TOP > 人物を探す > チャールズ・フランシス・コー

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1937年 まで合計5映画作品)

1937年

誘拐者

  • 1937年
  • 原作

「軍使」「二国旗の下に」のビクター・マクラグレン、「間諜最後の日」「狂恋」のピーター・ローレ、「大地」「結婚クーデター」のウォルター・コノリーが主演する映画で、チャールズ・フランシス・コーのストーリーを「ガルシアの伝令」のジーン・ファウラーがハル・ロングと協力脚色、「情無用ッ」「ガルシアの伝令」のジョージ・マーシャルが監督、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・クロジェガーが撮影したもの。助演者は「永遠の戦場」のジューン・ラング、「五つ児王国」のロバート・ケント、しんしんのシャーリー・ディーン、「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラダインその他である。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ウォルター・コノリー ピーター・ローレ ジューン・ラング
1934年

スピード花嫁

  • 1934年
  • 原作

「特急20世紀」「恋と胃袋」のキャロル・ロンバードと「水兵がんばれ」「麦畑を荒らす者」のチェスター・モリスが主演する映画で、チャールズ・フランシス・コー作の短編をベラ・スペワックとサミュエル・スペワックが共同脚色し、「奇傑パンチョ」「旅客機の怪盗」のジャック・コンウェイが監督に当たり「宝島(1934)」「台風」のレイ・ジューンが撮影した。助演は「キャベツ畑のおばさん」のザス・ピッツ、「男の世界」のレオ・カリーロ、「死の本塁打」のナット・ペンドルトン、「三角の月」のサム・ハーディ、ウォルター・ウォーカー等である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
キャロル・ロンバード チェスター・モリス ザス・ピッツ レオ・カリーロ
1928年

朦朧術

  • 1928年
  • 原作

「輝く天国」「三人水兵恋行脚」と同じくジョージ・オブライエン氏とロイス・モーラン嬢とが共演する映画で、「無頼漢(1928)」と同じくチャールズ・フランシス・コー氏の原作になったものである。脚色したのはエワート・アダムソン氏とロバート・ホーアウッド氏との二人でチャールズ・クライン氏が監督した。主役二人を助けて「血涙の志士」「四人の息子(1928)」のアール・フォックス氏、「無頼漢(1928)」のドン・テリー氏、「港々に女あり」のマリア・アルバ嬢、等が出演している。

監督
チャールズ・クライン
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ロイス・モラン アール・フォックス ドン・テリー

無頼漢(1928)

  • 1928年
  • 原作、脚色

「栄光」「港の女」と同じくラウール・ウォルシュ氏の監督作品で、「大河の奇賊」の作者チャールズ・フランシス・コー氏が自作物語を自ら脚色したものにより、ウォルシュ氏自信とアーチポールド・ブカナン氏とが撮影台本を作成した。主役は「四人の息子(1928)」「血涙の志士」主演のジューン・コアリー嬢と作者フランシス・コー氏が見出して来た新人ドン・テリー氏との二人で、これを助けて「アマゾンの紅薔薇」のアンダース・ランドルフ氏、「ニューヨークの波止場」のダスタブ・フォン・セイフェルティッツ氏、ステラ・アダムス嬢、バー・マッキントッシュ氏、等が出演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ジューン・コリアー ドン・テリー アンダース・ランドルフ ステラ・アダムス

大河の奇賊

  • 1928年
  • 原作

「轟く天地」「噴火山」等の監督者ウィリアム・K・ハワード氏のフォックス社に入社してからの作品である。原作者はチャールズ・フランシス・コー氏。脚色したのはジョン・ラインハルト並にベン・マークソンの二氏。主演者は「血涙の志士」「港々に女あり」のヴィクター・マクラグレン氏で、それを助けて「愛に飢えて」「三人水兵恋行脚」のロイス・モーラン嬢、「青春謳歌」「ニュース前進曲」のニック・スチュアート氏が主演するほか、「四人の息子(1928)」のアール・フォックス氏、俳優たり監督者たるドナルド・クリスプ氏も主演している。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ロイス・モラン アール・フォックス ニック・スチュアート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > チャールズ・フランシス・コー

ムービーウォーカー 上へ戻る