TOP > 人物を探す > ジェイ・コートニー

年代別 映画作品( 2013年 ~ 2017年 まで合計9映画作品)

2017年

偽りの忠誠 ナチスが愛した女

  • 2017年7月28日(金)
  • 出演(Capt. Stefan Brandt 役)

「シンデレラ」のリリー・ジェームズが、ナチス政権下暗躍するスパイを体当たりで演じた戦争ドラマ。元皇帝ヴィルヘルム2世の監視のため派遣されたドイツ軍将校ブラント大尉は、メイドのミーケと恋に落ちるが、彼女は英国政府から密命を受けたスパイだった。許されざる恋をするドイツ軍将校を「スーサイド・スクワッド」のジェイ・コートニーが、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世を「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマーが演じる。監督は、本作で初めてメガホンを取った世界的舞台演出家デヴィッド・ルヴォー。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』にて上映。

監督
デヴィッド・ルヴォー
出演キャスト
リリー・ジェームズ ジェイ・コートニー クリストファー・プラマー エディ・マーサン

マン・ダウン 戦士の約束

  • 2017年2月25日(土)
  • 出演(デビン・ロバーツ 役)

「陰謀の代償 N.Y コンフィデンシャル」のディート・モンティエル監督が、戦争がもたらす傷を描写した戦争ドラマ。海兵隊員ガブリエルがアフガニスタンの戦場から帰還したところ、故郷はまるで異世界のように荒廃し、妻子も街の人々も姿を消していた。主人公の帰還兵を「フューリー」のシャイア・ラブーフが、彼と行動を共にする友人を「スーサイド・スクワッド」のジェイ・コートニーが、アフガニスタンに駐留する大尉を「裏切りのサーカス」のゲイリー・オールドマンが演じる。

監督
ディート・モンティエル
出演キャスト
シャイア・ラブーフ ケイト・マーラ ジェイ・コートニー ゲイリー・オールドマン
2016年

スーサイド・スクワッド

  • 2016年9月10日(土)
  • 出演(キャプテン・ブーメラン 役)

DCコミックスのスーパーヒーローたちと対峙する悪役(=ヴィラン)たちが結集した異色アクション。死刑や終身刑をくらった彼らが、強大な悪に立ち向かう姿を描く。バットマンの敵でチーム最凶の男、ジョーカーをジャレッド・レト、娘に首ったけな元マフィアの殺し屋デッドショットをウィル・スミスが演じるなど、実力派が多数出演。

監督
デヴィッド・エアー
出演キャスト
ウィル・スミス ジャレッド・レト マーゴット・ロビー ジョエル・キナマン

ディバイナー 戦禍に光を求めて

  • 2016年2月27日(土)
  • 出演

ラッセル・クロウが戦争で行方不明になった3人の息子を捜す父親を演じ、初めて監督も務めた人間ドラマ。イギリスら連合国軍の一員として参戦し、多くのオーストラリア人が遠い異国トルコの地で戦った、第1次世界大戦のガリポリの戦いを、オーストラリアとトルコの双方の視点から忠実に描いている。

監督
ラッセル・クロウ
出演キャスト
ラッセル・クロウ オルガ・キュリレンコ ジェイ・コートニー イルマズ・アルドアン

ディスクローザー

  • 2016年2月20日(土)
  • 出演

「エクソダス 神と王」のジョエル・エドガートン主演の犯罪スリラー。2013年トロント国際映画祭正式出品作品。出演は、「ダイ・ハード ラスト・デイ」のジェイ・コートニー、「グローリー 明日への行進」のトム・ウィルキンソン。監督は、オーストラリアでTVドラマなどを手掛けるマシュー・サヴィエル。『未体験ゾーンの映画たち2016』で上映。

監督
マシュー・サヴィエル
出演キャスト
ジョエル・エドガートン ジェイ・コートニー トム・ウィルキンソン
2015年

ターミネーター:新起動/ジェニシス

  • 2015年7月10日(金)
  • 出演(カイル・リース 役)

人類抹殺を狙う殺人ロボット、ターミネーターと人間たちとの戦いを描いた人気SFアクションシリーズ『ターミネーター』。ターミネーター役のアーノルド・シュワルツェネッガー以外のキャストを一新し、シリーズ1、2作をベースにした新たな物語がつづられる。監督は『マイティ・ソー ダーク・ワールド』のアラン・テイラー。

監督
アラン・テイラー
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー エミリア・クラーク ジェイソン・クラーク ジェイ・コートニー
2014年

アイ・フランケンシュタイン

  • 2014年9月6日(土)
  • 出演(ギデオン 役)

