フランセス・スターンヘイゲン、ジャネット・アイルバーなど。日本版字幕は戸田奈津子。メトロカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
アーサー・ヒラー
出演キャスト
ダドリー・ムーア メアリー・スティーンバージェン フランセス・スターンヘイゲン ジャネット・アイルバー
1982年

ミッシング(1982)

  • 1982年10月30日(土)公開
  • 衣装デザイン

73年9月南米チリで起きたクーデターの最中、失踪したアメリカ青年の事件をモデルにした82年度カンヌ映画祭グランプリ受賞作品。製作はエドワード・ルイスとミルドレッド・ルイス、製作総指揮はピーター・グーバーとジョン・ピータース、監督は「Z」のコスタ=ガブラス。トームス・ハウザーの原作に基づき、コスタ=ガブラスとドナルド・スチュワートが脚色した。撮影はリカルド・アロノヴィッチ、音楽はヴァンゲリス、美術はピーター・ジェイミソン、編集はフランソワーズ・ボノが各々担当。出演はジャック・レモン、シシー・スペイセク、メラニー・メイロン、ジョン・シェア、チャールズ・チオッフィなど。

監督
コスタ=ガヴラス
出演キャスト
ジャック・レモン シシー・スペイセク メラニー・メイロン ジョン・シェア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョー・I・トンプキンス