ホラー映画のクラシックキャラクターとして有名なフランケンシュタインを現代の新たなるヒーローとして蘇らせたSFアクション。監督・脚本は「コラテラル」「G.I.ジョー」などの脚本を手掛けたスチュアート・ビーティー。出演は「ダークナイト」のアーロン・エッカート、「キラー・エリート」のイヴォンヌ・ストラホフスキー、「ラブ・アクチュアリー」のビル・ナイ。

監督
スチュアート・ビーティー
出演キャスト
アーロン・エッカート ビル・ナイ イボンヌ・ストラホフスキー ミランダ・オットー

ダイバージェント

  • 2014年7月11日(金)
  • 出演(エリック 役)

新人女性作家、ヴェロニカ・ロスによる全米ベストセラー小説を映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、異端者(ダイバージェント)として生まれたヒロインが自らの運命を切り開いていく姿を描き出す。ヒロインを演じるのは、『ファミリー・ツリー』で数々の映画賞に輝いた新鋭シャイリーン・ウッドリー。

監督
ニール・バーガー
出演キャスト
シャイリーン・ウッドリー テオ・ジェームズ アシュレイ・ジャッド ジェイ・コートニー
2013年

ダイ・ハード ラスト・デイ

  • 2013年2月14日(木)
  • 出演(ジャック・マクレーン 役)

ブルース・ウィリスの出世作として知られる人気アクション・シリーズの第5弾。“世界一運の悪い男”、ジョン・マクレーンが、長年疎遠になっていた息子を救うためにモスクワへ乗り込み、またしてもトラブルに巻き込まれる姿が描かれる。監督は『エネミー・ライン』などアクションには定評のあるジョン・ムーア。

監督
ジョン・ムーア
出演キャスト
ブルース・ウィリス ジェイ・コートニー コール・ハウザー メアリー・エリザベス・ウィンステッド

関連ニュース

ブルース・ウィリスとジェイ・コートニーがニューヨークに!
ジョン・マクレーン強し!『ダイ・ハード』最新作がロケットスタート 2月15日 06:00

2月14日に日米同時公開された待望の最新作『ダイ・ハード ラスト・デイ』。現地2月13日19時から、ジョン・マクレーンのホームグラウンドであるニューヨークで本作のファンイベントが開催された。場所は42番街にあるAMC E…

イベントには酒井法子、角田信朗、野沢聡が登壇
本物そっくり!?チョコレート製ジョン・マクレーンが六本木に登場 2月12日 20:03

ブルース・ウィリス演じるニューヨーク市警の不死身の刑事ジョン・マクレーン。毎回、信じられない大災難に否応なく巻き込まれる“世界で最もツイてない男”だ。彼が活躍するシリーズ第5作目『ダイ・ハード ラスト・デイ』がいよいよ2…

ロンドンプレミアに出席したブルース・ウィリスらキャスト、スタッフたち
『ダイ・ハード ラスト・デイ』ロンドンプレミア登壇のブルース・ウィリス「日本に行けなくて残念」 2月8日 17:00

不死身刑事ジョン・マクレーンの活躍を描くシリーズ第5弾『ダイ・ハード ラスト・デイ』(2月14日公開)。本作のロンドンプレミアが現地時間2月7日に行われ、ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、ジョ…

『ダイ・ハード』シリーズ25周年を記念して作られた壁画の除幕式に出席したブルース・ウィリス
フォックス撮影所の『ダイ・ハード』巨大壁画が!ブルース・ウィリスが目を潤ませ感激 2月5日 06:00

不死身刑事ジョン・マクレーンの活躍を描くシリーズ第5弾『ダイ・ハード ラスト・デイ』(2月14日公開)。現地時間1月31日、ロサンゼルスにある20世紀フォックス撮影所の歴史的な防音スタジオの一つの壁に、『ダイ・ハード』シ…

『ダイ・ハード ラスト・デイ』でブルース・ウィリス演じるマクレーンの息子に扮するジェイ・コートニー(右)
『ダイ・ハード』の新主役!?次世代スターのジェイ・コートニーとは? 1月30日 18:31

トム・クルーズがワイルドな無法者に扮するハードボイルドアクション『アウトロー』(2月1日公開)に、ブルース・ウィリス主演による定番シリーズの最新作『ダイ・ハード ラスト・デイ』(2月14日公開)。2月公開の注目作として早…

マシンガンを構えるジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)と息子ジャック(ジェイ・コートニー)
ジョン・マクレーンが6年ぶり復活!第5弾『ダイ・ハード ラスト・デイ』最新映像公開 10月12日 12:00

ブルース・ウィリス演じる、ニューヨーク市警察の不死身刑事ジョン・マクレーンの活躍を描く大人気シリーズ第5弾『ダイ・ハード ラスト・デイ』(2013年2月公開)。本作の写真と映像が初公開された。運の悪さの遺伝子を受け継ぐ息…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジェイ・コートニー

ムービーウォーカー 上へ戻る